So-net無料ブログ作成
♪うぴ演奏会 ブログトップ
前の30件 | -

VSTがフリーズする件 [♪うぴ演奏会]

最近 ずーと使ってるフリーの BandLab ですけど・・

ik-multimedia とかいうVSTエフェクトとか(他にもある)ですけど、立ち上げるとフリーズして、BandLab 自体が強制終了して、途中のプロジェクトが度々無くなってしまうというトラブルが続いてまして~

フリーのVSTも100も超えてくると管理もできなくて、何がどうなってんのかさっぱりで~

使わないVSTは、フォルダーやDLLを削除すれば、普通は問題なくメニューからも消えてくれているのですが、無理なものもあるようで~

やっと何とかなりましたので、お知らせになりました。

★ 対処の方法
まず環境設定の VSTプラグイン を開きます。
フリーズVSTの処理.png
そこにある「すべてリセット」のボタンを押すと、再設定がはじまるので、暫く待っていると、エラーのあるVSTのところで止まって、無効にするか聞いてきますから、ここで無効にすれば、やっとメニューからも消えてくれる。

エラーが無かったらどうするのか? って事ですけど、再生や録音のレベルゲージが天井付いてVSTがフリーズしまくるものも時々ありますけど、1個ずつ削除していますので、それについては、「まだ大丈夫だ~」としか言いようがなーい。


♪ おまけ : 破けたハート 歌ってみた!!

MIDIセクションとか、足スイッチで録音開始したいとか、以前の件も含めて、まだ使い方も良く分からなくて、不自由も多くあるのですけど、近頃、何とか使えてきた感じもあるので、やや喜ばしい限りという心境です。

しかし、まだまだ世の中には 糞 VST もいっぱい出回ってて、ほんとに管理大変ょ大変ー!!

もう10年近いかな ?!
弾き語りの腕前は一向に上達しないし、「そんなおおちゃく気楽に言えるのかょ」というレベルでわ あるんっすけどね~(笑;)。

画面も小さいし、とても使い難いんですよぉー(泣;)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ペンキぬりたて [♪うぴ演奏会]

最近、音楽からは遠ざかってますけど、本日は、USB-MIDI キーボード類のツマミとか、・・です。


クリーンアップしている際、分かったのですが、汚れ、おそらく蓄積した手垢です(汗;)。

指どんだけ汚ねぇんだょーとは思うけど、そもそも造りが悪いんだよねー。

で、気分転換に全塗してみる事にした。

で、スプレーいっきに吹きたかったので、爪楊枝を立てて、並べてみた。

ペンキ塗りたて.JPG
旨くいったようですよね。

後は、白ペイントでセンターラインを入れて完成です。

こんな些細なことでも綺麗になるので、またやる気も出てきます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぽけみくのノイズ対策 ③ [♪うぴ演奏会]

ぽけみくのノイズ対策 ①
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-07-09
ぽけみくのノイズ対策 ②
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12

第③弾です。
今回は、例の激安アイソレーターにカーボン抵抗とセラコンを取り付けてみました。Headphone端子とMIC-INを繋ぐ分けですから、そもそも抵抗は必需なんですよね~。
Miku グランドノイズ対策 アイソレーター v02.JPG
・・で、まず、抵抗。
INPUTとOUTPUTの左右グランド側の配線へ 150Ω の抵抗を、計4個。


Miku グランドノイズ対策 アイソレーター v01.JPG
裏側には、0.1μF(50v)のセラコンを4個 ハンダ付けてみました。DCモーターのノイズ対策に良く使われているタイプもの。


ノイズは最初よりは遥かに抑えられていると思う。RECレベルが通常と同じになってるので録音もし易くなっている。

ただノイズが増幅されるようなのでステレオ録音は無理そうで、レフト側でモノラル録音しておいて編集でステレオにする感じ。やっとリーバーブ感も伝わってる様子ある。

ボリュームを上げると、やはり例のグランドノイズはまだまだ聞こえています。FANノイズだと思っていたけど、電気ノイズみたいですかねー?


当初、容量の大きな電解コンデンサーをハンダ付けしてみてたのですが、ノイズも消えなかったし、音質が変わってしまってましてNGっぽくて・・。

キャパで音が変わるというのは確かなようなので、品質とか容量とか、選ばないといけないみたいなので、後回しにした。

今後の課題です。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひとり 秋 ふぇす 2018 [♪うぴ演奏会]

ココのところ急に寒くなってきよたね~。
そろそろ冬仕度しなあかんけど、・・暖冬だと良いね。

ってか、台風(25号)、大陸に抜けるのかと思いきや、またまた北上らしい。
こんなん、毎年、続くんだろね。

台風の活発化、範囲の拡大、巨大化原因は、海水温の上昇なんだって。

今もっとも規制が必要なのは、エネルギー政策だと思うけどな。

今後も悪化すると思われる災害の被害矛先は、何処に求めるべきなんだろう。

今の温暖化対策が間違いだとは言わないけど、世界を無理にまとめて、ピント外しているよね~。


POISON レッスン
~言いたい事も言えないこんな世の中は~ 
作詞 反町隆史

こちらはFireFox動作確認でupしたもの。再始動には良い曲だぁね。

まだ動作テスト中なので今 秋は1曲ですけど、これから動画up毎に起動音も付けてく予定なので、呼音にでも、どうぞー!!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

KONTAKT5を使いこなしたい [♪うぴ演奏会]

サンプラーを探していたのですが、Native Instruments社のKONTAKT 5 Playerが紹介されていて、YouTUBEとか見てると、冴えてそうなので早速 DLしてみたんだけど・・500MBくらいの!!

シリアル最初から付いてるけど
鳴らんし動かへん。
Player って只の箱?
まだネタが詰まってないみたいよね~。

→ KONTAKT FACTORY SELECTION って言うのが、いわゆるNI社御用達のフリーライブラリ (VSTの寄せ集めパッケージ) みたいですかね。?

早速、メルアド入れてDLの手続き済ませると、シリアルを書き込んだメールが届くので控えておきます。

Kontakt 5.jpg
情報が拡散していて、現在の状況が良く分からずだったのですが ↑ で、 同じ事何度も繰り返したようで、DLリンクのメールが何通にもなってて、同じ品の S/N がいっぱいっす(笑;)。


で、まずは先行して、Native_Access_Installer.zip(約58MB) をインストールする必要がある様子だね。

DLの際のアドレスで My Account が作れました。
・・Native Instruments社のホムペです。

名前IDとPWと登録済みのアドレスを適当に登録すると、PWが有効になるので、そのPWで、インストールした Native ACCESS へログオンできる。

Native ACCESS1.jpg
Native ACCESS がスタートメニューに追加され、Native ACCESS の update が直ぐに出来るので最初に済ませます。

Native ACCESS2.jpg
で、Kontakt 6 Player と Reaktor 6 Player やライブラリなどが簡単にDLできるようになる。フリーかどうかは不明。勝手に落ちてたけど、ホムペみたら値段付いてたから、クリック難ですよね。

Kontakt 5 Playerも update されました。


icon Native.jpg
何処かで見た事ある社ロゴだと思ってたら Traktor2 !! だわー。随分使ってなかったけど、これも update されてる。


KONTAKT5 ったら、ここまで出来てもまだネタ無しなんですもーね。

いよいよネタですが、Native ACCESS の右上の ADD A SERIAL を開き、メールから控えていたシリアルを何個かコピーすると KONTAKT FACTORY SELECTION が DLできるようになってました。622MBくらいある。これがプリセットなんだね。


しかし22インチ画面だと、文字が小さくて全く読めないから、解像度とかかなり落としてみてるけど、狭くて何かとキツイ現実です。

使いこなせないとHDDの肥やしに過ぎなので、・・いつまで続くの多難地獄って感じのまま、HELPに日本語説明書PDFがあるので、当面、それだけが便りなんだけど、意味不明が多いな~。


