So-net無料ブログ作成

ZOOM-MRS HDD交換 補足 [♪うぴうぴ演奏会]

結構しつこくやってきましたけど・・m(汗;)m、今回は、パーテーションも何もないHDDをMRS-1266に取り付けてみました。

ホムペからDLしたアップデートファイルを解凍して、焼いたアップデートCD-Rをセットして、起動させると・・

アップデートかRECOVERYかを選択できるのですが、RECOVERYを選択すると、パーテーションを再構築してくれます。
MRS-1266 RECOVERY.JPG
時間は、1~2分もかかりません。


まだシステム関連のファイルは何もコピーされていませんから、MTRとしての使用はできませんが、もう一度、再起動して、
MRS-1266 VER-UP.JPG
今度はアップデートをしてやると、必要なファイルがコピーされて使用開始できるみたいです。


サポートも販売も終っている機種なので、全て自己責任でやらないといけないけど、HDDの容量を増やすには、現状では、パーテーション&データー消失対策も必要そうなので、それら注意事項として、過去ログにいろいろと分けの分からない事ばかり書き連ねてますので、お暇な方は読んでみてください(笑;)。


訂正 : ZOOM-MRS の容量拡張
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-10-10
故障 MRS-1266 の続き
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-10-02
MRS-1608 軽量化
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-09-15
HDD故障 MRS-1266を修理してみた
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-09-09


きずいた事としては、メーカーホムペのアップデートファイルですけど、win7、8、10では、cab形式のexeファイル互換性の問題で正常に作れないみたい。  w7では、Xp互換モードで解凍すればなんとかなりそうですが、FAC領域ルートにある SYSTEM.ZEX が無くなると、HDDメンテ関連のメニューが出なくなるみたいですね。 スキャンディスクとかもできなくなるので、結構、致命的だけど、MTR本来の機能には、特に影響無さそうですかね。?!

付属の リカバリCD-ROM があれば完全復旧できるのかもっていう期待感はあるけど、無理な可能性も無くない。

たぶん、妙にHDDにいじっていると、「消失データーがある際に取り出せなくなるので・・」 と言う事もあっての事だとは思うのだけど、・・定かではないけど個人的な実感でした。 メーカーサイドでDL出来ないのはヤバイな。

スキルのある方は、MiniTool Power Data Recovery(free) お勧めです。 正常に動いてた時代のFAC領域ルートにある数十KBの システムファイルが取り出せればメンテナンスメニューを復活させられるはず。


♪ おまけ : MTRテストで即興ライブ

・・と、言うことで本体とACアダプターさえあれば、このMRSシリーズの機種、今でも、何とか動かす事は出来るしHDDも実用的に160GBとか250GBに拡張できるぞと言う結論に達しています。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

訂正 : ZOOM-MRS の容量拡張 [♪うぴうぴ演奏会]

ココのところ取り掛かっていた件ですけど・・

故障 MRS-1266 の続き
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-10-02
MRS-1608 軽量化
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-09-15
HDD故障 MRS-1266を修理してみた
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-09-09
関 連 記 事 まとめです。

HDD領域をもっと大きく拡張できないかと試案していたのですが、出来たのでご報告いたします。機種は 1266 と 1608 です。

オプションのUIB02経由で、PCにUSB接続すると、MRS-USR(FAT32) : プロジェクトを置くユーザー領域と、MRS-FAC(FAT16) : システムファイルがあるパーテーションの2つの領域がある。


★☆ いろんな区画パターンを試してみた結果
ZOOM MRS パーテーション.png
MRS-USR と MRS-FAC の2つの領域があり、FAC の中にシステムファイルがありさえすれば、アップデートやリカバリも出来るようですね。 USR領域にファイルが無いのでプロジェクトの起動はしないのですけど、それ以外はOk。

MRS1266アップデート完了.JPG
アップデートファイルを焼いたCD-Rをセットして、アップデートすると、再起動後に普通に使えてた。DONEと表示されると無事完了です。

WIN上では、FAT32の容量制限があるので、開くとスキャンディスクが反応したりしますが、セクタ相違問題に干渉すると、パーテーション境界が壊されて、データー消失してしまうので、触らぬ神に祟り無しみたいですね。 XP以降は、しなくてもヤバイか・・ 

