So-net無料ブログ作成
うぴガーデニング ブログトップ
前の30件 | -

アロエ 発芽ほぼ1年 [うぴガーデニング]

昨年の今頃、氷盛りで無理やり発芽させたフェロックスとマルロシーの生き残りです。

悲しきかな、現状、それぞれ1本ずつしか育っていませんけど、本日、葉が例の病気にかかっているのを発見。

発芽当時から病気がちなフェロックスのほうですけど、人間の水虫みたいな感じなのですが、冬の間、室内温室で育てていたときも、何度か下葉が枯れていまして・・

こちらマルロシー、やっと、それっぽくなって来てます。
アロエ・マルロシー発芽1年.JPG
なのでマルロシーとは一回りも差がある。



アロエ・フェロックス 病気に.JPG
屋外に出して紫外線に当てれば何とかなるだろうと思ってたけど、かなりやぱい。

雨は降るけど乾燥も激しい毎日でして、水切らしていると枯れそうになると言いますか、成長期なのに瘦せてゆくんですよね~。

それでも葉には直接掛からないようにしていたのですが・・、近くにモリンガ植えてたからそれの水遣りの影響だと思う。

アロエベラ、他、何種類か、もう10年近く育てていますけど、病気はあるけど、まだ枯れた事は無いので、本日、春から2度目の植え替えしてみました。

日当たりの良いところに移動させたので、何日か脱水させて様子みします。


実生・発芽1年 アロエサポナリア.JPG
サポナリアですけど、こちらも同じ頃に発芽したもので、ほぼ1年。まだ高さ3cmになってないくらいですが、手間いらずで、ずっと屋外で育ってくれてます。



★ おまけ : 新発見です。

この巨大化する2種類のアロエは、種でしか増えないと聞いてましたけど、地下茎もありそうな予感!!

サポナリアやアロエベラも、植え替えの際に、根の先っぽが、白や黄緑色になってるのが時々ありますけど、それが、この2個体にもありまして・・

地下茎で発芽してくるんですよね~。

・・期待ありっすょ。

マルロシーは1/20、フェロックスに至っては70個の種で1個の発芽ですから、現実、涙ちょちょ切れていたところ\(-o-;)/
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロベの種まき! [うぴガーデニング]

こちら N33°58′ 標高30m で瀬戸内海気候の6月です。

そろそろ梅雨入りですが、既に、雨はよく降ってます。

本日は、またまた種をば、衝動買いしちゃいまして

ロベヤシ 種蒔き 6月2日01.JPG
一昨日1日、冷蔵庫に入れてたのですが、水入れるの忘れてたので、翌日、少しだけ水を張り、再び一昼夜、冷蔵庫で冷やし

ロベヤシ 種蒔き 6月2日02.JPG
水分もしっかり浸透してるようなので、10個ほど 蒔いてます。土は、8号プラ鉢に、まさ土(少し腐葉土と鹿沼土混ぜる)です。

枯れなければ 3m位には成長するそうで・・
ワシントンヤシモドキとかは30mにもなるからね。

まぁ小型なんだと思う。


まだ発芽適温より気温が低いのですが、真夏日もそこそこあるので、意外と早く発芽してくれるかも知れないと思いつつも、最近、天候が不安定なのでシーズン中に発芽しないことも植物全般でありそうといった現状ですけど~。

なので、緊急対策で、冷蔵庫作戦!!
※何度か成功している凍り盛りも良い対策です。


数年前のこと・・
ワシントンヤシモドキの種、強風で飛ばされた枝についてたものを拾いまして、日除けのまったく無いカンカン照りの所に、2cmくらいの穴あけて蒔いてみてたのですけど、それがココのところ、15本以上発芽して成長している様子ありまして

なので、同じヤシの仲間という事で、やや期待感はあるのでしたが、フェニックスの名も付いていて、葉は比較的柔らかく、とても観葉なのでした。

おまけ : 夢で逢えたら 歌ってみた MIX


1週間か2週間か、1ヶ月か2ヶ月か、立地環境条件で簡単に左右されてしまいます。
発芽が楽しみです。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マルベリー 生りました [うぴガーデニング]

こんな小さいのにマルベリーが 沢山 実ってます。
マルベリー 生りました.JPG
でもアリンコとかにやられちゃってるので、収穫するするなら、そっくり細目ネットとかでカバーしとかないとダメそうな予感です。

そんな関係で、せいぜい1mくらいまでがちょうど良さそうっすけど、旨くカバーできると良いけどね~。


おまけ : チャコ海 DJ-MIX

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

屋外蒔き 発芽です。 [うぴガーデニング]

5月 お庭の様子 発芽編

モリンガ発芽 1週間.JPG
まずはモリンガです。屋外発芽して1週間です。温室は3日でこれくらいになってたけど、ゆっくり成長中です。他にも 25日、2個発芽してます。今度は、バッタやヨトウムシに食べられないように警戒中。


スピカータ 屋外 発芽.JPG
屋外蒔きのアロエ・スピカータもようやく次々と発芽しはじめる様子。必殺の "氷盛り" の成果だと思う。日本の暑さ、枯れ易いので涼しくなる秋までは目が離せない。何個くらい成長するか楽しみです。

アロエベラ 1個 結実.JPG
アロエ・ベラは、1個だけ結実した様子です。ベラが咲いているときはなぜか海風が強く吹いている。もしかすると風媒花の可能性あるのかも。今年こそは 種 採れると良いけど・・


土壌対策のマリーゴールドは、庭のあちこちで、いっせいに、いろんな花咲かせています。
マリーゴールド1.JPG
高さ5cmくらいになると蕾ができて1週間くらいで、かなり小さな花が咲いてる。
マリーゴールド2.JPG
ほとんど同じパターンですが、害虫対策の苦土石灰の影響で、pHがアルカリ寄り過ぎてるのかも
マリーゴールド3.JPG
花も正常なものではないと思います。・・雑草並み。
マリーゴールド4.JPG
このままでは染色体異常みたいな感じなので、薄い液肥とかで、なんとか対策してみる予定です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モリンガ 屋外 発芽です。 [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-05-04
モリンガ枯渇

↑ せっかく育っていた温室モリンガですけど、屋外に出してたら、食害されたようで、ぜんぶ枯れてしまいまして、急遽、半日日陰くらいの場所に、種蒔きをしていたのですが・・

