So-net無料ブログ作成
うぴガーデニング ブログトップ
前の30件 | -

イガオナモミみたいですね!! [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-07-25
オナモミと思ってた ↑ こちらですけど・・


イガオナモミ 花.JPG
実の形が イガオナモミ みたいですかね~!!

丸い小さいの? 花も咲いてる感じです。

種が入ってた土砂があった場所へはまだ行ってないので生態数は不明ですけど、瀬戸内海・中予地区の分布、過去かもしれませんが、とりあえず確認です。


関係ないけど、ちなみに伊賀の国は奈良と近江の間の里山です。スパイの魁だな

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロベ ついに発芽かな? [うぴガーデニング]

種蒔き直後から、カヤツリグサが、ボウボウで、ずーっと発芽確認できていなかったのですけど、この雑草は、新芽に酷似していて、かなりわずらわしい感じっすけど~


台風10号以降は、気候も秋めいてきていまして・・、今朝は、アキアカネも一斉に飛びはじめてますけどね。

自然のほうが良いだろうということで夏は放置でしたが、ここのところは、毎朝、水やり続けていました。

1週間目くらいです。

やっと ロベ 発芽です.JPG
これはどうでしょうか?

やっと ロベ 発芽01.JPG
微妙、カツヤリグサとは異なる感じ。

やっと ロベ 発芽02.JPG
ついに発芽してくれたのではないかな?! ロベこと、"フェニックスロベレニ"


小さいうちは、草ぼうぼう状態も、葉ダニ害虫とかのカモフラージュになるのかも知れません。程よく乾燥対策にもなりそうで、根から抜くような事はしていない現状でしたけど、まだまだ十分温かいので、今後も1ヶ月くらいは期待できるとは思えてます。


★ 過去ログ
ロベの鉢で何か発芽?!
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-08-18-1
ロベの種まき!
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-06-02
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地下茎から発芽かも [うぴガーデニング]

庭のアロエ・スピカータですが・・

冷夏のせいか、今年は、成長がとても良くて、最大のもので既に15cmくらいになってますが、植え替える前に根の先っぽが緑色になってる個体を何個か見てたので、もしやと思ってたのですが

ベラは土に栄養があれば地下茎でどんどん増えてくれます。スピカータは見た感じベラとよく酷似しているから期待はありまして

これは、まさしく地下茎発芽なのかも
アロエ・スピカータ 地下茎発芽.JPG
参 :
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-06-13



早速、害虫食害が見受けられますが、何とか成長はしているみたいです。

同定できるまでには、もう1~2ヶ月必要そうですけど、まずはご報告!!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オナモミに実が・・ [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-07-25
↑ 庭で発芽していたオナモミ(不明種)ですけど・・

雨もよく降ってるし急に秋めいてるからか
引っ付きムシ01.JPG
花はまだですけど実が付き始めてる感じです。

これが花になるんだろうか。
近似種があるので判断に苦労しますね。

もう暫く様子見です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロベの鉢で何か発芽?! [うぴガーデニング]

ロベの種まき!
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-06-02
の記事ですけど・・


・・のプラ鉢の中で、何かアロエのような植物が発芽しているのを先日、確認した!!


パームヤシの鉢でアロエ発芽0815-0.JPG
土の使い回ししてるし、発芽しなかった土も一緒にしていることあるので、可能性は無くはないのですが~

パームヤシの鉢でアロエ発芽0815-1.JPG
庭で自然発芽しているのは、アロエ・サポナリアですけど(今年も畑のほうで種採れました)、生育中の3本とは、かなり似てるものの、この大きさでは、殆どのアロエがこんな感じなので、まだ何とも言えない現状。

他は、ぜんぜんダメだったフェロックスや、数個だけ成長中のマルロシーか、スピカータとは、また違う感じですけどね~。

まぁ、微妙、分からないので、様子見ます。

ロベヤシほうは、まだみたいで、台風で温度下がってので期待はしてたのですが、こんなのが、・・秋に期待です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アロエベラ 12年目 [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2009-06-26
↑ すっかり忘れてましたが、2007年からアロエベラ育てていまして

アロエベラ 12年 80cm.JPG12年、ひとまわりですね~。これが我が家の最初の1本の個体。

一昨年から、日当たりの悪い裏庭へ移動させていたのですが、今、一番大きく成長してくれている。

しかも、まったくの手間いらず、植えっ放しのままで80cm超えてて、1枚の葉も500g超えてると思う。 実は、日陰にも関わらず、冬の成長も良さそうだったので、昨年の冬は外葉を、お茶にして飲んでたりしてたのですが~

・・ベラの寿命って、いったい何年くらいなんだろね。?!