128GB超えokでしたので、最大制限は不明ですが、500GBくらいいけそうな予感もある。

データー消失対策として、MRS-USR の前側にもパーテーションを1個試しに作ってみたのですが、どうもこのシステムは、先頭のパーテーションにアップデートファイルをインストールする決まりのようで、過去のプロジェクトがロード出来なくなってるんです(汗;)。

プロジェクトフォルダには、3桁の番号が割振られているので、それらを、新しい領域にコピーしてやるとロード出来き無い分けではないのですが・・

・・なので、MRSは、この2つのパーテーションの順番を変えると正常に機能しなくなることがある。今回、MiniTool Partition Wizard(FREE) でパーテーションの作成してます。 

データー保護の観点からは、PCみたいに、普通に出来ないのかという疑問はあるよな。


それから、USR領域は、デフォルトではプライマリ領域でしたが、ロジカル領域でもイケるのではないかと試したところ(拡張理論領域) ok でした。 先日、NTFSで作りなおしてみたけど、システムエラーで無理そうでしたので、GTPもNGだと思う。

要は、システムファイルが何も無い状態から、CDドライブからのアップデートできないと、HDDがお釈迦になった際に、自分で復旧させられないよね。? 特に、ハードに疎い人々は、要メーカー修理ですけど、これも試してみた。

適当に2つのパーテーションだけ作って、ファイルは何も無い状態で、スイッチを入れるとやはりエラー出てたけど、CDドライブにアップデートファイルをセットして起動させると、1回目はエラー停止。再起動してRECOVERYでENTER押すと、フォーマットできたみたいで・・、壊れ易いパーテーションの作り方だけど、復元能力はあるみたいですね~。
MRS-1266 HDD交換.png
UIB02経由で開くと、こんなパーテーション現状、デェフォルトの状態に戻ってる。

もう一度起動して、アップデートにチャレンジすると、新規のプロジェクトは使えるようにも復旧してるのですが・・、FAC領域にシステムファイルが1個もないですし、USR領域は、セクター単位相違だと思うけど、Win7からはアクセスできない現状でして、MiniTool Partition Wizardで、パーテーションのリカバリをしてみたら、フォルダーやファイルがある事は確認できたけど ? もっか調査中です。


作成しておいたクローンから、システムファイルをコピーして置いて、別のHDDにパーテーションを作成して所定の場所に所定のファイルを貼り付けておくと、元通り使えるようになる事は確認済みです。 

セクタ単位相違の件で、何度かデータがREADできなくなってますけど、少しの知識があれば、HDD交換、容量拡張できてしまったという結果でした。

良くある事ですけど、もしWindowsで開けなくなっても、MRS本体はプロジェクト読み込んでるみたいですし、MiniTool Partition Wizardのシェアだと直前のパーテーションをリカバリできるので、区画だけ復元しておいて、そのHDDから、クローン作ってやれば、データーは普通に取り出せてました。 



♪ ヘビーユーザー向けのおまけ
5分音源のトラック1個で 20MBだとしても、16トラック+2リズムトラック+2マスタリングトラックの計算だと、計400MBのプロジェクトになるんだけど、V(バーチャル)テイクトラックが10個使えるので、1プロジェクトの最大はというと、4GBってことになる。 10分だと8GBなんですょね~。

このプロシェクトが100個あると、400GB~800GB!!
まぁ、現実的に Vトラックを使い切るユーザーは少ないとは思うけど、CD-R/RWではサイズ的にプロジェクト毎のバックアップも困難だ。 試しに300MBくらいやってみたけど、バックアップにも、別のトラックにロードするのにも結構な時間がかかっていて超大変だった。 オプションのUSB接続だと、HDDと同じように取り扱えるので、PC側に、丸ごとコピーしとけるから幾分、助かる感じはある。


ちなみに、画の排他的EEZ領域は、前述のセクタ単位相違対策(車間距離を置く事により先頭以外のパーテーションが連鎖的にデーター失う事を防ぐ)ですけど、それでも先頭領域がつぶれる事あるので用心に越した事はないです。 プロジェクトの個別バックアップか、クローンの作成は、定期的に必須という実感でしたが、UIB02があれば、USB経由でPCに接続した状態で、USR領域を削除したり広げたりもできるので便利ではあるけど、プロジェクトデーターにアクセスできないとなると意味ないてす~。 