屋外 モリンガ 発芽.JPG
本日19日発芽です。凡そ2週間くらいですね~。暑い日が続いてたので、一昨日、"必殺の氷盛り"しちゃってまして、またまた "功を奏した" みたいですかね。

液肥とか使ってたプラ鉢ですけど、腐葉土少な目のマサ土でも、屋外発芽することが、やっと確認できました。

ハダニやハモグリガ、バッタ、ヨトウムシとか庭に多くて、無農薬栽培は大変なことばかりですけど、ペットボトルでカバーして様子見してみます。

今度こそ大きく育ってくれると良いな~。


♪ おまけ : 逢いたさ見たさ病める My Mind サザンオールスターズ


弾き語ってみた。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クラッスラ 発根実験中 [うぴガーデニング]

前回は、
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-01-25
クラッスラ属 火祭り 

紹介してましたが、2月の一番寒い頃、うちのまま母、遊びに行った先の何処かの庭にあったものを、ちょん切ってきたとの事で、育てろとの指令があり、ほそぼそと発根実験してました。

クラッスラ 発根実験中(冬).JPG
ヨーグルトの小カップに、小粒鹿沼土を満杯入れ、そこに挿して、冬の間、植物育成用LED温室にいれてた。


最近まで、真っ赤のまま痩せるいっぽうで、一回り小さくなって、このまま枯れるのかなぁと思ってたのですが・・

クラッスラ 発根実験中.JPG
2週間ぼと前に外に出して、水をたっぷりと与えてたら、やっと緑かがってきて葉が開き始めました。少し大きくなってる感じです。

たぶん根が付いてきたのだとの予測。"リンゴ火祭り" の可能性あるね。 

あと2ヶ月くらいしたら、プラ鉢に植え替えてみる予定。


PS : カネノナルキは葉から発芽してたのですけど、こちらは無理みたいですかね~?!
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-07-14
日陰なので、まだ寒いのかなぁ!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マリーゴールド 'すみれ色化' [うぴガーデニング]

栄養不足なのか発芽以降、日増しにすみれ色化していった土壌改善で植えたマリーゴールドですが・・
菫色化 マリーゴールド.JPG
5月15日ついに、完全なるバイオレットカラーです。

水の遣り過ぎで毛細根が枯れはじめているのが原因だとかって聞いたけど、何本か抜いてみたけど、根は少ないもののこの時点では、まだしっかりはしていた。庭中にあって、その全部に水も毎日与えてる現状。

他のものとの大きな違いは土だけ !

マリーゴールド 山土02.JPG
他は腐葉土ですが、これは土砂崩れ現場の土です。

マリーゴールド 山土01.JPG
種飛び対策に鹿沼小粒を表面に少し蒔いてます。この土はおそらく、少しの花崗岩と、多くの石灰岩が風化してできた土だと思う。同じ山土でも、まさ土とは色や粒子が違う感じです。

腐葉土の成分をほぼ含まない、強い酸性雨の影響と、岩石の強いアルカリ成分の影響なんだと思ってるけど、詳細不明です。

mini マリーゴールド.JPG
超薄めた液肥も与えてみたけど、腐葉土のものは、急成長し、でも10cm満たないうちに花をつけ始めてて、大きくならないみたいな~、雑草クラスです(汗;)。 何が原因なんだろう。?

考えられるのは pH だけど、半日以上日陰に植え替えてみたので、しばらく放置プレイで様子見してみる。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アシタバ 植え替え [うぴガーデニング]

本日は、4枚目の葉が見えてきてたので、植え替えしてみました。なぜか室内で発芽したアシタバのほうが、大きさがぜんぜん違う。ぜんぜん発育良いですね。

夜も昼も光が当たっているからですかね、きっと・・

屋外ものは2週間以上先かな?!

アシタバ 植え替え01.JPG
しかし室内分も、発芽から双葉が開くまでに1ヶ月も掛かってまして、こんなゆっくり発芽する植物はめずらしいと思えてた。

保温が無かったからかもしれないけど、まぁ結論からいうと、植物育成用のLED24時間照明で、少しだけ早めに室内で発芽させて置くほうがお勧めという感じです。

※3~5月の瀬戸内海気候で北側の室内部屋。

アシタバ 植え替え02.JPG
気候が不安定といいますか、気候変動の真っ只中を実感せざる負えない厳しい現実なのですが、

冬は寒気が強いし、夏またずして、今、この暑さ、先が思いやられる。雨は降るときは大雨。それ以外は、植物も枯れるほどの乾期が続いてる。

紫外線は既に完全に8月のものです。原因不明ですけど発芽したアロエが全部褐色に変化してしまってる。やばいです。明日からは暫く日陰養生する予定。

しかし植物だけではない。
ここ2~3日汗ダラダラでクラクラが続いてるから、人間も、もう本格的な熱中症対策が必要だわ~。

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-04-16-1
アシタバは、来年からは室内だけに絞って、もう少し早く発芽させて、早く植え替えできるように、土作りとか水はけとか栄養とか温度も考えて、気長に取り組んでみようと思う。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キダチアロエ 育成実験再び v2 [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-02-22
キダチアロエ 育成実験再び

キダチアロエの実験も、開始して、そろそろ3ヶ月になります。見た感じ枯れる事も無く順調な様子。もちろん雨以外で水は与えていません。置いてる場所は、半日以上の日差しの良いところです。


実は、2週間くらい遅れてから思いついた 「⑤ 根も葉もない茎だけの育成実験」も遂行中でして(笑;)、茎の直径が1.5cmくらい、長さは10cmに満たないもの。

近くの別の植物の水遣りの影響で、少々はウエット気味な感じです。

木立アロエ 挿し木実験 茎のみ02.JPG
新芽は何個か出てきている様子なので、土から取り出してみました。

木立アロエ 挿し木実験 茎のみ01.JPG
根は、まだ出でいない様子ですね~。

植物は、種も含め、根が出てから茎が伸びてくるのが一般的なのですけど、アロエはこの条件には当てはまらなかったようですかね。? それとも地下部分に見えているのは、上向いてるけど根でしょうか。?