日当たりの良い南側に植えているものは、夏葉、ほぼ毎日、水を与えていないと、外葉が急ピッチで枯れはじめる状況ありです。特に鉢植えは、土の乾燥も凄い。

まぁ、酷暑では、外葉を枯らしつつ新芽を伸ばすのが本来の姿っていうのか、新陳代謝が良いという事なのでしょうけど、逆に夏場の水のやり過ぎは、葉が沸騰しかける感じもあり、病気にもかかり易いし、リスクはリスクみたいなので、水はほぼ与えていないのですが~

やはりアロエには、日本の夏は暑過ぎているということがはっきり分かりますよね~。


この日陰の土は、雨がたまる事も無く、かなり水はけが良い感じです。盛土のまさ土も含まれているので、作るとしたら、ぼら土6 : まさ土3 : 腐葉土1 ; 醗酵牛糞(微妙) くらいな感じだと思うけど。


・・南側にしかスペースがないので、日よけネットとか検討中ですが


PS :
それから今年からはじめているアシタバも、アロエベラと良く似ている性質なのがわかった。

この暑さでは育たないですね~。
アシタバの夏.JPG
水を頻度多く与えているけど、疫病にかかり易くて、枯れているものも少なくない現状。やばいです。風通しの良い日陰で育てるしかない。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幹周り測ってみた [うぴガーデニング]

何で学校にこんなでかい樹があるのか、以前から不思議だったので、ちょっと調べてみようと思いつきまして、今回・・

あまやの大クス002.JPG
近くの廃校 (← 避難所に指定されている) には、3本のクスノキがあるのですが、その中で最大の幹周りを測ってみた。

あまやの大クス003.JPG
胸高で、なんと、3.7mもある。

正円と仮定すると、直径は1.2mにもなるね。

あまやの大クス001.JPG
樹齢はというと、正確には伐らないと分かりませんけど、検索していると 推定300年くらいという説を発見。

江戸時代からあったものなのかね~!! 年輪を感じるな~

まさかの、三身一体ではないとは思うけど、もしそれならば、年輪って3つに分かれているのでしょうかね(汗;) ?

学校が出来た時に植樹されたものかどうかも分からないけど、他の2本は、これ程は大きくはないものの、1/3くらいな感じですが、それでも100年は過ぎているよね。

まとまってると、とにかく迫力のある様子で、威圧感はありまして・・

迫力っていうと・・
屋久杉なんて、自然林は、三身一体の可能性は少なく無さそうですけどね~。そうなると樹齢3000年なんて言われてるのも、1000年行ってなかったりありそうだよね~。


ただこちらは、グランドの水捌けが良くないせいか、枯れも進行してるようで、台風とかで太い枝も何本も折れてまして、枯渇の心配もなくはない現状みたい。


クスノキというこの木は、古来から神か宿るとされ神木として珍重されているようで、鎮守の森などに多く生息、また一刀彫で仏像などを彫る場合の材料にもなっているということでした。大宰府天満宮の巨木は樹齢400年らしいですけど、その大宰府天満宮は、平安時代に藤原純友に火を掛けられて全焼した後も、何度も火災にあっているらしいけど戦国時代に焼失したまま12年経過後、領主に任命された小早川氏によって再建されたらしい。



ちなみにこちらは、たぶんエノキの葉ですど、中々撮らせてもらえないアオスジアゲハが撮れたのでup!!
アオスジアゲハ.JPG
年輪の幅は、ほぼ2mmで、1年で4mmしか成長しない感じですけどね~。
これからも、まだまだ大きくなるのかな~
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サルスベリ-開花 [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-03-21
↑ これ、ページ作成しただけで、ずーと公開するの忘れてたみたいですけど(汗;)、今年の春に発芽したサルスベリに、もう蕾が出来てる様子~

1年もの サルスベリの花.JPG
まだ20cm未満の高さですけど、ちゃんと花、開いてる。

サルスベリの花色.JPG
こちらが親株です。

花の色は、年によって決まる感じで、昨年は白咲き、今年はムラサキ色てす。この中間色の年もあるし、紫も微妙、淡い感じの時もあるし、いろいろ。


 追いかせの 踊る花色 百日紅
           form うっぴぃ~

他の家でも、そうなんだろうか?

アジサイでもここまで極端に色変わったりしないよね~。
雨量か日照時間の影響なんだと思うけど、毎年、楽しみな花色でした。



ちなみにこちらが2005年に撮影している同じ個体っす。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

竹が生えてきたー!! [うぴガーデニング]

畑の上に斜面があって、それほど広くはないけど、ちょっとした雑木林になってて、今年の春は、そこに大きな筍がニョキニョキとでてきてまして、1個でけですけど~

孟宗竹でた01.JPG
突然、不思議ですよね。

孟宗竹でた02.JPG
笹みたいなのと、真竹、数本は以前から生えてたのですが、あれから4ヶ月ですけど、7~8m超えてそうな勢いかな

特徴見る限りでは、孟宗竹ですかねぇ。

毎年、貰ってるようなので特に変わりはないんだろうけど、来年から、筍の子買わなくてすみそう~


雑木林、全部、伐採してしまえと、お天道様が言ってるのかもですね~!!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キダチアロエ・チップ [うぴガーデニング]