しかし、これまでにも増して手ごわそう。
プリセット導入後、鳴るには鳴ったけど、肝心のサンプラは時間制限で15分でタイムオーバー。
問題山積だけど、Cakewalk by BandLab 何もしなくても動作OKでした。
がんばろぉ~。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Y・Tube 弾き語りエラーの件 [♪うぴ演奏会]

前記事の続きですが
メジャーなWEBブラウザーで開く際に、エラーで再生できないみたいなんですけど・・

非公開で動作確認した後、公開へ変更してみると何回かカウントされた後、「・・使用可能な動画フォーマットを認識できません。」ってやつで、再生できなくなってる。


いろいろとサーチしてたら

YOUTUBEは、近年、著作権法の改正に伴い、 COVERに対しても、広告収入1.8%を著作権の使用料としてJASRACに支払っている。

という記事がありまして

ピンからキリまで、線引きもランク付けも無く、厳格なチェックも無く、一律でって事?、これって、ほんとなのか ?! 利益を海外のペーパーカンパニーにプールしたり、縁故orコネ採用当たり前的な事いうブラック企業増えつつあるけど、不公平で不平等だよね~。

富裕層の人たち、最近、どんだけ貧乏してんだとか、思うしかない(汗:)。


で・・
うちのページですけど、ヘタクソな上にカウント回らないので、収益化したくても出来ていないチャンネルなのですけど、1時間もしないうちに弾き語りの再生が出来なくなるみたいなんですよね~。

ちょっとお触り的な事だけで、勝手に商用利用され、とんだシワ寄せだと思うけど、弾き語りの収益化って、元々、音楽著作権に抵触してた分けですから、著作権団体も当然の権利を主張しはじめたと言う事だよねー。


冒頭のエラー停止は、たぶん、カネの圧力を回避する為に、ゆうちゅうぶの最低限の権利として、やっている事なんだと思い始めているところなのですが・・



真相はどうなんだろう???
政治献金の類ではないにしろ利権専有に他ならないよな~
ヘタ打つと閉鎖社会の幕開けだー\(-o-;)/



PS : aviutl で作ったものはやはりエラーで再生できなくなるみたいだけど、フリーの「PhotoStage 」スライドショー作成ソフトで作ったものは、サイズが2倍くらいになるけど再生OKそうでした。引き続きこのエラーの真相を探ってみようと思う。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

静止画 スライド動画を作ってyoutubeへ [♪うぴ演奏会]

AviUtl の拡張編集のタイムラインに画像や音声を貼り付けて、出力すると静止スライド動画が作れるのですが、その後、XMedia Recode や Avidemux以降を使ってmp4動画へ変換しても、youtube の チェックではじかれているのかな? ・・FireFoxでは再生できないみたいでしてぇ。


「・・使用可能な動画フォーマットを認識できません。」ってやつ


回らないとまったくと言って良いほど面白くない事が分かりまして、先日ついに、再生不能動画をすべて非表示に設定し直したのでしたがぁー。

弾き語りがメインなので長くても5分前後ですけど、MOVのデジカメ動画からMP4作るとstreamなのになぜか数秒毎に停止してスムーズに再生できないんだよね。サイズもUP難くらいでかくなるし

フレームレートは規定値の1/2くらいで十分。


静止画スライド動画のMP4だと、HD規格でも1分あたり1MBです。再生できなくなるまではとてもスムーズでした。

何枚かに増やしても、平均して5~10MBくらいで作れます。画質(ビットレート1000・25フレーム)、音質(モノ・96bps以下)でも、低速回線でも余裕でかなり鮮明。

心地が良くないとストレスでしかないですからね~(汗;)。

google chrome では、普通に再生してるのですが、ポケミク動かすときくらいなもので、時々しか使わないし・・

クマッタクマッタと言うことで、週末から、なんとか、再生できる設定を見つけ出そうと四苦八苦しているところですが、AnyMP4 動画変換 もDLして試してみたけど ?!

とりあえず、AC3(lav)形式で44.1Hz以下のモノラル音声と、ビットレート1000bpsくらい(x265)の静止画動画なら、アップ数分くらい後には再生できるようになる事が分かったけど、下げ過ぎで画質が荒いし音質も悪いですよね。

閲覧者側でちゃんと再生されているのかも不明ということで・・

この待ち時間って、意地の悪い規制とかがあるのでしょうかね?!

デジカメ動画ならば、mp4変換後も直ぐに再生できているのですが・・

AviUtl のスライド作成機能には、まだ何か足りないものがあるのかも知れないともっか模索中でした。
※うちのですけど、とろいPCで作ってると、音が良くズレるものね~。やはりフレームレートかな?


PS : その後、 かなり以前にアップしてたものも、沢山再生できなくなってる事が分かった。

これって最近の事ですよね~。嫌がらせみたいな書き込みは過去あるんだけど、そんなのだとは思いたくないけど、やはり何かの規制にかかっているのだと思うしかない現状。元画質でアップしろとかってメッセが出てるけど、ADSL1.5mb回線で無圧縮動画のUPなんてとうてい無理。

FLVで「弾き語り動画」作り直してみたけどやはり再生できないみたいでした。でもエロい動画とか作って貼り付けてみると、なぜか非表示でも再生できてるんだよね~(笑;)?!

仮想通貨やビットコインとか盗まれるわ、最近のwebサービス何か変なところ多いですよね~。


PS : 簡単らしいから、グるグるスライドとか使うのが良いんかもな~
  ↑ × 動画に出来ないみたいですね。

PS : Firefox 用の youtube エラー回避 アドオンを探せば良いのかも
  ↑× 使えるものすべて試してみたけど全滅でした。

※同じ弾き語り動画で名前を変えただけものは認証不可でアップロード出来ないことが先ほど判明。でも、同じ弾き語り動画で映像だけをエロい系へ貼り替えたら再生してるし(汗;)。

YOUTUBEの言うHTML5の仕様では、再生できないエラーの場合は、ブラウザーやOSを含むスペックなどが関係しているとありますが、たぶんYOUTUBE自体のセキュリティや品質管理とかの仕様ではないかと思われます。


要するには、
AviUtl のスライド作成機能だよね?

最終Ps : HTML5への移行でYOUTUBE仕様に多少変更があったのだと思うけど、x264guiEx_2.56v2が必要ですが、AviUtl の x265出力で作ると直ぐには再生されないけど10分前後で再生OKだったんだけど、再生中にタイトルを変更するとまた再生NGになる。

なんか無情に不安定です。HTML5の正式仕様も分からないし、まぁ、この原因が分かったら、Up動画の大半作り直さないといけないしで・・\(-o-;)/

以上
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CDドライブ無しの MRS-1608 HDD換装。 [♪うぴ演奏会]

今使ってるHDDですけど、CrystalDiskInfo してみると (黄)注意がでたもので・・、代替セクターとかがあると、音飛びの原因みたいですよね~。

純正品の3倍近いREAD/WRITE速度のあるHDDを偶然入手できたので、早速、交換してみることにしました。

いま使っているMRS-1608は、CDドライブを取り外しているので、CDからアップデートできないのです。なのでバックアップデーターを使ってHDD換装にチャレンジしてみました。



準備としては、まず新しいHDDをUSB変換アダプターを使いPCに繋ぎます。
IDEは最近のOSに直接繋いでも認識しないことが多い為。
MRS-1608 HDD交換1.JPG
また MRS-1608に直接繋いでも ERROR でピクリとも動かないので・・