しかし、生命力あるね~。

来月には、梅雨に入りますけど、根が出るまでは、引き続き実験続けてみようと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

種蒔き & レモン発芽ですょー [うぴガーデニング]

今日は大潮ですかねー。潮位表には、夕方の干潮時に、海抜6cmまで下がると記載されてた。

明るい時間こんなに引くのは年に何回かしかないから、久々、海岸歩きに行ってみようと思う。

レモン発芽.JPG
2月にストーブの熱で発芽テストしていたレモンですけど、無理そうなので、屋外の日当たりの良い場所においていたら、昨日(04/19)、発芽していたようです。

とても力強い感じで逞しいの一言っす。

レモン 種蒔き.JPG
・・で、発芽適温が分からず、迷いつつ余らしていた分も、早速(21日朝)、種蒔きしてみた。


そもそも皮むいて、ラップでくるんで冷蔵庫で冷やしていたレモンの中の、種で、ハチミツレモンティーを作る度にスライスして取りだしてた分。

これ見る限りでは、チルド保存、ぜんぜん問題無いみたいだな~。


ミカンハモグリガにやられない様に注意して、大きく育てて、早く実を生らしてみたいです。

ここのところ雨が無いので5日くらい続けて水を与えてました。発芽適温は、15℃~25℃くらいだと思う。



5/11 PS : 暑いですね~。
ぴーかんの真夏日が続いてますけど。
レモン発芽.JPG
レモン、その後も、2個発芽してまして(もっと沢山蒔いてた筈なのですが\(-o-;)/) 計3本になりました。午前中だけ日が当たる半日日陰の場所です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アシタバ 発根~発芽 [うぴガーデニング]

本日16日は、
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-04-05
4月5日に種蒔きしていたアシタバです。

振り返ると3~4日ほど前からですけど、地下に潜っていた種1個が、少しずつ表面に出てきていまして、気のせい程度に変だなーとは思ってたのですが・・

アシタバ 発根確認.JPG
本日16日、完全に持ち上がっているようなので、ルーペで見てみると、発根が確認できました。

これって、腐葉土とかぶっ掛けておいたほうが良いのかな(汗;)?!


この間は、最低室温13℃~最高室温20℃くらいで、昨日までは寒気が強くて寒かった。

ほぼ水栽培状態でしたが、1週間くらいで発根は始まるようですかね~。
他の種も発根しているとの予測です。

発芽が楽しみ!!


PS : 21日です。
アシタバの発芽.JPG
19日くらいから発芽し始めてるのですが、今現在こんな感じです。双葉がはじけるまで相当な時間掛かるみたいですね~。こんなゆっくりなのはじめてだけど、室内は2個が発芽中。


PS : 24日です。
アシタバ24日.JPG
まだ種殻かぶったままで双葉みえないですけど、ケースの中、いっせいに発芽しはじめています。日中は室温23℃くらいあり、夜間も18℃下回らなくなりました。

PS : 25日 屋外も、発芽しはじめたみたい。
PS : 5/1
冷え込みの差か新芽は室内のが2倍以上大きいみたい。


PS : 26日 室内 LEDのみ
アシタバ 発芽 26日.JPG
相当にゆっくり成長しているって感じですよね~。発芽適温は、たぶん13~23℃くらいなんだと思う。

原産は日本らしいです。

房総半島から八丈島あたりまで自生しているということでしたが、回り海だし、八丈とは緯度は1度も違わないけど、こちらでは自生はしていない。黒潮の影響が必要なのかな?

※緯度1度は凡そ111kmの距離に相当し、凡そ1℃の気温差があると言う事でした。温暖化叫ばれているけど、平均気温2℃とは、緯度が2℃ほど南下した場所の気候になるね。アシタバ、関東以北でも作れそうな予感してる。

アシタバ 4月28日.JPG
好光性種子という事で、LEDは1w24時間点灯でやってましたが、キッチンペーパー(1w青LED)よりは、少し埋めてた(1w昼光色LED)ほうが良かったみたいってか、キッチンペーパー発根しないので諦めました。発芽には、昼光色のLEDのが良いのかも知れませんね。


5月6日 :
1日以降は、夏みたいに暑くなってきてるので、LED代もムダにならないし、日中だけ屋外に出すようにしています。
アシタバ 3つ葉.JPG
葉も双葉を超えて3枚目が開いている。来週末は、また雨くるらしいので、植え替え準備もはじめてる。植物が増えてるので水も無駄にできないですよね~。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マリーゴールド 食害です。 [うぴガーデニング]

2つのプランターに蒔いていた種ですけど・・
マリーゴールド 園芸品種.JPG
数年前のひまわりの時と同じ状況で、もうダメかしれませんが植え替えてみました。1夜2夜でほぼ全滅です。

この時期に発芽したものは、ほぼ全部、ヨトウムシや蛾の幼虫に食べられてしまう。同じマリーコールドでも食害のない種類もあるのですが、ただ綺麗なだけを求め、人の手で品種改良を繰り返したような園芸品種は、やっぱ自然の中ではダメみたいですね~。

自然界で成長する為の大切なものが欠落しているDNA。

農薬とか剤を使う手もあるですが、害虫って凶暴化して、繁殖力を強くしてゆく傾向があって、数年内に農薬の効かない害虫に変化させてしまったり、大発生させたりするようなところあるんですよね~。

もしかすると意図的にそうやって作り出された農薬なのかもしれませんけど、見せ掛けだけのね!!

トータル的に安定性のあるDNAだけを残すようにしていかないと、環境汚染や害虫の餌を作っているのとなんら替わらない現実だけだね~

害虫は、一度でも、ここは安全な餌場だと悟ると、毎夜現れて食い荒らすのも、生き物が持つ帰巣本能みたいなものなんだと思う。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

屋外のモリンガ 枯渇 [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-03-30
マルベリー 花 咲く
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-03-25
モリンガ 発芽・育苗録 '19

↑ 3月25日に発芽して、元気過ぎで、室内に置いておけなくなりまして、30日、まだ寒かったけど外へ植え替えていたモリンガですが、今週の朝夕の霜かな ? 1ヶ月がんぱってたけれど、枯渇したっぽいっす。

モリンガ 枯れる.JPG
本日、とうとう葉が全部枯れ落ちました。

・・で、発芽実験は成功しているので、とりあえず、午後から屋外での発芽実験 開始してみようと思います。



一方、待望のアロエ・フェロクスですが・・
アロエ・フェロックス1年比較.JPG
昨年種20個買ったうち発芽して育っているものは1個。

今年、50個買った種は、半分は、春先に温室で発芽はしたものの、その後、液肥の影響なのか、全滅。残りは3分割して、いろいろと試してますが、もうそろそろ1ヶ月超えているから、たぶん発芽してくれない様子(汗;)。

これまで数種類のアロエを育てていますけど、一番、難しそうな予感。まだネット上でも、それ程情報も出揃っていないようなので、なんとも理由付け難い状況ありでした。

アロエ・マルロシー1年比較.JPG

実生アロエサポナリア 1年比較.JPG

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アロエ・スピカータに白紋? [うぴガーデニング]

アロエ・スピカータ 白紋01.JPG
発芽 約40日足らず。
計13個育ってます。発芽率8割以上、上出来です。

アロエ・スピカータ 白紋02.JPG
しかし1個だけ白い点がある個体がありまして、カビかと思いマクロ撮影後、拡大してみたけど、どうも紋のようみたいですか・・

種類が違うものが混じっていたのでしょうかね?