本日は、ここんところ毎日かじっているキダチアロエ・チップのご紹介。

もう半年くらいになると思うけど、暴食しない限りは、調子も良さそうで、これのおかげかなって事なのですが・・


まずは、キダチアロエの大きな綺麗な葉を二枚根元から切って、両サイドのトゲを落とします。

葉は綺麗に洗います。

破裂対策で背のセンターに切れ目を入れときます。

キダチアロエのチップ.JPG
2cmくらいでカットして、陶器のカップに入れます。↑ こんな感じ。

レンジでチンします。

チルドで冷やしつつ、朝・昼・晩で1枚ずつに分けて食べます。

かなり苦いです。
トゲのところをこさいでないと、ノドがイガイガになって咳が止まらなくなる事があるので、ウロコ落とす感じで、微妙、削っておくと良いです。

気分が悪くなるようでしたら、カット幅を短く調整します。
量は体質に応じて・・


感染症対策で熱も通しているので、薬効は半減していると思いますが、続ける事が大事だなって最近は思えてきてます。

1年は続けてみようと思う。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なぜか ススキの穂!! [うぴガーデニング]

今年の中秋の名月、十五夜は、9月13日(金)ということでしたけど・・

ススキ 発見1.JPG
な~んか、穂が風で揺れている感じよね。?!

ススキ 発見2.JPG
ズーム思い切り引いてみた。

やっぱ、ススキじゃーん。
曖昧な記憶ですが、ここのススキ、以前にも時期はずれな穂を出してるのを見た事がある。

温暖化の影響か?
ほんとに雨と曇り続きで丸々1ヶ月くらいは冷え込んでたから、秋と間違えたかね!! (汗;)



この間の屏風絵の小野小町の件ですけどね!!。かなり前からボソッとあるのは知ってたけど、今の季節かどうかは分からないので、今年から継続して観察してみる予定。

でも平安時代からなんかな ? 増えも減りもせず、ボソッと山で生息しているって、なんか凄いですよね~。

しかし、こういうのって、柑橘農業が成り立たなくなっている理由なのかもですよね~。
農業経営者が環境省レッドデータにリストされるのも時間の問題なのかも v(爆;)



PS : 秋咲き。?!
やませ(フェーン現象)の影響の可能性ありです。立地条件が関わってそうな予感。

PS : ダンチクの可能性出てきた(汗;)。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アロエ・カミエセンシスかな?! [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-04-28-1
春 ↑ この時に発芽したアロエ・スピカータの中に混ざっていたと思われるアロエの種類がやっと予想できましたのでご報告です。

A. khamiesensis 発芽01.JPG
もっと成長しないとハッキリした事は分からないけど、今の印象としては、アロエ・カミエセンシス (A. khamiesensis)という種類ではないかと思えてきた。

2~3mに成長するらしいけど、もっか環境があっていないのか、発育が非常に遅く、まだ2cm弱って感じで、葉のバランスもいまひとつ。


アロエ・スピカータ01.JPG
いっぽう、アロエ・スピカータのほうは種が小さい割には発芽率はとても良くて、成長のほうもかなり良い感じです。日照不足が影響しているのか葉が開きっ放しみたいな状況ですが、既に全長8cm近いものもある。

冬に保温室で発芽させる方法、やっぱ良かったみたいですね~。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モリンガのビニールハウス  [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-05-25
↑ 5/25 の モリンガ です。

3本発芽して育ってたのですが、30cmくらいになったものから、10号プラ鉢へ植え替えてました。

モリンガ7月28日-1.JPG
植え替え直後は、葉が全部、枯れ落ちてしまって、まる裸状態でしたけど、直ぐに新しい脇芽が出てきて、1週間もしないうちに元通りになってた。

ただやはり予想通り、ヨトウムシとエカキムシの被害でるので、そのままでは育たないです。直ぐに枯らされてしまいます。

モリンガ7月28日-2.JPG
3本のうち、1本は、つい先週も丸裸にされてたし、たった2晩ですょー(爆;)。

細い枝は、付け根からやられてたので、犯人はヨトウムシっす。ビニールの中に入り込んでたのだと思いうけど、探しても見つけられなかった。

まぁ既に元通りに成長してくれてますけどね~。

元気過ぎる感じは、今までで、最も凄さを感じる植物です。

数年で数メートルになるらしいけど、これから夏ですが、実は、越冬できるかが、もっかの最大課題!!