次に MiniTool Partition Wizard Free などを使って FAT32 の PRIMARY領域を2個作りそれぞれネーミングします。
MRS-1608 HDD交換2.png
① MRS-USR (ユーザーファイルを置く場所、余っているほぼ全域でOK) 
② MRS-FAC (システムファイルを置く場所です。1024MB程度必要)

ここまで出来たら、バックアップしておいた ユーザー領域に限必要なファイルと、SYSTEM 領域に必要なファイルをコピーして完了です。


MRS-1608 HDD換装4.png
※ちなみに、 MRS-FAC 領域のファイル ↑ は11.7MBでした。これだけコピーできれば、起動してくれるのではないかとの予測です。起動できれば UIB02やCDドライブから、USE領域に必要なデーターもアップデートできると思います。


☆ 換装手順です。
まずMTR本体の枠のネジを取り外します。

裏側両サイドと背面の数個、フロントのインターフェイス部とCD部の枠の4個、これで少しだけフタが浮きます。

カパッと持ち上げるとソケットやテープ配線が破損しますから慎重に、入力ポートの並ぶ背面側をすかします。

フタ側とメイン基盤側を繋ぐテープ配線(幅のある3本)をゆっくり外します。壊れやすいので注意。組み立て時に間違わないようにカラーマーカーで向きの印をしておく事。

分離できたら、HDDを固定している4つのネジを外します。これでゆっくり手前に動かすとHDDのコネクターと電源コードが見えるので外します。くれぐれフタが作業中に倒れないようにしてください。

準備で作ってた新しいHDDを取り付けて元に戻して完了です。

MRS-1608 HDD交換3.JPG
最後に・・
フタを閉じる前に動作確認をしておきましょう。文字化けしていたらHDDが接触不良を起こしています。パネルに表示が無い場合は、テープ配線が接触不良を起こしています。どちらも故障の原因で危険ですのでご注意ください。



結果 :
何か甦ったみたいです。
起動とか頗る良好で快適です。後ほど改めてレコーディングとCakewalk by BandLabとMIDI連結できるか試してみます。同期できたらフットスイッチで録音スタートできそうなので・・
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

BandLab の update [♪うぴ演奏会]

パソコンを起動した際にスタートアップしてくる BandLab Assistant ですけど、これの Apps タブからアップデートできました。

Cakewalk by BandLab update.png
現在の頻度は、たぶん月一くらいでしょうか。少しずつは使い易くなりつつあると思えています。ADSL1.5kbpsで1時間くらいかかります。

Cakewalk by BandLab update fin.png
Open のところの色がカラーになっていたらUPデートできます。これは、完了後最新の状態。

フットスイッチで録音を開始するコントロールがまだ設定出来なくて、多難なのですけど、使い方も分かってきたし、32bitだとノイズ出るけど、フリーのVSTが沢山使えるのがありがたいですよね~。

VSTとかプラグインの増やし方も超簡単です。
インストールするタイプのもの以外は、

C:\Program Files\Cakewalk\VstPlugins
へ VST.dllファイルの名前を付けたフォルダーを作ってその中にVST.dllをコピーしておくだけでOkです。

ただMIDIキーボードのコントロールが使えないものが多くて、ダイナミックマップでも全てが快適って感じではなくて、その都度割り付けないといけない様子ある。

このカテゴリで、ちょっと前にも書いてるけど、簡単な操作で良いんだけど、まぁ毎回だし、殆どのフリーVSTで未対応な感じはツキイですよね。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

BandLab の TSS-1 の鳴らし方 [♪うぴ演奏会]

MIDIキーボードでシンセの音が鳴らせるらしいと聞きまして・・
まぁ、SONAR X1 LE では普通に使えてたのですが。

X1 LE(32bit)をインストールしているからかどうか分かりませんけど、インスルーメントトラックを作ってみても、ピアノの音しか鳴ってくれないので困ってました。「プリセットなし」になっていて、変更も出来ないんです。

X1 LE を削除してみたのですが、やっぱりピアノしか鳴らない。


アップデートで何とかなるかなーと思い 8月13日の深夜ですけど、 BandLab Assistant を起動してみるとアップデートができる状態になっていたので、早速・・。

DLには1時間以上かかりましたけど OK そうです。

起動がとても軽くなった感じ。

以前から、そうだったのかどうかは不明ですけど、やっと、いろんな音色も鳴るように・・

TSS-1.png
まずTTS-1のインスルーメントトラックを作って、トラックの左上のアイコンをクリックすると、こんなのが出てきます。

これが TTS-1 という Cakewalk by BandLab 搭載の MIDI音源です。

左上の赤丸のところのボタンを押して点灯させると、更に、音源のダイアログが表示されます。

そこに最初は PIANO(赤丸のところ)って書いてあるのですが、これをクリックすると、いろんな楽器が選択できました。

※マウスの反応がやや悪くて、右・左って交互にやってると、名前の変更とかも出てくることあるけど、音源出てきます。 

その中は、MIDIで良く使う音が一通り用意されていて、もちろんシンセもある。まだ録音してないけど、今まで聞いてた中では、かなり良い音の部類だと思えてます。

ボタンは16個あるようなので、他にインスルーメントトラックを作れば、別の音も同時に鳴らせるのだと思う。

プリセットの切り替えとかリモートで出来れば、楽しくなりそう\(笑;)/。

X1 LE が壊れた直後だったので、如何しようかと思ってたけど、アリガタヤ アリガタヤ の一言で尽きますね~。



♪ おまけです。 
LOVE SONG CHAGE & ASKA ①

製作中のオケテストで軽く間違えてるけど、頭痛いくらい歌ってみた(笑;)。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぽけみくのノイズ対策 ② [♪うぴ演奏会]

ぽけみくのノイズ対策 ①
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-07-09
の続きです。

GHOST NF120 グランドループアイソレータ3.JPG
GHOST NF120っていうグランドループアイソレータを買ってみた。

普通に売っているものの1/10くらいの激安価格帯だったので、基盤とか流用できないかなぁと思いつきまして、3個まとめて衝動買い。

結論から言うと、聞くだけならテストは良好そうかな~

USBオーディオインターフェイスの MIC-IN ボリュームを上げ過ぎると割れて酷いノイズ出てきますけど、50%以下までならば大丈夫みたい。

これってトランスの機構でGNDをリフトしてしまう仕組みですよね。

MIKU側のボリュームにもよるけどね。 

※余談ですけど、高額で売られている他のアイソレータと同スペックだと思う。

GHOST NF120 グランドループアイソレータ.JPG
あと中華だという事は分かったのですが、WEB上にもスペック表示がなくて、インピーダンスが不明のままですが、たぶん、600Ω : 600Ω だとの予想。


GHOST NF120 グランドループアイソレータ1.JPG
でもまぁ、一応、お決まりごとなので、分解もしてみました。

GHOST NF120 グランドループアイソレータ2.JPG
4本足ですけど、ハンダ外して、穴1個増やせば、5本足のドライバートランスも乗せ替え可能とみてます。

こんど時間と予算があったら、サンスイのST-71とかと乗せ替えて、コードもノイズレスにして、RCAプラグとジャックも音響用へ交換してみたいです。まぁミクの元音質あるので限界あるけどね、やれるとこまでやってみて、あとはフリーのVSTとかで ゴ・マ・カ・ス ?!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

DAW 録音 ズレ対策 [♪うぴ演奏会]

引き続きまして、古いけどまだ使えてる SONAR X1 LE です。

録音の際に、トラック全般、音ズレして、弾き語りも出来ないぞという事がXPの時代から良くあったのですけど、最近、ASIO対応のサウンドカードを装着してからは解消していたのですけど、先日、リモートしようといろいろやってて、知らないうちに何処か間違った設定してしまったようで、オーディオもMIDIも以前のように音がズレて録音NGなんて事に?!