これだけ、トゲが勇ましくて鬼切丸に近い感じはあるけど・・、鬼切丸でもこれほど小さい時はトゲ出てなかったと記憶している。

もう少し大きくなったら隔離して観察してみようと思います。

しかし40日たらずで、こんなに成長してくれるとは、さすが巨大アロエの仲間、元気ハツラツ、温室様さまでした。


PS :
ちなみに昨年6月屋外で発芽した 庭実生のサポナリア・アロエは・・
庭 実生 サポナリア・アロエ 屋外越冬.JPG
透明のカップ被せた状態で、屋外で越冬してますが、殆ど成長なくて、まだ20mm以下って感じです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雑種ってなんだ?! [うぴガーデニング]

以前もちょっと掠りましたけど、未だに理解できていないので、もう一回ということで、薬効 アロエ でサーチしてると・・

"日本薬局方に記載されているアロエとは、フェロックス 及び、これとアフリカーナ、 またはスピカータとの雑種と定められている。"

という文章をよく目にしています。

この文脈は、日本の薬局方では、フェロックス は単独でも生薬としているけど、他のアロエに関しては・・

フェロックスとアフリカーナの雑種
フェロックス とスピカータの雑種

の場合だけが生薬だという文でいいんっすよね。?

なんで、そのアロエの正式名称が記載されていないのだろう?
そのあたり疑問だわ~。

文章の読み方違ってたら、・・最悪ダナ(笑;)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アロエ スピカータですけど [うぴガーデニング]

アロエ 発芽・育苗録 '19春
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-03-09

3月21日に発芽していたスピカータですけど、ずっーと倒れたままで育っていたのですけど、ここ1週間くらいで、やっと立ち揃った感じ。

スピカータ発芽.JPG
温室なのに、それらしくなるのに1ヶ月近くも掛かってる。

・・鹿沼の小粒かね?! 発芽専用の土(園芸用培養土とか)のが何かと楽そうな予測出来てきたわ~

それから水抜きの無いカップはヤバイね(汗;)

今現在、カビはないみたいですが、見ての通り、青藻みたいなのが大量発生しつつあり大変。

色つきのLEDは、見え難いし、水分量の調整が難しくてツイツイやり過ぎに~(爆;)。

あと、なぜか分からないけど、葉先が褐色に変色しつつある芽が何本かあるようなので、フタを二重にして、下限温度を0.5℃上げてみてる。Max25℃(差2.5℃)です。


青藻にしても、液肥負けの可能性高い。

まだスピカータやマルロシーは耐性ありそうだけど、フェロックスのほうは枯れてしまってるみたいで、発芽もしないという最悪の結果・・

近く "種" 買い直して、5月入ったら、屋外発芽実験再開してみる予定にしてる。

今年は、氷とか無しで普通に~(汗;)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

公園 桜 満開ぃーす。 [うぴガーデニング]

土曜日の朝は3部咲きだったのにね、本日の午後はほぼ満開です。

公園 桜 満開 4月7日.JPG
暖冬の年は花が遅い、満開にならない、派手に咲かないなんて言われてるけど、今年もぼんやりしているんだろうかと思いきや、寒の戻り後、温かさがハンパないです。

今、TシャツでOKです。

その影響か、1日でこんなに咲くのをはじめてみた。

冬~春と変な気候ですよね。

これで、また雨・嵐みたいのがきたら、明日、見ごろも、もう終わってるんでしょうね(汗;)。

本来ならゆっくり暖かくなってゆく春だから、ゆっくり楽しめるんでしようけど、花の命は短いという短詩の意味も、こういう現実をみていると、よりいっそう分かる気がするね~。


全国に点在するサクラ(ソメイヨシノ)は、挿し木による同一DNAだって以前ブログにしてたことあるけど、実は八重みたいなものやその中間種、ピンクの濃いもの、花びらの大きさなど、地域差・立地差変異以外に、何種類かが、あるのではないかと今思ってるのですが、出所も1箇所ではないのかもしれませんし・・

で、一般的な咲き方ですけど、条件が極端に変わらなければ、枝振りのしっかりした幹の太いものから順番に咲いてゆくはず。なので下から上に咲いているように見える分けですよね~。

暖かいのは良いとこだけど、今年みたいに一気にくると、そんな事も分からねぇわ~(笑;)。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マリーゴールド 室内 発芽実験 [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-03-24
↑ 3/24 種まき風景です。

マリーゴールドの発芽適温は10℃~20℃で、15℃くらいを維持していれば発芽するというような内容だったので、それじゃ「室内で今ちょうど良いんじゃないかい?!」という事で、3/24分とは別ですが、今月入ってから新しく蒔いた種を使って家の内・外で実験していました。

マリーゴールド 室内 発芽実験.JPG
玄関、最高室温16℃~夜間最低13℃くらいの環境です。

夜間は冷え込みと乾燥対策でアクリルのフタをして、5日目で発芽した。屋外よりは1日早かったけど、やっぱ芽が小さい上に、ひ弱な感じですね~。

本日からは、日中だけ、外に出して直射日光に当てます。

あまり温度が高くなくても、十分発芽することが分かった1日だった。



4/9ps : 屋外分で種蒔きから9日目です。
家外 マリーゴールド4月9日.JPG
フレンチ系の種ですが、ほぼ出揃った感じで、まだ夜間は寒いみたいですけど、屋外のが遥かに元気。太陽の紫外線が必要なのだと言う事だと思う。

アフリカン系マリーゴールド.JPG
こちらはアフリカン系ですけど、一般的な大きさの発芽新芽よりも、更に5倍くらいある巨大なのが1本だけ育ってる。バイオクラスだね~、しかし1本だけ何の影響だろう?!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アシタバ 種蒔き準備完了!! [うぴガーデニング]

先日くらいから公園の桜がやっと咲き始めてて、今朝は3部咲きくらい。

マリーゴールドも屋外は次々と発芽している様子で、近頃の植物の中では、"雑草並みの元気"?!