ですので、秋まではビニール外せないので、メッシュとか考えないといけないけど、もっか、あてはないまま・・。この夏をどうやりきるか、先の越冬を目指して、こんもりと太く短く育ててみようと思ってますが~
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

環境省レッドデータ オナモミ発見か? [うぴガーデニング]

オナモミの仲間で優勢なのは以下の外来の3種らしいく、オナモミ自体は、何十年も前から既に、西日本では殆ど見なくなっているらしいという事ですが・・

・オオオナモミ
・イガオナモミ
・トゲオナモミ

オナモミかも.JPG
ネット情報でサーチしまくってますが、環境条件による個体差? 同定し辛い現状で、いまひとつ確証に乏しいままですが、とりあえずは花が咲いて、くっつき虫ができる来春までは、切れなくなったみたいな~。既に、庭一部、占有してくれてますけとね(汗;)。

アフリカン系マリーゴールド.JPG
これこれ、春先に勢いよく発芽してきまして、てっきりマリーゴールドだと思ってたのですが、見慣れない植物に育ってたので、早々とプランターから外に出して、地面に植え替えて様子みしていたのですが、今、高さ幅とも 1mくらいです。

その土は、昨年の土砂崩れ現場から採取したもので、腐葉土を少し混ぜて使ってますが、もしかすると、何十年かぶりに発芽したオナモミの可能性もありかなって思えてるので、現場100回、改めて確かめに行ってみます(汗;)。

オナモミ001.JPG
只、キョウチクトウやタケニグサ、キシミ、ダチュラ、トウダイグサ、スイセンに匹敵する感じの毒草だそうですから、家畜とかがかじると死んでしまいますから要注意とか書いてあった。

オナモミの葉 アリだらけ.JPG
今は無い泰の山城ですけど、城の鬼門・裏鬼門のライン上の数箇所に上に記載の危ない植物が自生している事は知っている。山中や海岸ですけど、他でまったく見ない植物なので、いつからなのか、何か法則もありそうに思う事もある。

アカメガシワと同様にアリがたかる事を発見しています。ココのところずっと、かなりの数のアリが群がっている様子。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨被害 [うぴガーデニング]

大きくならないのかと思ってたのですが・・
マリーゴールド005.JPG
梅雨に入って急に元気になった感じのマリーゴールドですけど、確か6種類買ってたはずなのですが、5種類しか咲いていないことが判明。

15個くらいの種だと発芽しない事もあるみたいですね~。

マリーゴールド004.JPG
まぁ育ち易い種が沢山育ってくれれば問題なしですけど・・

マリーゴールド003.JPG
しかし、10cm未満だと、2~3日で葉が全部なくなってて、丸裸にされてる事もあるんです。それ、ナメクジ被害みたいですから、夕方の散水は完全にNGだと思う。

マリーゴールド002.JPG
乾燥の激しい日の朝だけの散水で、たっぷりは必要ないみたい。

マリーゴールド001.JPG
でも一度丸裸にされた株も、枯れるだろうと思いつつ、放置してたにも関わらず、今、葉を茂らせてまして、まぁブランクあるから、小さいままではあるのですが

まだ大きくなるのかな?
日当たりの良いところは、植え間隔 30cm以上は必要そうです。

食害さえなければですけど、葉の形状や濃い緑も印象的で、なんか良いですね~。

花も可憐で多くて、既に種も沢山取れてますけど、でも花が枯れてゆく姿は汚らしい感じもあるので、早めに摘んでおくべきなのかも


今年も、春以降、活動が活発になってたアリたちですが、マリーゴールドが大きくなるにつれ、徐々に少なくなってきてる様子!!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アロエ 発芽ほぼ1年 [うぴガーデニング]

昨年の今頃、氷盛りで無理やり発芽させたフェロックスとマルロシーの生き残りです。

悲しきかな、現状、それぞれ1本ずつしか育っていませんけど、本日、葉が例の病気にかかっているのを発見。

発芽当時から病気がちなフェロックスのほうですけど、人間の水虫みたいな感じなのですが、冬の間、室内温室で育てていたときも、何度か下葉が枯れていまして・・

こちらマルロシー、やっと、それっぽくなって来てます。
アロエ・マルロシー発芽1年.JPG
なのでマルロシーとは一回りも差がある。



アロエ・フェロックス 病気に.JPG
屋外に出して紫外線に当てれば何とかなるだろうと思ってたけど、かなりやぱい。

雨は降るけど乾燥も激しい毎日でして、水切らしていると枯れそうになると言いますか、成長期なのに瘦せてゆくんですよね~。

それでも葉には直接掛からないようにしていたのですが・・、近くにモリンガ植えてたからそれの水遣りの影響だと思う。

アロエベラ、他、何種類か、もう10年近く育てていますけど、病気はあるけど、まだ枯れた事は無いので、本日、春から2度目の植え替えしてみました。

日当たりの良いところに移動させたので、何日か脱水させて様子みします。


実生・発芽1年 アロエサポナリア.JPG
サポナリアですけど、こちらも同じ頃に発芽したもので、ほぼ1年。まだ高さ3cmになってないくらいですが、手間いらずで、ずっと屋外で育ってくれてます。



★ おまけ : 新発見です。

この巨大化する2種類のアロエは、種でしか増えないと聞いてましたけど、地下茎もありそうな予感!!