そういう時は・・
DAW 録音 音ズレ対策1.png
編集メニューの環境設定を開き、オーディオ欄のオプションをクリックすると、最初にドライバーモードを選ぶところがあります。これがMMCとかになっていると遅れるんですよね~。これをASIOにします。

※ASIO ALLはフリーでDLできます。

DAW 録音 音ズレ対策2.png
次ぎに同オーティオ欄の「同期とキャッシュ」のところを開き、ファイルシステムの再生I/Oと録音I/Oのバッファサイズを増やしてやると良いみたいでした。ちなみにうちは 512kBで良い感じ。

※あと、その下の録音レイテンシも必見、ここでは変更できなかったので、Windowsのコントロールパネルから開いて直接調整するのかも?!

なぜか環境設定を変更すると、暫く音が出なくなったりしています。トラックインスペクタのIN/OUTを適正な物に変更しつつ、何回か再起動しているとエラー表示が無くなり音が出始めてくれているなんて感じ・・
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

DAWのコントロール・サーフェイス設定 [♪うぴ演奏会]

基本的な事はできはじめたので、次のステップとして、再生/停止、録音とかをMIDIキーボードのボタンでやりたいと思ってはいたのですが、中々、思い通りにならずじまい。

足踏みのまま、ネット検索しまくり、ヘルプ読みまくりの日々が続いてたのですが、やっと動きはじめてくれたので、本日は、ここにメモしときます。


古いけど64bitでも動いてる SONAR X1 LE です。
MMCとかの設定触っていて、音が出なくなったり、インターフェイスを認識しなくなったり、変な音したりで、元に戻すの、かなり大変でしたけど、何とかなりました。

簡単にデェフォルトへ戻すボタンとか必要ですよね~実際。

最後は、トラックのOUT設定を切り替えたら、また鳴り始めてくれた。


sonarのコントロール・サーフェイス設定.png
・・で、再生/停止、録音ですが、コントロール・サーフェイスという機能でやるみたいです。

コントロール・サーフェイス設定2.png
上のリストボックスをクリックして、「選択」から開くと、環境設定の「コントロール・サーフェイスの設定」が出てくるので、右上の赤丸をクリックする。

コントロール・サーフェイス設定.png
設定ダイアログが開きます。

このコントロール・サーフェイスのリストの中に、MIDIとかの接続ディバイスが沢山表示されていると思うので、使っているものを選択します。入力ポートと出力ポートは、PCRでは、なぜか2でした。2だけ両方同じものが表示されていたので、それを選んでOKだった。


設定が出来たら、コントロール・サーフェイスのプロパティをクリックして開く。ここにMIDIキーボードの割付表があって、その動作ができる感じです。変更に関しては、まだ不明。

PCR300.JPG
L1・L2・L3・L4 ボタンを押してみると、再生/停止、録音 できました。


今回、MIDIキーボードは、PCR-300 を使いました。※DAWを起動する前に電源を入れておく必要アリ。

とりあえず繋がった感あるで、PCR-300接続のフットスイッチを使って、ギター録音のスタート/停止したいと思ってますが、この先も、たぶん難関ですね(汗;)。


設定方法は、たぶん BandLab も同じだと思いますが、あとで確かめてみます。



PS : ボリュームやパンやトラックの設定をMIDIキーボード側で出来るようにするには、そのアイコンの右クリックから、リモートコントロールを開き、MIDIキーボードのツマミとかを軽く触った後、ラーニングボタンを押すだけで勝手に登録されて、コントロールできるようになるみたいでした。


メモリーマッピング機能とかもあるらしいけど、初期化しても反応してくれなかったしDYNAMIC MAPPINGも反応無し・・

ここまで分かるのに1ヶ月以上かかったわ(爆;)。

でもまだ設定の保存もできていないから、まだまだ模索続けないといけません。
じゃまた何か分かったらメモします。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018 独り夏フェス(笑;) [♪うぴ演奏会]

ぽけみくのノイズ対策①の続きの予定でしたが、熱くてイスに座ってられなくて頓挫してしまった。まぁ何とかは鳴っているみたいなので、また改めてやりなおしますので、そのうち、お楽しみに・・










・・これくらい自由気ままにやれてると楽しいけど、何時まで経っても、ヘッタクソなのが、自分的にはストレスぅした ♪




というわけで、被災地も少なくない西日本ですけど、ケイキツケに、冬に続きまして、独り夏フェスやってみました。

時間と疲労の関係で5曲です。

歳は重ねたくないものですね~


29日と30日、12号の影響で、被災エリア付近でも、再び豪雨が予測されてるみたでした。200mmくらい降りそうな予感。 あちこち崩れ易くなっているので、くれぐれご注意くださいませ。うちは、これから避難場所のチェック(廃校の小学校)に行ってみます。

じゃまたー !(^^)!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぽけみくのノイズ対策① [♪うぴ演奏会]

ぽけみくプロジェクトをはじめたばかりですが・・

これまでに分かった事は、「内臓エフェクトは簡単には使わせてもらえないぞ」という事と、USB 外部MIDI音源がゆえに、ループノイズが発生し易く、「USB Audio インターフェイスでモニターできないぞ」という大きな問題を抱えていましてぇ

何が出来るかなぁーと、期待して買ったものにとっては、結構、致命的なのですが、他の方々のホムペ情報などと、今回の実験とで、対策を進めている最中っす。

それが、うちのばやい、YOUTUBEで聞くような微かなものではない(爆;)
・・で、ノイズ軽減対策のアイソトレータも既に注文はしたものの(超安;)

グランドループノイズ系統図.png
ワイヤレス化すればなんとかなるのではないかと思いつきまして、Bluetoothの発信と受信モジュールを探してみたけど適当なものがない現状。

手持ちのものでなんとかしてみようと、MTRを間に挟み、UA-25のオプティカル IN 経由で電気的な遮断を試みたのですが・・

UA-25のモニタースイッチをONにして、DIGITAL IN を押せば、ノイズのないミク声が聞こえては来たものの、これでイケるぞと思い、早速、BandLabで再生しつつ、その音を、BandLabのWAVEトラックに録音してみると、REC中、聞こえてはいなかった波打つようなノイズが一緒に録音されてることが判明。

・・あえなく撃沈!!

グランドループを知らなかった頃、普通に繋ぐと聞こえていた、同じノイズですね~。

UA-25の問題なのだろうか
ぽけみくの問題なのだろうか
ぱそこんの問題なのだろうか

この壁を越えないと何もはじめられないので、今は、ヤフオクの激安アイソトレータ届くの待つだけなのですが~、・・最悪、ドライバートランス方式の、改造ベースにしてみる予定もなくはないっす。
また改めまして
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

w7x64 に BandLab インストールしてみた。 [♪うぴ演奏会]

今年の4月からフリーでDL開始ということだったらしく、最近も、日本語に対応したりと細かなアップデートが時々あるみたいな現状でしたが・・

本体を落とす前に、アシスタント(BandLab Assistantという50MB弱の物)を落とさないとダメなのですが、それをインストールして、ダウンロードはそこからできる仕組み。何個かに分かれているのですが、全部にチェック入れて、3時間くらいかかった。たぶん1.5GBくらいです。

インストールもその何個かに分かれているので、全部終るまで閉じないようにしていないとやり直しになるから・・。 「installing中・・」って下のほうで目立たないように点滅してる。


Cakewalk by BandLab.png
サーチでは、丁寧な情報も多く意外とスンナリとインストールは出来たものの、デモ版になっているみたいで、保存できなくて、暫くのあいだ苦労してたのですが・・

このDLは新規登録しなくても、フェイスブックかグーグルのアカウントでログオンできるようだったので、アドレス登録とかもね、めんどくさいので、その使っているアカウントで、やってみてたので、それかなぁ~と思ったけど違うようで

ログアウトとかしているうちに、DLの時のパスワードは仮発行のモノみたいな事が分かり、新しくパスワードを作り直してログインしなおすとアクティベートも完了したようで、やっと普通に使えるようになってました。メールの本人チェックがないと使わせないという事だろうな・・

名前は、BandLab ですが、見た目も使いがっても SONAR のままです。
引き継ぎ易いね。



あと BandLab Assistant だけど、ずっとインストールしたままにしていないとダメなのですかね~?