本日はといいますと、過去何度も失敗していた アシタバの種蒔き。

室内の気温は、早朝12℃~夕方18℃くらい。庭は予想ですけど早朝7℃~日中21℃くらい。

アシタバ 種蒔き準備_001.JPG
種、一昼夜水に浸けておきました。

アシタバ 種蒔き準備_002.JPG
今回は、カップ焼きソバの入れ物再利用で、2つ同じものを作り、土は、赤玉土と腐葉土を半々で、微量、醗酵鶏糞も混ぜました。

そこに10個ずつくらい種を蒔き、風対策で、表層に小粒鹿沼を1~2mmくらいかけています。

アシタバ 室内_001.JPG
もう1個は、アロエ用で余っていた POWER LED 1w 紫外線(青)で照らす感じで、室内にセットしました。使ってるPC部屋は、とても寒いので、ちょうど良い温度だと思う。


4月5日 8時スタート。
秋は2ヶ月くらいかかる事があるそうですが、ネットデーターでは今!!
15℃±5℃の範囲が発芽適温みたいなので、早く発芽してくれるように毎朝、表面スプレーしてみます。

じゃまた(#^.^#)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アロエ 発芽・育苗録 '19春 ver2 [うぴガーデニング]

アロエ 発芽・育苗録 '19春
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-03-09
の続きです。

アロエ・マルロシー(鬼切丸).JPG
3月5日に種蒔きしていたアロエ・マルロシー(鬼切丸)です。
ほぼ一ヶ月経過ですけど、2枚めの葉がみえてきました。

そしてずっと不通だったアロエ・フェロックスはかなり元気そうに1個発芽してくれてる。ほぼ諦めてたので、全滅はしていなかった事に感謝。

それがー、暖かい日が続いてるのに、やはり発芽してくれない日が長くて、ここ3~4日育苗箱のフタを開けたままにしていたのですが、その後、寒の戻りで、今週は、2月初旬並に冷えこんでまして、設定温度を25.5℃まで上げていました。※24.5℃がこれまでの最高値なので、+1℃です。

それでも育苗箱内は、26℃くらいまでしか上昇しなかったから、相当な冷え込み・・
冷え込みが必要なのか? 乾燥が必要なのか?

マルロシーとフェロックス比較.JPG
発芽10ヶ月超えたマルロシーとフェロックスの比較

・・同じ環境でも、2~3倍くらいの成長差が出ている。

マルロシー(鬼切丸)やスピカータやサポナリアは、20℃~25℃くらいで余裕で発芽・成長するけど、フェロックスは、もう少し高い温度が必要そうカナ?!

アロエは好光性種子ですけど、フェロックスは(5mmほど) 埋めといたほうが良いのかもですね~。

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-03-05
最近のハイテクモジュール(まぁ見た目はポンコツアナログって感じの出来ではあるけどね(汗;)。)を駆使すると、家庭でも簡単に温度管理が出来そうなのですけど、発芽適温に5℃くらいの温度変化の幅があったほうが良いのか、それとも22.5℃とかの固定温度のが良いのか、植物には、どちらが良いのかは、まだ分からないのですが・・

「1ヶ月超えても発芽しないぞ」という今回の件からは、温・湿度管理とか、やや神経質にしたほうが良いような思いはできあがった。

100均の温湿度計.JPG
↑ そんな人が使ってる百均の温湿度計。中々イケてるべ(笑;)。


あとは、植物育成用LED様々ですけど・・
たった6wでも雑菌の繁殖が抑えられているようなのと、背中のアルミ板の熱で、育苗箱内の温度変化が緩やかになるので、熱源の電気代も節約できるので、かなり有用な感じですね~。



4月6日 PS : 予想ですけど、発芽しない理由は液肥が原因なのかも。
一度でも液肥で使った水差しで、水を与えるとフェロックスは発芽しないか、或は、・・率がかなり悪くなるという可能性あるのかも。ある程度大きくなったフェロックスに、2000倍とかに薄めた液肥を与えると成長が止まってしまう感じもあるような、無いような?! 微妙です。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マルベリー 花 咲く [うぴガーデニング]

マルベリーの元株 花.JPG
これ、マルベリーの花です。3月の中旬から咲いてます。

よーく見ていると、明らかに実の生る普通のマルベリーの花とは違ってるんですよね~。

実は、零れ種から育った苗で、たぶん雄花か或いは別種だと思うのですが、現在、詳細不明のまま。

大きな葉は、ログワの葉に似いてるけど、耐寒性はこちらのがかなり在りそうなので、ヤマグワかな? なんて無限に広がる可能性(汗;)

マルベリー 雄花!.JPG
拡大 SAMPLE フォトです。



Ps : モリンガは、とうとう外に植え替えた。毎日2cmくらい大きくなるからスゴイ。

一方、アロエは、スピカータは発芽率も良く順調ですけど、フェロックスの種は、10個ずつくらいチャレンジしているけど、3月のはじめに発芽して、直後に枯れてしまってからというもの、発芽しないことが続いていて、まだ1個も育ってないです。

油断しているとケース内温度28℃超えてたりするシーズンですけど、高温多湿という分けでもないし、温度調整の難しいシーズンみたいで、ここのところは、発泡スチロールのカバー取ったままです。

この時期、育苗BOXでダメなら、何か別の奥の手、考えないといけなさそうだわさ~。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桜の花の咲く頃に~ [うぴガーデニング]

春分もお彼岸も終えて、最近、温かくなってきましたよね~。午後の紫外線とか、既にかなりキツメで~


日当たりや肥料などに関わらず、植物の育ちが極端に良くない場所が庭に何ヶ所かあるのですが、・・考えてたのですが、過去に、4~5年間、ゴーヤを育ててたことがあるんですょー。