サポナリアやアロエベラも、植え替えの際に、根の先っぽが、白や黄緑色になってるのが時々ありますけど、それが、この2個体にもありまして・・

地下茎で発芽してくるんですよね~。

・・期待ありっすょ。

マルロシーは1/20、フェロックスに至っては70個の種で1個の発芽ですから、現実、涙ちょちょ切れていたところ\(-o-;)/
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロベの種まき! [うぴガーデニング]

こちら N33°58′ 標高30m で瀬戸内海気候の6月です。

そろそろ梅雨入りですが、既に、雨はよく降ってます。

本日は、またまた種をば、衝動買いしちゃいまして

ロベヤシ 種蒔き 6月2日01.JPG
一昨日1日、冷蔵庫に入れてたのですが、水入れるの忘れてたので、翌日、少しだけ水を張り、再び一昼夜、冷蔵庫で冷やし

ロベヤシ 種蒔き 6月2日02.JPG
水分もしっかり浸透してるようなので、10個ほど 蒔いてます。土は、8号プラ鉢に、まさ土(少し腐葉土と鹿沼土混ぜる)です。

枯れなければ 3m位には成長するそうで・・
ワシントンヤシモドキとかは30mにもなるからね。

まぁ小型なんだと思う。


まだ発芽適温より気温が低いのですが、真夏日もそこそこあるので、意外と早く発芽してくれるかも知れないと思いつつも、最近、天候が不安定なのでシーズン中に発芽しないことも植物全般でありそうといった現状ですけど~。

なので、緊急対策で、冷蔵庫作戦!!
※何度か成功している凍り盛りも良い対策です。


数年前のこと・・
ワシントンヤシモドキの種、強風で飛ばされた枝についてたものを拾いまして、日除けのまったく無いカンカン照りの所に、2cmくらいの穴あけて蒔いてみてたのですけど、それがココのところ、15本以上発芽して成長している様子ありまして

なので、同じヤシの仲間という事で、やや期待感はあるのでしたが、フェニックスの名も付いていて、葉は比較的柔らかく、とても観葉なのでした。

おまけ : 夢で逢えたら 歌ってみた MIX


1週間か2週間か、1ヶ月か2ヶ月か、立地環境条件で簡単に左右されてしまいます。
発芽が楽しみです。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マルベリー 生りました [うぴガーデニング]

こんな小さいのにマルベリーが 沢山 実ってます。
マルベリー 生りました.JPG
でもアリンコとかにやられちゃってるので、収穫するするなら、そっくり細目ネットとかでカバーしとかないとダメそうな予感です。

そんな関係で、せいぜい1mくらいまでがちょうど良さそうっすけど、旨くカバーできると良いけどね~。


おまけ : チャコ海 DJ-MIX

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

屋外蒔き 発芽です。 [うぴガーデニング]

5月 お庭の様子 発芽編

モリンガ発芽 1週間.JPG
まずはモリンガです。屋外発芽して1週間です。温室は3日でこれくらいになってたけど、ゆっくり成長中です。他にも 25日、2個発芽してます。今度は、バッタやヨトウムシに食べられないように警戒中。


スピカータ 屋外 発芽.JPG
屋外蒔きのアロエ・スピカータもようやく次々と発芽しはじめる様子。必殺の "氷盛り" の成果だと思う。日本の暑さ、枯れ易いので涼しくなる秋までは目が離せない。何個くらい成長するか楽しみです。

アロエベラ 1個 結実.JPG
アロエ・ベラは、1個だけ結実した様子です。ベラが咲いているときはなぜか海風が強く吹いている。もしかすると風媒花の可能性あるのかも。今年こそは 種 採れると良いけど・・


土壌対策のマリーゴールドは、庭のあちこちで、いっせいに、いろんな花咲かせています。
マリーゴールド1.JPG
高さ5cmくらいになると蕾ができて1週間くらいで、かなり小さな花が咲いてる。
マリーゴールド2.JPG
ほとんど同じパターンですが、害虫対策の苦土石灰の影響で、pHがアルカリ寄り過ぎてるのかも
マリーゴールド3.JPG
花も正常なものではないと思います。・・雑草並み。
マリーゴールド4.JPG
このままでは染色体異常みたいな感じなので、薄い液肥とかで、なんとか対策してみる予定です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モリンガ 屋外 発芽です。 [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-05-04
モリンガ枯渇

↑ せっかく育っていた温室モリンガですけど、屋外に出してたら、食害されたようで、ぜんぶ枯れてしまいまして、急遽、半日日陰くらいの場所に、種蒔きをしていたのですが・・

屋外 モリンガ 発芽.JPG
本日19日発芽です。凡そ2週間くらいですね~。暑い日が続いてたので、一昨日、"必殺の氷盛り"しちゃってまして、またまた "功を奏した" みたいですかね。