PCの再起動時に画面の真ん中に、白目むいだ、お位牌みたいに、立ちあがっくる(汗l)。軽くフリーズしてるので不気味です("^_^";)。あとショートカットから起動するとJavaScriptエラーが出る。

10/4 PS : Winのスタートアップから外してやればOKです。月1くらいでアップデートする時だけショートカットから起動させる。

と言う訳で
過去ROM庫から引っぱり出してきてた X1 LE も、早々と、出番無しのまま終ったみたいなので、次回からは、ポケミクぷろじぇくとは、BandLab で引き継いでみたいと思います。

これって、かなりグレードの良いものらしいです。
たまには良い事もあるよな、最近!!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MIDIキーボードでポケミク for Win7 [♪うぴ演奏会]

やっとMIDIキーボード不調も解消したみたいなので、いまさらながらですけど、今回のプロジェクトである 「ポケミクさんをMIDIキーボードで歌わせる」ってのをやってみたいと思います。

※サーチでWin関連記事が少なかったので、ここでは、古いけど Win7 と SONAR X1 LE を使ってみます。割付ツールのスタジオウェアという機能は、説明にはあるけど、実際にはフォルダしかないみたいで使えない機能みたいな・・。



で、MIDIキーボードですけど、鳴りました。

まずMIDIディバイスの選択ですが・・
SONAR X1 MIDIディバイス選択 (1).png
メニューの編集の環境設定を開くとあります。良く分からないままなので、PC接続している MIDI機器は全てチェック入れてます。

次に挿入メニューから、MIDIトラックを1個用意します。
SONAR X1 MIDIディバイス選択 (2).png
この状態では、ピアノロールやMIDI鍵盤で操作をすると反応はあるけど、オーディオインターフェイスからは、音は聞こえないです。理由は分からないけど、外部音源を使う場合(MIDIトラック)は、その外部音源の OUT端子か、ヘッドホン端子からしか音は出ないみたいでした。

ポイントは、インスペクタ左下の黄色いポイントマークのところ、IN側を「全ての入力(最上段)」に設定します。OUT側を NSX-39 (これがポケミク音源ディバイスになる。)に設定して、MIDIトラックのSを押して、ソロトラックにしておきます。あとchは16あるけど、ミク声はMIDI1だけです。

で、左上の FXの選択ではいろいろやってみたけど変化無しでしたが・・

SONAR X1 MIDIディバイス選択 (3).png
インストゥルメント定義のタブで、XGか、XG Drum Kit をNSX-39にリンクして、新しいMIDIトラックを用意して、インスペクタのFXを設定するとポケミクから音が出ていました。外部音源がないと音も出ていなかったトラックなので、そういう用途ではポケミクって安価に使えるMIDI音源ディバイスだと思う。しかもPCR-50の大半のコントロールで、動かすとエフェクト変化あるみたいでした。


ミク声トラックでは、PCR-50の鍵盤を弾くと、あわせて歌ってくれます。

特に何もしなくてもコントロールのS8がボリューム、S7がリバーブ、S6がデレイかコーラスみたいな感じでした。ピッチベンド&モジュレーションレバーも機能していました。

MIDIトラックの録音ボタンを押して、コントロールバーの録音ボタンを押すと、録音スタートできますけど、このトラックは音源が外部なので、Wav変更できない。モニターもwavもNGだとキツイね。

再生しながら、ポケミクのヘッドホン端子から録音してPCにWavとして取り込むしかないのかな? 古いから仕方ないかぁ・・。

耳では分からないけど、MTRへ引き込むとノイズ(多分PCファン?)が凄い(オーディオインターフェイスに繋いでいるRCAとUSBケーブルが原因だった。GNDループノイズです)。ミクからオーディオインターフェイスに引き込んで、PCで録音したのがまだ少しマシくらいなノイズ。


とりあえず録音すれば自動演奏は出来たけど、秘蔵のミク声エフェクトも使わせてもらえてないし、MIDIシンセのインストゥルメントトラックと同じように、オーディオインターフェイスからモニターできないと役立たずだという事だけが分かった本日でしたが、外部音源から音が鳴っているモニターもあるという事なので、引き続き調査中っす。

ST-71(ドライバートランス)を2個使っているダイレクトボックスが対策に良いらしいけど、トランスでノイズが取れるのか。それならフォトカプラやオペアンプやコンプリメンタリでも、Bluetooth やオプティカルで断線しても良いのではないかとか、実用性どれ位のものなのか不明のままで・・、互換品で自作しようかと思ってる段階ですが、それにしても音響で取り上げられるとパーツが高騰してますよね~(泣;)。USBのグランドループが原因なんだからUSB側で対策採ったほうが簡単そうだけどね ? 機材毎ってことになるとやっぱマザボ側でやってくれないと大変だわ。

まぁ X1 LE バージョンの限界なんかも無くもない・・


SONAR は、何処かの会社に引き取られ現在
Cakewalk by BandLab
として復活しているらしく、1.5GB以上あるらしいけど、フリーでダウンロードできるみたいなので、また後ほどレポしてみます。お楽しみに・・

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PCR-50ドライバーが入らない [♪うぴ演奏会]

何でですかね~。???
MIDIが嫌いな訳は、ローランドのドライバーです。
音響機器を何個か使ってますけど、いつも停止したまま動かなくなる。

今回も、ピコン、ピコンってキレたり繋がったりを繰り返してたので、ドライバを一度外して、再インストールを試みるも、停止したまま、暫くお待ちくださいなどと、

「数分かかる事もある」なんて説明もありましたが、ここ数十分、明らかに動いていないです。

PCR-50ドライバー.png
そもそもインストーラーが数分も止まるなんて事、w4.0NT以降ないですよね~。

こういうのうちでは、ローランド社の音響関連周辺機器だけなんですけど・・
検索していてもMACとかのホムペは良く見るけど、winは少ない感じでしょ? もしかして Winodwsと相性そうとう「悪」なのでしょうか~(笑;)。

このままではポケミクが鳴らせない。MIDI機能、何時使わせてもらえるのか、もう30分超えてる。毎回毎回なので、ほとほと嫌気がさしてくるわ!!


Ps :
この問題、どうも説明どおりでは無理みたいでして、USBケーブルを差し込む指令が出たら、そこでインストーラーをキャンセルで終了させて、一度、windwsを再起動します。

再起動できたら、次ぎに、MIDIキーボードに、ACアダプターの外部電源を付けまして、9v300mA(-)くらいで十分ですけど、後ろの電源スイッチをACアダプターにセットします。その状態で USBケーブルを繋いで、MIDIシーケンサー(古いSONARですが)を立ち上げ、環境設定でPCR-IN/OUT、IN側はPCR1、OUT側はPCRをチェックしてから閉じ、メニューの挿入 → プラグインシンセ → Cakewalk Sound Center をクリックすると、MIDIキーボード用のトラックが開くので、これでシンセ音が鳴り響くようになる。

適当に鳴らした音を録音しておけば、再生しながら、シンセのプログラムをダブルクリックで切りえれば、いろんな音がシュミレートできます。

USB2.0の電力不足なのか、USBコネクトの不具合なのかは不明のまま。

ちなみにOSは、 Win7 x64ですが、MIDI鍵盤、普通に使えています。

あとは、コントロールのアサインの仕方、これがまた難しいのよ。
普通に分けわからんでしょー。

それとポケミクをMIDI鍵盤から鳴らす方法ですけど、
外部の音源ディバイスとして繋げば良いんだろうけど、如何やってするのかがまだ検索中っす。
じゃ
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピッチ・ベンド & モジュレーションレバーとは [♪うぴ演奏会]

MIDIキーボード PCR-50やPCR300(うちにあるものですが)では・・

長い事使ってなかったのでホコリもぐれですけど
ピッチ・ベンド/モジュレーション・レバー.JPG
これが、ローランドMIDIキーボードのピッチ・ベンド & モジュレーションレバーです。

2個に分かれているものが良かったんだけど、やや離れ過ぎているというのか、それが一般的らしいけど、・・で、どっもどっちって感じですかね。もっとも何処のメーカーみても、パッドやコントロールツマミとか全部のレイアウトとか、わざと上下左右逆にしているものも少なくない感じですよね~。もっとヒューマンテクノロジー(人間工学)とか学んでほしいですけど!! 