大きくならなくなったのでやめたのですが・・

どうもセンチュウによる土壌汚染が進んでいる為ではないかと行き着いてまして~

改良策はないものかと模索していたところ、このマリーゴールドが良いというお話を聞きまして、ただ効果絶大なものや、あまりそうでないものがあるのだとか。

アフリカン・マリーゴールド.JPG
まぁ結局は、安価で、入手し易いものでないと試す事もできないので、適当に小さめで少なめの花で、細めの葉を目安に探してきました。

フレンチ(赤)系 マリーゴールド01.JPG
レモン色とレッドの2種です。育っている間もそうですけど花が終わった後も、捨てずに、根や茎や葉を乾燥させて、粉々にして土壌に混ぜておくと良いとか、アリ対策にもなるとか、いろいろです。


マリーゴールドは、大分して、アフリカン系(花も大きく丈1mくらいになるとか)とフレンチ系(花はやや小さく、丈は50cm以下で土壌浄化に役立つとか)があるということで、育て方も多少異なるらしく、サーチの結果は名前も分からないものも多くて、色、形など無数に存在している様子で(汗:)、とりあえず、産むが易し?!で、種蒔き先行です(爆;)。

害虫が多くなるので、基本、綺麗な花は咲かせた事のない庭なのですけど、今年は、かんばってみようと思います。

桜の花の咲く頃に、種蒔きをという事で~
じゃ(#^.^#)


PS : 28日 何個か発芽したみたいです。
マリーゴールド発芽です。.JPG
4日です。まだ桜は開花してないです。日当たりの良い部分だけ数個なので、まだ寒いようですかね~。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モリンガ 発芽・育苗録 '19 [うぴガーデニング]

3月15日(夕方) 種蒔き モリンガ・オレイフェラ 発芽・育苗録です。

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-03-09
↑ 発芽当初 ↑

モリンガ発芽.JPG
3月23日(八日目) 4個のうち1個が発芽した様子。翌日には更に1個が発芽しました。

モリンガ発芽 2日.JPG
3月25日(10日目) たった2日で 6cmになり、透明のカバーを押し上げていたので取り外した。葉も見えてきてます。成長が早そうな予感(汗;)。育苗BOXの高さが低いので、まだ外は寒いし、何日持つか、ヤバイ状況です。

モリンガ 発芽3日め.JPG
3月26日(11日目) たった3日で 8cmくらいになり、葉も沢山開いてきました。
更に1個発芽してたので残るは1個。育苗BOXの中であと半月イケれば、外の気温も落ち着いてきそうですけどね、無理っぽいかな~、対策せねば・・

モリンガ 発芽5日め.JPG
3月29日(14日目) 発芽5日超えた頃ですが、今10cmくらい。LEDの発熱けっこうスゴイ(室温3~4℃くらい上げてる感じ)から育苗BOXから出さないとイケなくなったけど、ヤバイ、どうしよう~(汗;) 桜も開花してないけど、外出して大丈夫かな ? 寒さに耐えたとしても速攻でミカンハモグリガの餌食になりそうな予感ある。


続く~

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アロエ 発芽・育苗録 '19春 [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-03-05
↑ 3月5日に電気座布団使用の育苗BOXがほぼ完成しました。一昨年の残り種ですが、フェロックスとマルロシーを蒔いてみてる。あと昨年、庭・実生のサポナリアの種も・・

アロエ発根.JPG
↑ 4日目くらい。マルロシーから透明の触手のようなのが出ていて、徐々に伸びつつ白っぽくなってきてるので、たぶん発根だと思うけど、現実、ゴミと間違えるくらい、かなりゆっくり過ぎの成長で、適温かどうかなどやや疑問続いてる・・

サポナリア発芽.JPG
↑ 6日目 アロエ・サポナリア 発芽確認。こちらの方は3/2日ストーブ前にセットしていたものだから、正確には種蒔きからは9日です。いろいろ漁ってみた結果は、アロエはサボテン同様、発芽には早くて10日前後かかるのが普通ということでした。結構、遅いらしいわ!!。

フェロックス発芽.JPG
8日経過です。
フェロックスとマルロシーも何個も発芽してきてる。ケース内の温度が低い為だと思うけどカバーの結露で光量不足気味の様子ある。LEDは紫外線入りなので輝かせていればカビ汚染対策にも効果ありそう。銀色の断熱シートで内装仕上げしてみようと思う。


3月15日、モリンガ・オレイフェラの種貰ってきたので、早速、ケースの中に仕込んでみました。銀杏に近いくらい思ったより大きい種でしたけど、お茶のレパートリー増えれば良いけど、これから楽しみっす。
モリンガ発芽.JPG
8日目、モリンガ4個のうち1個が発芽した様子です。温度はちょうど良さそうかな?! エリンギの発泡ケース いけてそう。

アロエ・スピカータ 発芽.JPG
3/21 PS : スピカータです。大型アロエの割には、かなり小さい種なんですけど、種蒔きから6日で元気に一斉発芽です。スーパーで売ってるエリンギの発泡ケースの保温力の成果だと思う。

発芽しかけていたフェロックスはなぜか(冷え込み?で)ストップしてしまって、現在、このスピカータとマルロシーしか育っていない現状です。枯渇してなければ良いんだけど・・




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

タンジー発芽記録 '19春 [うぴガーデニング]

暖冬と強い寒気の影響かどうかは不明ですけど、今年の春は庭の某所でタンジーの発芽がみられてます。

南向きの日当たりの良い屋外。
タンジー発芽1週間くらい.JPG
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-12-22
↑ 年末に、かなり多くの、2~300個くらいかな? 蒔いてたけど、ここの所の雨続きで発芽したみたい。まだ1週間未満です。プラ鉢の中で他にも何個か発芽しているみたいです。日中は20℃越えてそうだけど、夜間はまだ7~8℃だと思う。

タンジー発芽1ヶ月くらい.JPG
これで発芽1ヶ月未満くらい。雨が2~3日続くと、プラ鉢の南側の淵とか、日陰になるけど間接的に温まってそうな場所で良く発芽している。

タンジー発芽 50日目くらい.JPG
前回貼り付けていた画はマメカミレツの可能性高い事が分かりまして貼り替えーmm。・・で、2枚目の画から凡そ2週間経過です。まだ少しタンジーだとは分かり難いですよね~。

タンジー発芽 4月7日.JPG・・で、更に16日経過です。暖かくなったせいか成長がとても早くなってきた。発芽直後、日中の紫外線で枯れて消えてなくなる事多いけど、まだ直射日光はキツそうです。