液肥とか使ってたプラ鉢ですけど、腐葉土少な目のマサ土でも、屋外発芽することが、やっと確認できました。

ハダニやハモグリガ、バッタ、ヨトウムシとか庭に多くて、無農薬栽培は大変なことばかりですけど、ペットボトルでカバーして様子見してみます。

今度こそ大きく育ってくれると良いな~。


♪ おまけ : 逢いたさ見たさ病める My Mind サザンオールスターズ


弾き語ってみた。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クラッスラ 発根実験中 [うぴガーデニング]

前回は、
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-01-25
クラッスラ属 火祭り 

紹介してましたが、2月の一番寒い頃、うちのまま母、遊びに行った先の何処かの庭にあったものを、ちょん切ってきたとの事で、育てろとの指令があり、ほそぼそと発根実験してました。

クラッスラ 発根実験中(冬).JPG
ヨーグルトの小カップに、小粒鹿沼土を満杯入れ、そこに挿して、冬の間、植物育成用LED温室にいれてた。


最近まで、真っ赤のまま痩せるいっぽうで、一回り小さくなって、このまま枯れるのかなぁと思ってたのですが・・

クラッスラ 発根実験中.JPG
2週間ぼと前に外に出して、水をたっぷりと与えてたら、やっと緑かがってきて葉が開き始めました。少し大きくなってる感じです。

たぶん根が付いてきたのだとの予測。"リンゴ火祭り" の可能性あるね。 

あと2ヶ月くらいしたら、プラ鉢に植え替えてみる予定。


PS : カネノナルキは葉から発芽してたのですけど、こちらは無理みたいですかね~?!
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-07-14
日陰なので、まだ寒いのかなぁ!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マリーゴールド 'すみれ色化' [うぴガーデニング]

栄養不足なのか発芽以降、日増しにすみれ色化していった土壌改善で植えたマリーゴールドですが・・
菫色化 マリーゴールド.JPG
5月15日ついに、完全なるバイオレットカラーです。

水の遣り過ぎで毛細根が枯れはじめているのが原因だとかって聞いたけど、何本か抜いてみたけど、根は少ないもののこの時点では、まだしっかりはしていた。庭中にあって、その全部に水も毎日与えてる現状。

他のものとの大きな違いは土だけ !

マリーゴールド 山土02.JPG
他は腐葉土ですが、これは土砂崩れ現場の土です。

マリーゴールド 山土01.JPG
種飛び対策に鹿沼小粒を表面に少し蒔いてます。この土はおそらく、少しの花崗岩と、多くの石灰岩が風化してできた土だと思う。同じ山土でも、まさ土とは色や粒子が違う感じです。

腐葉土の成分をほぼ含まない、強い酸性雨の影響と、岩石の強いアルカリ成分の影響なんだと思ってるけど、詳細不明です。

mini マリーゴールド.JPG
超薄めた液肥も与えてみたけど、腐葉土のものは、急成長し、でも10cm満たないうちに花をつけ始めてて、大きくならないみたいな~、雑草クラスです(汗;)。 何が原因なんだろう。?

考えられるのは pH だけど、半日以上日陰に植え替えてみたので、しばらく放置プレイで様子見してみる。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アシタバ 植え替え [うぴガーデニング]

本日は、4枚目の葉が見えてきてたので、植え替えしてみました。なぜか室内で発芽したアシタバのほうが、大きさがぜんぜん違う。ぜんぜん発育良いですね。

夜も昼も光が当たっているからですかね、きっと・・

屋外ものは2週間以上先かな?!

アシタバ 植え替え01.JPG
しかし室内分も、発芽から双葉が開くまでに1ヶ月も掛かってまして、こんなゆっくり発芽する植物はめずらしいと思えてた。

保温が無かったからかもしれないけど、まぁ結論からいうと、植物育成用のLED24時間照明で、少しだけ早めに室内で発芽させて置くほうがお勧めという感じです。

※3~5月の瀬戸内海気候で北側の室内部屋。

アシタバ 植え替え02.JPG
気候が不安定といいますか、気候変動の真っ只中を実感せざる負えない厳しい現実なのですが、

冬は寒気が強いし、夏またずして、今、この暑さ、先が思いやられる。雨は降るときは大雨。それ以外は、植物も枯れるほどの乾期が続いてる。

紫外線は既に完全に8月のものです。原因不明ですけど発芽したアロエが全部褐色に変化してしまってる。やばいです。明日からは暫く日陰養生する予定。

しかし植物だけではない。
ここ2~3日汗ダラダラでクラクラが続いてるから、人間も、もう本格的な熱中症対策が必要だわ~。

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-04-16-1
アシタバは、来年からは室内だけに絞って、もう少し早く発芽させて、早く植え替えできるように、土作りとか水はけとか栄養とか温度も考えて、気長に取り組んでみようと思う。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キダチアロエ 育成実験再び v2 [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-02-22
キダチアロエ 育成実験再び

キダチアロエの実験も、開始して、そろそろ3ヶ月になります。見た感じ枯れる事も無く順調な様子。もちろん雨以外で水は与えていません。置いてる場所は、半日以上の日差しの良いところです。