良いものになると斜めについているものとか、動かし易いように駆使している人もいるみたいでしたが・・



ローランドのピッチベンドレバーは、左右方向ですけど、音程を上げ下げ、ギターでいうとチョーキングだと思う。

モジュレーションレバーは、上下方向で、ビブラートが一般的らしいです。ギターのエフェクターでも MOD/SFX として、いわゆる飛び道具ですが、何種類かある中から選べる分けで、MIDIシーケンサー側にあるものが、いろいろと割り付けられるのだと思う。

という具合で、まだ実用的に使った事がないのでした(笑;)。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

何ができる? ポケミク v① [♪うぴ演奏会]

一昨年か昨年か、底値ミクになってたので買ってみてたのですが・・


電池で動く簡単な使い方をチェックしてみただけで、メロディが分からないと、それほどの面白みも見出せず、ホムペを開いたところで・・

学研「大人の科学.net」のホムペで
ttp://otonanokagaku.net/nsx39/app.html
プリセットの文字が書き換えらるよと言うだけで、その後、使わずじまいのまま、先日まで眠らせてたのですが・・

ポケミク 何か出来るの.JPG
今では1k円きっているお店もあるみたいでしょー、リリース当初は5k円越えてたんだよね~。売れれば売れるほど降騰してるのはなぜなんだろう~(笑;)

※ 中略

・・まぁ要するには、ミク声がXG音源として使えるらしく、MIDI鍵盤で鳴らせるみたいな事よね?、でもPC中継しないとダメらしく(winではハイエンドのi7系でないと難しいかも・・)、しかもMIDIシーケンサーもやっぱ普通に必要そうなので、ムダにめんどくさいだけ~

弾き語りのBGMの一部として、ハモれるとかあると楽しいけどね、そう簡単でもなさそう・・

スタリス棒より、鍵盤やリズムマシンのが簡単ですよね~


検索してたらSONARだったら、ミク関連の秘められたエフェクトも使えるらしいということが分かりまして・・

そのSONAR X1 LE も、PCの環境&スペック不足で、ずっと使えてなかったので、ほぼ手付かずのまま外してたのですが、またインストールしてみたところ、レジストでエラー?

・・ヘルプ開くと、サイトが閉鎖されてる事が判明ー(爆;)
MIDI関連にはトコトン苦労させられるよな・・

モニター用のUSBインターフェイスや24bit 96khzのサウンドカード入れて、メモリーも増やして、やっと軽い感じがしてきてるのに、こんな事ばかりです。

旨く鳴ってくれると良いけどな~
結果は後ほど
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GCB-95 ジャック届いたけど・・ [♪うぴ演奏会]

・・注文していたものが届きました。
ステレオジャック GCB95.JPG
これでやっと音出しできるかなぁって思ってたけど、削らないと収まらないことが判明(爆;)。

ワウの土台って、微妙なんですけど、たぶん台形気味なんですよね~。?

なので左右0.5mmくらい口元、壁に沿って微妙斜めに削ると、スポって入ってくれました。

ワッシャのようなものは内2個、外1個付属していましたけど、削ると内側1個しか入らなくなるみたいだった。あと外側のワッシャは、インナーナットのリーチが足りないみたいで無しで良いみたい。

最近、何やってても、スンナリいかないよなー\(-o-;)/

まぁ、ブツブツと独り言を言いながら作業を進め、なんとか完成したので、早速、アダブターから電源とって、プラグ差し込んでみると、青のLEDがワウワウOFFの時に点灯しているみたいで、やり直しに・・(笑;)。

GCB95 TRUE_BYPASS 3PDTフットスイッチ.png
3PDTフットスイッチの配線図です。
詳しくは、
GCB-95 LEDインジケ-タ ver①
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-02-26
GCB-95 LEDインジケ-タ ver②
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-03-17
の説明や回路図をご参考に

※デェフォルトの状態が分からないので、今回の改造がどうなのかは、不明ですけど、以前よりは良くなったと思えてます。

※注意点としては、3PDTフットスイッチは、端子部がハンダの熱に弱わそうなので、風送りつつ冷やしながら、瞬間止めしたほうが良いと思う。コテは20w以下がお勧め。


※感想 ;
SSSのストラトでやってると2つのポッドでトーン調整できてるので、ワウ本体に、特に音質調整とか必要としていないみたいですけど、レスポやトーン調整が1つしかないタイプので鳴らしてると、何か今ひとつ感もあるので・・

あと、クリーン時にカクカクとノイズ乗るのがヤバイくて、バッファ回路を復元してみようかと検討中ですが、回路図を探しても見当たらないですよね~。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GCB-95 LEDインジケ-タ ver② [♪うぴ演奏会]

http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-02-26
↑ 前回、ジャック破損してしまって作業中断していた GCB95 改造ですけど、6.3mmSTジャック、やっと届いたと思ったら、規格が違うみたいで~ ※萎え萎えー\(-o-;)/

6.3mm STジャック(誤).JPG
・・GCB95は、ナットがインナー方式なんですよね。

いっぽう買った物は、普通に壁に取り付けるような仕様でした。良く見て買わなきゃいけませんよね。どうにもこうにも無理そうなので、また何処かのお店を探し歩いてみる事になりましたが・・

まぁでも動作チェックくらいは、できそうなので、簡単に基板にハンダ実装だけ済ませてみました。

改 GCB95 TRUE-BYPASS 訂正.JPG
プラグをINPUTジャックに挿し込まないと電源が入らないのでぇー

そうすると、まず赤のLEDが点灯。VF=2v くらいだと思うんですが、1kΩの抵抗で点灯しています。

配線に関しても、特に考える事も無く、フットスイッチで青(ワウワウ)LEDがON/OFF;連動できています。3回路スイッチだと余裕ですね。抵抗は、1kΩを並列に2個繋いで500Ωでやってます。ハイビーム気味のLEDの場合は、拡散カバーつけたといたほうが、光り方が良いと思う。

LEDの電源は、前述の
「GCB-95 LEDインジケ-タ ver①」 の回路図をご参考に。
赤も青(フットスイッチで中継)も同じところから配線取ってます。


でもまだ1回路余ってる。完全なる TRUE-BYPASS 仕様にするには、ワウワウOFF時に、OUTジャックへ直接繋いでやる必要がある(GNDは繋がっているはずなのでHOTラインだけ)から、そのポイント見つけてスイッチに配線とれば一応、完了。

予定としては、ワウの音色も変えてみたいので、基板の抵抗をVRへ変更してみようと模索中です。

GCB95用のジャックを入手しないと前に進めないままなので、また、しばらく先送りです。たぶんCLIFF製かな? メタルのインナーナットあるにはあるけど、・・クリックポストで送ってくれるのかな~?