タンジー発芽5ヶ月くらい.JPG
庭の片隅の半日日陰で、昨年の秋に発芽していたもの。
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-12-11
↑ 発芽4ヶ月くらいです。2つあったけど1つは害虫に食べられて無くなったみたい(汗;)。小さいうちは食害が酷いです。ハモグリガは黄緑色が好きみたいで新葉に幼虫を寄生させて根こそぎ枯らしてしまうようですよね~。

タンジー地下茎から新芽.JPGこれは地下茎で増えた新芽。ここ2ヶ月くらいで大きくなったもの。根はまだ付いて無いかも知れないので、もう少し暖かくなって成長が早くなったら切り離して別植えします。

防虫効果については、無さそ~で、ありそ~で、近年、害虫被害は減った感はあるものの、まぁいろいろやってるので、タンジーが原因かというと確かなことは言えない現状。

活力が出るのか活性するのかは分からないけど、タンジーよりも、苦土石灰のがお勧めだと思う今日この頃でした(汗;)。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

植物育成LEDで発芽・育苗 [うぴガーデニング]

発芽は、ずっと失敗続きだったので・・
植物育成用LED 赤紫01.JPG
今回は、有り合わせの材料で、発芽・育苗BOX を作ってみました。
植物育成用LED 赤紫02.JPG
50cm角ほどの網籠に、断熱材を敷いて、その上に40wの電気座布団を置き、百均のワイヤーネットを2枚合わせたサポートフレームを作り、種のケースを置き、上部にLEDを固定、リンゴの発泡スチロール箱をカバーにしています。

温度調節と、温度スイッチは、市販のモジュール使って作ります。LEDは、今回、赤紫の 1w PowerLED を6個使うことにした。赤と青だとVf 電圧が異なるのでめんどくさくなるから・・(汗;)。完成したら成長具合も比較してみる予定だ。


植物育成LED コントロール回路図(トランジスタ)01.png
回路図はこんな感じ。
※これから作成予定なので変更あるかもしれません。旨く動作するかまだ不明。

自然に近い12時間昼で12時間夜って感じを想定して考えてみたけど、数十MΩの半固定抵抗は一般市場にはないし、コンデンサーも普通100~500μFくらいなものだから、そのあたりは現実的に解決しようと思う。

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-04-13
★ タイマーIC 555 点滅回路 演算スクリプト

なので演算結果としては、デューティ比50%で約12分間ONタイムで、次の約12分間OFFタイムを1サイクルとして繰り返す事になる。

※OFFタイムはRbの抵抗値を大きくすれば短縮きるので2~3分に設定しておく、LEDの冷却時間の確保、電気代の節約、植物への程よいストレス、カビ対策などの主な目的~


前回は、人感センサーを使って1時間点灯させていたのですが、思いの他、成長が良かったのですが緑コケみたいなのが大発生するので、555ICのが良いのではないかと思って、お試しに~


植物育成LED PWMコントロール回路図02.png
PS : 回路図訂正。まだ不備があるかも知れませんが、タイマーICを2個使ってみました。明るさコントロールのVRは2kΩ以上が無難かも(CMOSタイプの場合は低過ぎると発振で焼き飛ぶICがあった。たぶん100kΩとかが必要そうな予感。) なおVRの大きさがあっていないとスムーズなコンロールが出来ないようですよね。?!

PS : 明るさコントロールですが、ラグがあるので、VRのスタート位置を合わす為に半固定低抵抗を併用してみてる。555の定格超えない範囲で、並列に繋いでAカーブ気味にしてます。また3番からMOSFETへの配線にも10k~100kΩとかの抵抗が必要そうに思う。OFF時に消費電流が400mAくらい流れている事があるので回路チェックには電流測定が必要で、最小限(出来れば0mA近く)まで抑えられると良いけど・・。なおCMOSタイプの555は、回路の組み方に互換性はあるものの、VRに大きな差があり、定格が倍以上異なるので、同じ回路で使用しないほうが良いみたいです。

※VR0付近で焼き付き起こし易いみたいで、テスト中に何個もIC破損しています。周波数とかの関係がまだ良く理解できなくて、今のところ、トランンジスタ制御のほうが無難でしたm(汗;)m。それでもICが焼き飛ぶようならば、電源を負荷回路と直列に配置してみる予定です。




あとヒーターに関してですが、うちで使わなくなった電気座布団の再利用です。内臓のサーモスイッチだけでは安心してられないので、温度ON/OFFスイッチモジュールを使って制御してみます。
温度スイッチモジュール.JPG
・・カッチャイマシタヨー


その後のPS :
このスイッチの機能で、土の表面の設定温度21~24.3℃の範囲で良好に作動中です。切れた後も余熱で、1日1~2回夕方ですが、3.0℃近くは上昇してる事がある状況。25℃超える時間が長くなると発芽率が低下傾向。

アロエは2~3日で発根が確認できた。サルスベリも2~3日でいっせいに発芽してる。電気カーペのサーモは、カーペ表面51.5℃で作動している様子あるので土が薄い場合は何か底に充てておく必要あるかも(40wはPOWERあり過ぎなので30wくらいにコントロールしておくと温度管理が少し易しくなる傾向)。ケース内の温度は16~28℃くらいで、部屋は10℃~18℃くらい。種が高温高湿だと休眠状態に陥ったり、枯渇するらしいので 注意っす。

※保温力が高いせいか、3月は、OFF時間が長く、ON時間は凡そ15分で1日4回前後、電気代もLED併せても、40~50円/月くらいだと思う。

回路は、もっか製作テスト中。
続く
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ストーブの熱でレモン発芽? [うぴガーデニング]

今日も1日中、雨です。自室の室温は現在 11.5℃です。
朝と同じ温度。
日中は13℃くらいあった。

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-03-02
先日のストーブ熱で発芽するのかという試みですけど・・

大風邪ひいて死にそうになってからというもの、冬の3ヶ月間は、桑の葉+アロエの自作ブレンド・ハチミツレモン茶をずっと飲んでいるので、必然的にレモンの種が増えます。

それをヨーグルトのカップへ腐葉土を少し敷いた上にぱらぱら蒔いて水をやって、ストーブの熱で芽が出るか試してみた。

ストーブで レモン 発芽.JPG
2日目ですが1個だけ発根してました。こちらの室温は夜5時間くらいは13℃くらい、日中は18~20℃くらいです。かまぼこ板とカップの底の間は30℃くらいだった。



★ おまけ :
先日の桐灰貼るは、発芽用としては、断熱が難しいそうなので一晩でNGな事がわかったので、ホット カーペでやる事になったので早速テスト開始です。

まずは、何℃まで上がるかですけど、フルパワーではサーモスイッチが効いていて27℃超えない感じです。

24時間付けっぱなしで、電気代 1ヶ月 600円くらいですかね?!
ホットカーペ 温度調整.JPG
例の改造コントローラーですが、現在、少し絞っているので、一応 20~30wくらいだとの予測ですが、30分くらいで24.5℃になりました。何時間か経過後も変化無いので定常状態みたいです。あとこの電力ではサーモスイッチは働かないみたい。

・・当たり前か(汗;)?!