実は、2週間くらい遅れてから思いついた 「⑤ 根も葉もない茎だけの育成実験」も遂行中でして(笑;)、茎の直径が1.5cmくらい、長さは10cmに満たないもの。

近くの別の植物の水遣りの影響で、少々はウエット気味な感じです。

木立アロエ 挿し木実験 茎のみ02.JPG
新芽は何個か出てきている様子なので、土から取り出してみました。

木立アロエ 挿し木実験 茎のみ01.JPG
根は、まだ出でいない様子ですね~。

植物は、種も含め、根が出てから茎が伸びてくるのが一般的なのですけど、アロエはこの条件には当てはまらなかったようですかね。? それとも地下部分に見えているのは、上向いてるけど根でしょうか。?

しかし、生命力あるね~。

来月には、梅雨に入りますけど、根が出るまでは、引き続き実験続けてみようと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

種蒔き & レモン発芽ですょー [うぴガーデニング]

今日は大潮ですかねー。潮位表には、夕方の干潮時に、海抜6cmまで下がると記載されてた。

明るい時間こんなに引くのは年に何回かしかないから、久々、海岸歩きに行ってみようと思う。

レモン発芽.JPG
2月にストーブの熱で発芽テストしていたレモンですけど、無理そうなので、屋外の日当たりの良い場所においていたら、昨日(04/19)、発芽していたようです。

とても力強い感じで逞しいの一言っす。

レモン 種蒔き.JPG
・・で、発芽適温が分からず、迷いつつ余らしていた分も、早速(21日朝)、種蒔きしてみた。


そもそも皮むいて、ラップでくるんで冷蔵庫で冷やしていたレモンの中の、種で、ハチミツレモンティーを作る度にスライスして取りだしてた分。

これ見る限りでは、チルド保存、ぜんぜん問題無いみたいだな~。


ミカンハモグリガにやられない様に注意して、大きく育てて、早く実を生らしてみたいです。

ここのところ雨が無いので5日くらい続けて水を与えてました。発芽適温は、15℃~25℃くらいだと思う。



5/11 PS : 暑いですね~。
ぴーかんの真夏日が続いてますけど。
レモン発芽.JPG
レモン、その後も、2個発芽してまして(もっと沢山蒔いてた筈なのですが\(-o-;)/) 計3本になりました。午前中だけ日が当たる半日日陰の場所です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アシタバ 発根~発芽 [うぴガーデニング]

本日16日は、
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-04-05
4月5日に種蒔きしていたアシタバです。

振り返ると3~4日ほど前からですけど、地下に潜っていた種1個が、少しずつ表面に出てきていまして、気のせい程度に変だなーとは思ってたのですが・・

アシタバ 発根確認.JPG
本日16日、完全に持ち上がっているようなので、ルーペで見てみると、発根が確認できました。

これって、腐葉土とかぶっ掛けておいたほうが良いのかな(汗;)?!


この間は、最低室温13℃~最高室温20℃くらいで、昨日までは寒気が強くて寒かった。

ほぼ水栽培状態でしたが、1週間くらいで発根は始まるようですかね~。
他の種も発根しているとの予測です。

発芽が楽しみ!!


PS : 21日です。
アシタバの発芽.JPG
19日くらいから発芽し始めてるのですが、今現在こんな感じです。双葉がはじけるまで相当な時間掛かるみたいですね~。こんなゆっくりなのはじめてだけど、室内は2個が発芽中。


PS : 24日です。
アシタバ24日.JPG
まだ種殻かぶったままで双葉みえないですけど、ケースの中、いっせいに発芽しはじめています。日中は室温23℃くらいあり、夜間も18℃下回らなくなりました。

PS : 25日 屋外も、発芽しはじめたみたい。
PS : 5/1
冷え込みの差か新芽は室内のが2倍以上大きいみたい。


PS : 26日 室内 LEDのみ
アシタバ 発芽 26日.JPG
相当にゆっくり成長しているって感じですよね~。発芽適温は、たぶん13~23℃くらいなんだと思う。

原産は日本らしいです。

房総半島から八丈島あたりまで自生しているということでしたが、回り海だし、八丈とは緯度は1度も違わないけど、こちらでは自生はしていない。黒潮の影響が必要なのかな?