では後ほど
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おいやんが "空と君とのあいだに" 歌ってみた [♪うぴ演奏会]

まだ良く覚えていないので練習中です。
コメントはまたそのうち・・

再生できない方は、CHROMEで開いてくださいましm(_ _;)m
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フットスイッチを試作してみた。 [♪うぴ演奏会]

GCB95はジャック破損で改造が先送りになってしまったので、近いうちにフットスイッチも作ってみたいと思いつきまして、まずは準備運動から~

フットスイッチ試作3.JPG
とりあえず動くかどうか、ありあわせによる動作テストですけど・・

1回路のモーメンタリーというスイッチなので、フットではありませんが、押している時だけON動作か、押している時だけOFF動作かを2接点から選べます。POLARITY(普通の1回路2節点)スイッチを取り付ければ、このモーメンタリー動作の切り替えも出来るようになる。

フットスイッチ試作1.JPG
このまま使ってたら笑えそうだけどね。↑ インスタ映えならぬ、SOブロ萎え写真だな~(笑;)

メーカーや仕様で多少は動作が異なるので故障の原因になるかも知れませんけど、ギターアンプのメモリーバンクのUP/DOWNも出来るし、エフェクターとかもOKみたいだったので、V-AMP3で試してみた結果ですけど、GNDとCOLDで進み、GNDとHOTで戻るという事が分かった。

更に、3秒間、戻るを踏んでいると、チューナーモードになり、もう一度踏むと解除されるみたい。

※進む3秒踏みか、両方(GNDとCOLDとHOTが全て導通状態)でプリセットの切り替えも出来ればライブでも使い易いけどね。銭の壁とかあんのだろな~

フットスイッチ試作2.JPG
V-AMP2までは、USB入力インターフェイスやフットスイッチも一緒に売られていたようですけど、新しくになってからはフットスイッチが無くなっていたので、今回、作ってみたわけですけど、幅が微妙広かったようで手際が悪かった。

イヤ、それは足際だな。

それからある程度の重さも必要そうで、やはりノンスリップとか貼らないと使い難くいですね。

あとPOLARITYスイッチ付けるのならば、MONOジャックも付けて、左右単独でも使えるといいので、RCAのLINEケーブルで引き出して、ステレオ標準プラグに変換すると良さそうな予感です。

MTRの録音/再生のスタートストップや、鍵盤のサスティーンやソフトぺダルにも使えるし、弾き語りの必須アイテムです。


・・フットタイプのスイッチとMONOジャックと切り替えスイッチ2個と、金属ケースが必要になっちまったわ~。完成したら、また、あらためて披露します。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GCB-95 LEDインジケ-タ ver① [♪うぴ演奏会]

今、特に音痩せが気になるという事は全くないのですけど、踏むごとに変なノイズが出ていたんだよね~。※クリーンの時しか分からないんだけど。

下の写真の基板裏からスイッチに繋がる太い1本のリード線で、元々のバッファスルー後の断線処理している? のではないかと思いつつ ? ハンダ外してカットしてみたら、ワウワウ鳴らなくなってるしー(汗;)

・・原因かな?!
INPUT下側のバッファ回路部品が6個、外されているのが分かる~。

GCB95基板(表).JPG
GCB95基板(裏).JPG

・・でぇ、元に戻すのもなんなので、あと注文の2接点3回路のフットスイッチも届いたしで、巷で流行ってるっぽいですけど、トゥルーバイパスとLEDインジケーターをやってみましょうという事になりまして、ここの所、いろいろとキーワード入れつつサーチしまくってたのですが、簡単なのが無い現実。

まずは、現状の回路図ですけど
DCB95.png
違ってたらすみませんけど、※テスターで導通チェックしつつ図示化してみました。

Inputにプラグ差し込んだ時に通電LEDが付くようにするには、INPUT側の左端の端子とDCジャックの+端子から電力を取るとGOOD。2KΩの半固定抵抗で明るさ調節して、電池もったいないのでクライメで・・(汗;)。
GCB95(INPUT通電LED).JPG

やっと取り掛かれると思っていた矢先に・・
INPUTジャック破損.JPG
フォンジャックが両方とも砕け飛んでしまった。たぶん1~2年前に使った接点復活剤の仕業だと思う。・・クソだね。部品壊れる毎に同じもの探してたら大変なので、秋月の安いので代用しようと思う。また先延ばしー

※3/17訂正PS : 専用のジャックでないと換装無理でした。

TRUE BYPASS 改造後の回路図も作成中なので、しばらく更新続きますmm
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

USB AudiMax Dual 5.1ch [♪うぴ演奏会]

リスニング用で電源のいらないUSBオーディオインターフェイスを探してたところ、またまた古いのですけど見つけまして即GETしてしまった(笑;)

AudiMax Dual 5.1ch っていうドライバー要らずのインターフェイス。
※5.1chのスピーカー端子と、3.5mmのLINE INジャックと、オプティカル IN コネクターと、コンデンサーマイクジャックとヘッドホンジャックが付いてる。

早速PCにUSB接続してみると、元音よりサラウンド感がやや乗っかってて、好感度だったのですがぁ・・、盗聴器か? 内臓マイクから常に最大音を拾ってるみたいでかなり煩い感じで(汗;)、やばい。

マイクジャックに、Plug in Power のコンデンサーマイクを差し込んでみると、煩さは消えたけど、やはり最大音でボリューム固定されてるみたいで、Win側でもアプリ側でも調整できない現実(汗;)。

AudiMax Dual
このままでは、かなり不便なので、前記事の回路図と同じですけど、早速、中継ボリューム作ってみました。

http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-02-07
パーツは、10kΩ(A) ダブル端子のVR。

ヘッドホンは少し下げてやるとちょうど良い感じです。マイクは、0で完全カットできています。
予想より良い感じです。

ちなみにヘッドホン側のコードは、カナレの4芯のLINEケーブル(L-4E6S 1305) の内のコードを取り出して作ってます。
マイクのほうは、手持ちのマイクケーブルが今無いので、USBの中の細い線と電気コードで代用してみてるけど、抵抗値の関係かボリュームがやや低くなってる様子あり。

この環境で、カラオケのWAVにあわせて、歌ってみると、なぜか分からないけど、再生音より、録音した声が早く聞こえていて、かなりヤバイです。

これまでは延滞音ってのは、良くあったけど、早いのは、はじめてのケースや~(爆;)、続くPCスタジオ環境のトラブル、解決する元気もだんだん失せてきたわー\(-o-;)/


★ 余談ですけど・・
ここへきて、w95時代からパソコンで音楽CDとか聞いてると、クソくすんだ感じに聞こえてた理由がやっと分かった気がしてる。48kHz以上で作った曲を44.1Khで再生してたからなんですよね、たぶん。このインターフェイスは 48kHz再生らしいょ。何か微妙明るくなった感じありです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アンプモジュールのボリューム [♪うぴ演奏会]

本日は、いつぞやの D級アンプモジュールの件ですけど・・
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-07-08
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-06-26


LINE IN ボリューム回路.JPG
VR 20KΩ(B) で、左右独立したボリュームを2個取り付けてたのですが、下図でいうとパターン③のタイプですけど、訂正ありますので、最下段に写真の回路図を追加しますm(_ _;)m。

しばらく使ってみた結果は、音洩れはないようでしたが、何かいちいち2つ調整しないといけなくて、ややめんどくさかったので、ボリュームは左右共通にし、バランス調整できるようにしたくて、簡単ですが考えてみました。

LINE IN ボリューム回路.gif
パターンを図にしておきます。③は20kΩでイケてたので、10kΩでもイケるのではないかということで10KΩにしてます。バランス調整はセンタークリック付きの VR ですけど、何か左右の誤差も多そうみたいで・・検討中。