ホットカーペ 温度テスト.JPG
・・温度調節(下げ)は可能みたいなので、とりあえず、このシート用の植物育成用のLEDケース作って、断熱シート施工でなんとかしてみる予定。
また後ほど
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

室内 アロエ 庭実生 種まき [うぴガーデニング]

月末の28日は、庭でウグイスの初鳴きが聞けてたのですが、雨来るとまた冷え込んでますね~。今年の冬も不安定な天気でしたよね。


https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-07-26
夏、紹介していた↑ 庭で採れたサポナリアの種ですけど、桃かりんごか忘れたけど、ちょうど良い入れ物あったので、室内で発芽しないかチャレンジすることにしてみた。

シャボンアロエ 庭実生 種まき1.JPG
腐葉土入れて、水たっぷり・・、こんな感じです。

シャボンアロエ 庭実生 種まき2.JPG
日中は、ストーブの前の特等席。夜間は、ホットプレートが間に合わないので、結構、値もはるんだけど、本日は、「桐灰貼る」を下に貼り付けてみてる。

で、更に
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2019-01-21
↑ 1月21日に蒔いて植物育成LEDのケースに入れてたアロエ鬼切丸、他の種は、やっぱまだ発芽してくれる気配ないみたいなので・・
アロエ 種まき3.JPG
こちらにも夜間、桐灰貼るを底に貼り付けてみることにした。まだ2時間ほどですけど、ケース内温度 5℃くらい上げてくれてる感じある。


これでダメなら、衣装ケースに入れて、
ホットカーペ.JPG
ネコか犬用か分からないけど、ホットカーペみたいなのでやってみることにしてる。

40wもあるので、以前こちらの電子工作のコーナーで作ってたハンダゴテの電力コントローラーを使って温度調節してみるつもりです。
詳しくは 
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-03-26




PS おまけ : 先日、40w蛍光灯が突然切れまして、ついにうちも、LEDの蛍光灯やってきた。k6000の昼光色です。
40w 昼光色 蛍光灯かってみた。.JPG
工事ってのか、グロー球の配線を外して、安定器も取り外して、片ピンどうしを直結しました。

19wらしいけど、以前と比べて、明るさは同じくらいですけど、LEDならばもう少し明るく輝いてほしい感じはあるものの、まぁでも実用には問題なさそう。

しかしビックリするほど安かったので、製品寿命も気になってまして、計算では3年~5年くらいなので、いつ消えるのか、ここに記録残しておく事にします。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キダチアロエ 育成実験再び [うぴガーデニング]

https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-08-08
↑ 前回は、地上部をカットしたアロエをペットボトルに挿しただけの状態で、発根するのかの実験で、生命力の強さを実感することに成功しましたけど、今回は、新たに 4タイプ試してみようと思いついてまして・・

キダチアロエ_先っぽカット.JPG
① 葉先が少しだけあるだけの茎の発根

キダチアロエ_カット茎.JPG
② 葉が少しある中間茎の発根

キダチアロエ_カット小株.JPG
③ 子吹きカット苗の発根


④ 根はあるけど葉のないアロエの育成実験
↑ こちらは、準備不足でまた今度というに・・mm

以上です。

アロエ実験開始2月22日.JPG
予想としては、これからのシーズンなので、3ヶ月~半年くらいで結果が出せるのではないかと思ってます。




PS : 昨年の夏に紹介していた根腐れで枯れたアロエ不夜城の残骸ですが・・
https://petamun.blog.so-net.ne.jp/2018-07-16

根腐れ不夜城 復活.JPG
腐った部分をこさぎ捨てて、ほんの先っぽ部だけの硬い部分を土に挿していたのですが、成長もないけど枯れる気配もないので、先日、土から抜いてみたら、なんと!! 根がそこそこ出ていました。これで7ヶ月です。

春の予感!!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬のシャボンアロエ [うぴガーデニング]

庭の庇下で越冬中のシャボンアロエです。
冬は、気温の低下とともに、葉色がセピア系になり、霜降り紋が目立ってきます。

シャボンアロエ0.JPG
今年は、暖冬の影響と降雨も多くて、既にこの時期、多肉葉がプリプリに太ってる。

シャボンアロエ1.JPG
先日、葉が割れてしまってるものを発見(汗;)。
原因は多雨による水分の摂り過ぎ。風を伴うと庇下でも雨があたるので、特に温かい年の冬から、~初夏までは割れ易くなる現状。

シャボンアロエ2.JPG
このアロエは、褐色のほうがアロエ感あって綺麗ですけどね~。これから温かくなるにつれて緑色の夏葉に変わってゆく。

※育て方
気温、気候があっていれば、炎天下、乾燥状態などの悪条件下でも、古い葉を枯らしつつ、その栄養で新しい葉を成長させる事ができるみたいなので、まず枯れることは希そう。

他の身近なアロエもそうですが、晩秋と猛暑の入口で1~2回、ジョウゴで十分な液肥水を与えておくと1年間、元気で綺麗に育ってくれます。適温は10~30℃くらいだと思う。

うちは、山の土とかベースに使って、赤玉土少しと醗酵肥料少しと腐葉土少し混ぜて水はけの良い土を作る。これだと浸透性と保水力の両方を兼ね備えられる。成長が悪い場合は環境を変えるか1~3年に一回は連鎖障害対策で土を入れ替えると良いみたいでしたけど、冬でも緑色のままの個体もあるんですけど、過酷に育ててると冬季、綺麗な褐色になってくれるみたいだった。

注意点
基本、水は雨以外はほぼ与えない、夏と冬は特に水遣り厳禁です。
キダチやベラと比べると少しだけど薬効も含まれるらしいです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - うぴガーデニング ブログトップ