※緯度1度は凡そ111kmの距離に相当し、凡そ1℃の気温差があると言う事でした。温暖化叫ばれているけど、平均気温2℃とは、緯度が2℃ほど南下した場所の気候になるね。アシタバ、関東以北でも作れそうな予感してる。

アシタバ 4月28日.JPG
好光性種子という事で、LEDは1w24時間点灯でやってましたが、キッチンペーパー(1w青LED)よりは、少し埋めてた(1w昼光色LED)ほうが良かったみたいってか、キッチンペーパー発根しないので諦めました。発芽には、昼光色のLEDのが良いのかも知れませんね。


5月6日 :
1日以降は、夏みたいに暑くなってきてるので、LED代もムダにならないし、日中だけ屋外に出すようにしています。
アシタバ 3つ葉.JPG
葉も双葉を超えて3枚目が開いている。来週末は、また雨くるらしいので、植え替え準備もはじめてる。植物が増えてるので水も無駄にできないですよね~。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マリーゴールド 食害です。 [うぴガーデニング]

2つのプランターに蒔いていた種ですけど・・
マリーゴールド 園芸品種.JPG
数年前のひまわりの時と同じ状況で、もうダメかしれませんが植え替えてみました。1夜2夜でほぼ全滅です。

この時期に発芽したものは、ほぼ全部、ヨトウムシや蛾の幼虫に食べられてしまう。同じマリーコールドでも食害のない種類もあるのですが、ただ綺麗なだけを求め、人の手で品種改良を繰り返したような園芸品種は、やっぱ自然の中ではダメみたいですね~。

自然界で成長する為の大切なものが欠落しているDNA。

農薬とか剤を使う手もあるですが、害虫って凶暴化して、繁殖力を強くしてゆく傾向があって、数年内に農薬の効かない害虫に変化させてしまったり、大発生させたりするようなところあるんですよね~。

もしかすると意図的にそうやって作り出された農薬なのかもしれませんけど、見せ掛けだけのね!!

トータル的に安定性のあるDNAだけを残すようにしていかないと、環境汚染や害虫の餌を作っているのとなんら替わらない現実だけだね~

害虫は、一度でも、ここは安全な餌場だと悟ると、毎夜現れて食い荒らすのも、生き物が持つ帰巣本能みたいなものなんだと思う。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

屋外のモリンガ 枯渇 [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-03-30
マルベリー 花 咲く
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-03-25
モリンガ 発芽・育苗録 '19

↑ 3月25日に発芽して、元気過ぎで、室内に置いておけなくなりまして、30日、まだ寒かったけど外へ植え替えていたモリンガですが、今週の朝夕の霜かな ? 1ヶ月がんぱってたけれど、枯渇したっぽいっす。

モリンガ 枯れる.JPG
本日、とうとう葉が全部枯れ落ちました。

・・で、発芽実験は成功しているので、とりあえず、午後から屋外での発芽実験 開始してみようと思います。



一方、待望のアロエ・フェロクスですが・・
アロエ・フェロックス1年比較.JPG
昨年種20個買ったうち発芽して育っているものは1個。

今年、50個買った種は、半分は、春先に温室で発芽はしたものの、その後、液肥の影響なのか、全滅。残りは3分割して、いろいろと試してますが、もうそろそろ1ヶ月超えているから、たぶん発芽してくれない様子(汗;)。

これまで数種類のアロエを育てていますけど、一番、難しそうな予感。まだネット上でも、それ程情報も出揃っていないようなので、なんとも理由付け難い状況ありでした。

アロエ・マルロシー1年比較.JPG

実生アロエサポナリア 1年比較.JPG

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アロエ・スピカータに白紋? [うぴガーデニング]

アロエ・スピカータ 白紋01.JPG
発芽 約40日足らず。
計13個育ってます。発芽率8割以上、上出来です。

アロエ・スピカータ 白紋02.JPG
しかし1個だけ白い点がある個体がありまして、カビかと思いマクロ撮影後、拡大してみたけど、どうも紋のようみたいですか・・

種類が違うものが混じっていたのでしょうかね?

これだけ、トゲが勇ましくて鬼切丸に近い感じはあるけど・・、鬼切丸でもこれほど小さい時はトゲ出てなかったと記憶している。

もう少し大きくなったら隔離して観察してみようと思います。

しかし40日たらずで、こんなに成長してくれるとは、さすが巨大アロエの仲間、元気ハツラツ、温室様さまでした。


PS :
ちなみに昨年6月屋外で発芽した 庭実生のサポナリア・アロエは・・
庭 実生 サポナリア・アロエ 屋外越冬.JPG
透明のカップ被せた状態で、屋外で越冬してますが、殆ど成長なくて、まだ20mm以下って感じです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雑種ってなんだ?! [うぴガーデニング]

以前もちょっと掠りましたけど、未だに理解できていないので、もう一回ということで、薬効 アロエ でサーチしてると・・

"日本薬局方に記載されているアロエとは、フェロックス 及び、これとアフリカーナ、 またはスピカータとの雑種と定められている。"

という文章をよく目にしています。

この文脈は、日本の薬局方では、フェロックス は単独でも生薬としているけど、他のアロエに関しては・・

フェロックスとアフリカーナの雑種
フェロックス とスピカータの雑種

の場合だけが生薬だという文でいいんっすよね。?

なんで、そのアロエの正式名称が記載されていないのだろう?
そのあたり疑問だわ~。

文章の読み方違ってたら、・・最悪ダナ(笑;)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - うぴガーデニング ブログトップ