なので、領域拡張は、自己責任で、やるしかないみたいっす。
MiniTool Partition Wizard や MiniTool Power Data Recovery で無理な場合は、EaseUS Partition Master シェア版のが、深層までリカバリできるみたいでした。

※PS : 10/20
メーカーサポートの方から、パーテーション(リカバリ)商品のURLのご紹介などを、コメント欄に戴いてますので、興味のある方は読んでみてくださいませ。 

 ・・以上
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

代替セクター補完中・・ [PC生き残り策戦]

ttps://hddbancho.co.jp/the_hdd_withthebadsectorisrecycled.html
↑ 参考にしたページのご紹介です。

昔の IDE の HDD って不良クラスターが復旧出来なかったと思うんだけど、それって、ただやってなかっただけなのか、最近、そういうことも、出来るようになったのかは未だに詳しく分からないままなのですが・・

最近の S-ATA の高速ドライブだと、読み込めないセクタが原因の場合は、復旧できたりする事もあるんですよね。 Windowsが読み込めなくしているだけのようで、壊れている分けではなかったりする場合だと思うんですけど・・、CrystalDiskInfoでみると、決まってイエロー 「注意」 勧告出てたりで、インターネットしてるだけでも、良くこんな事になる。

・・で、昨日、そういうHDDのメンテ中の事ですけど、急に停止して、アプリからもOSからも認識が消えてしまうHDDがあったのですが、深刻ですよね~。 そんなの初めての経験。 

これ、パーテーションを完全に削除した後、ゼロフィルして、もう一度、WinDlg.exe の EXTENDEDテストしてみたら解消していたのですが、「注意」は消えていない。

この「注意」ですけど、読み込めないセクタ修復や不良クラスタの代替が円滑に出来れば、解消する事があるんです~。 冒頭のリンクページにもありましたけど、あきらめてたHDDが使えるくらいまで復旧していたなんて経験、何度か


もっとも簡単な方法としては
代替クラスター補完中_1.JPG
↑ 不調HDDをリムーバルブケースに取り付けしてみた。

EXTENDEDテストでPASSできたら、パーテーション無しのままで、USB接続のリムーバルブケースにセットして、電源だけ入れて1日~2日くらい放置しておく分けです。 リムーバルブケースは何でも良い分けではないみたいで、多分、ディスクケアが出来るタイプの物でないとダメそうで、偶然発見したのですが、うちにも、1台だけそういうのがあった。

補完中_接続アイテム2.JPG
こちら 40Pin IDE-SATA変換アダプター。IDEもU-DMA150で接続。

今回は、古い周辺機器で使ってた物で、IDEのHDDを復旧したいのですが、前述の通り、治った験しがないと思うんですけど、だいたいケースに取り付けできないけど、何とかならないかと思案してたところ接続を手助けしてくれるアイテム見つけましてー、無事入手できたので、早速、今、試しているところなんですけど。

補完中_接続アイテム1.JPG
これが、そのSATA、♂-♂アダプターと、電源と信号ケーブルが一体になっているソケット。これでIDE-HDDをSATA専用のリムーバルブケースに取り付ける事が出来ました(笑;)。

代替クラスター補完中_2.JPG
あとは一昼夜放置してみますが、ただ出来てはいるのでしょうけど、代替復旧するタイミンクがあるようで、CrystalDiskInfo に反応していない感じはしているんです。 PCに何度か接続しているうちに、忘れた頃 「注意」 勧告が消えているなんて状況。直接とか接続方法を変えるほうが良いのかもしれないかな ?

そのあたり、まだ未明m(_ _;)m



PS : 余談ですけど、マルチタスクや10GB以上のファイルを何個もランダムにファイル転送実験中にクラッシュして、ヘッド異音とかで、アクセス速度の低下とか、いよいよ調子の悪くなってたHDDですけど、何度かメンテナンス繰り返しているうちに、CrystalDiskInfoで見たとき、使用時間が本来の10分の1以下、電源回数もかなり減ってるなんてのが、何個かある(爆;)。

WindowsのHDDの取り扱いも年々向上はしているようなので、最近は回復できる事もあるのでしょうけど、

・・流石に正常な情報表示しなくなったものでは、中古市場に垂れ流していると詐欺って言われるよね~(汗;)。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感