③以外は、まだ作ってはいませんのでちゃんと動作するかは不明です。一応 LINE OUT端子用ですが、ご用心くださいませ。抵抗値の都合で音漏れや感度的な不具合があるかも知れません。とりあえず回路想定は出来たので、これから部品調達になりますけど、完成はまだ先になりそう~


おまけ : 訂正
左右独立タイプボリューム訂正.gif
★ ③の現状回路図はこちら
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

USBおーでぃおいんたーふぇいす [♪うぴ演奏会]

ちょっと前に超古いの、オークションで落としてみてたんですけど・・

UA25 REC.JPG
↑ こちら。EDIROL UA25 ってやつです。ローランド製です。

Win7のUPDATEドライバーもあるし、win10でも使えるなんて書き込みあったので、安易に、まだイケるって思ってたんですけど、説明書読んでたらUSB1.1仕様って書いてありまして、一瞬いやな予感あったものの、まぁ試しにしいうことで、まずは1.1に繋いでみました。

とても音が小さいみたいですよね~。

USB2.0に繋ぎなおしてみると、ヘッドホンとスピーカーからは再生音は問題なく聞こえてくる。

問題は、フロントの L+Rのインプット端子。ここ2~3日、情報集めつつ、あーでもないこーでもないと、いろいろとやってみてたけど、これはXPの時代に、もう死んでるみたいですかね。? 既にドライバーも未対応なんだと思うけど、ほぼノイズしか聞こえてこない現状。

・・諦めた。
EDIROL UA-25 プラグ.JPG
この図、普通のモノプラグは使えないのか? ギター入力もアンバランスで作りなおさないとダメなんでしょうね。コンデンサーマイク使って、ケーブル自作して、プリアンプで中継してみたけど、やっぱり録音レベルが全く波形の出ない現状で入力音がモニター出来ない。ツールで持ち上げてみると波形は出て来るけど、ホワイトノイズが酷くて、このままでは、入力インターフェイスとしては使えないです。

もしもリアのオプティカルINから取り込めれば、なんとかなるかなぁって思いつき、オプティカルOUT端子のあるMTRから繋いでみると、綺麗に録音できてた。
※ただ双方のサンプルレートを合わさないといけないけど、うちのは、44.1kHzでOkでした。48kだとピッチアップして誰が歌ってるか分からない感じで録音されてて、やばいっす(汗;)。

結局、ボーカルもギターもキーボードもリズムマシンもBGMも、MTR経由でインプットしないとイケないという事で、不自由というのか、電気代もったいないけど、時代の変化には適わないので仕方がないみたいっすね。

ASIO ALL の最新版で使ってみてますけど、高音質で音の延滞が無ければ良いんだけど、あまりに音質が低下するようだとNGになるかもしれないけど、フリーの Studio One 3 x64 でもとり合えずMIDI鍵盤の音鳴ってくれてるみたいだったので、これからぼちぼちと試してみようと思います。

詳しいレポはまた後ほど


2/17 PS :
一昨日か、右側の Hi-Z ポートに、ワウとエフェクター通してストラト挿してみたら、本日、元気に鳴り始めてるみたい。サンプルレートがあってなかったみたいな予感。左は復旧せず、多分、24bitで安定動作するサウンドカードがいるんだと思う。

3/22 PS :
24bit198Khzとかっていうサウンドカード買ってきてインストールしてみましたら、全てのINPUTから録音で切るようになりました。あとBIOSでマザボのオンボードサウンド切って、Windowsの設定で24bit48kHzへあげてみたら、そこそこ使えるようになってた。まだREC音が微かに遅れてる感ある。CPUをクアッドコアへ換装する必要ありなのかも


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017~2018年越し COVER LIVE [♪うぴ演奏会]

今年の年末は、やけに冷えるね~。毎日、裏ボアのベンチコート羽織ってシェラフに入って寝てるんだけど、それでも鼻水出そうになる(笑;)し、この次期、脳みそはクラゲ状態ですけど、・・凍りつくわー。

久々の年越しブログ COVER LIVEですけど、何曲イケるか分からないけど、しばらく更新します。アナログMTRなので設定に手間暇かかるので、ヒデェ音ですけど最前列でお楽しみください。


唇をかみしめて 吉田拓郎 COVER LIVE

シンシア 吉田拓郎 COVER LIVE

六本木ララバイ 内藤やす子 カバーライブ

アン・ドゥ・トロワ(キャンディーズ) カバーライブ


C調言葉にご用心 サザンオールスターズ COVER

わがままジュリエット BOΦWY COVER LIVE

安奈 甲斐バンド COVER LIVE

クリスマス・イブ 山下達郎 弾き語り

・・続く
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MRS-1266 USR領域のフォーマット [♪うぴ演奏会]

ZOOM-MRS HDD交換 補足
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-10-16
訂正 : ZOOM-MRS の容量拡張
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-10-10
故障 MRS-1266 の続き
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-10-02
MRS-1608 軽量化
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-09-15
HDD故障 MRS-1266を修理してみた
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-09-09

↑ ZOOM MRSシリーズのMTRに関する過去関連記事 ↑

前作業MEMO があまりにも分かり難かったみたいなので、再び、書き直してみたm(汗;)m


まず CLEAR のボタンを押したまま、MRS1266 の電源を入れて、BOUNSE ボタンを押すと、FORMAT しますか? というメッセが出ます。

ZOOM MRS-1266 format.JPG
OKの場合は、ENTER を押して作業を進めると MRS-USR領域が削除されて、プロジェクトの内容がすべて削除できます。

オプションの UIB-02 装着してUSB経由で、HDDの現状を開いてみると、こんな現状です。
ZOOM MRS-1266 format.png
もちろん、MRS-1266は、プロジェクトデーターが無いので、起動しなくなりますけど、ここから、またプロジェクトを開始できるようにするには、前記事の内容の通りですが、メーカーホムペにあるアップデートファイルを解凍してCD-Rに焼いた物を読み込ませて、まず RECOVERY をやってみます。

ZOOM MRS-1266 RECOVERY.png
もう一度、再起動して、UIB-02経由で、PC側で開いてみると、↑ このように、新しくMRS-USR パーテーションが構築されていました。RECOVERYは、空いているスペースを全て、MRS-USR 領域にセットしてくれる仕様のようですよね~。


で、更にもう一度、同じDLコピーの アップデート CD-R を読み込み、VER-UP を進めると・・
MRS-1266 VER-UP.png
MRS-USR 領域に、プロジェクトとシステムやリズムデーターがコピーされて、元通りに使えるようになりました。

MRS-FAC領域にはデーターがありませんけど、これはHDDを取り外して、PCに直接接続した為にプロジェクトデーターを全て失ってしまって、その際に、容量も小さいし、もう必要無しということで、安易に HDDのゼロフィルしてしまいまして、わたくし個人の過失で失くしてしまったもの(汗;)。

どうなったかと言いますと・・
MRS-FAC領域のシステムファイルは、数十kb 1枚なのですが、機能としては、CLEAR+MARKボタンで起動した際に、HDDのメンテナンス関連のメニューが表示されるのが普通なのですが、それらが使えない機能になってしまっています。 

ただ幸か、不幸か、メンテができないおかげで不良クラスターなども出来難いとは思えているのですが、積み上げたプロジェクトデーターが読み込めなくなるとか、完全にパーテーション毎、飛ばしてしまいますと、結構、痛い現実なのですが・・

前(MEMO)述までのテイタラク的迷走解説ですが、セクタ単位の相違問題、データ復旧のスキルが無い場合は、PCとの直接接続は避けといたほうが良いのかも~、という印象でした。 くれぐれ、ご留意くださいませ。


PS :
DVDドライブがまだ入手できなくて、動作チェックは先になりそう・・
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - ♪うぴ演奏会 ブログトップ