So-net無料ブログ作成
瀬戸の猛禽類 ブログトップ
前の30件 | -

2013 重信の春 [瀬戸の猛禽類]

まだみんな寝静まっている時間の一番フェリー、用事で松山に行ってました。 先々月、4/16日の撮影です。

三津浜到着、時間早過ぎで何処も開いてないし、昨年、カワセミ見つけてた川へ行ってみたかったのですが、渡りのシーズンなので、重信のカモたちも気になってまして、そちら先行した。


カワセミ.JPG
なんと最初に出迎えてくれたのは、その切捨てたカワセミ君でした。居る事は居るんですね~。すぐに中洲のアシの中に消えていったけどね~。23倍くらいでは、ぜんぜん届かないです。


河口へ向かうと、望遠デジイチ構えたおじさんが座ってた。お早いですね~、先客。

更に海岸の所までバイクで走っていると、チュウシャクサギ発見。 そこでバイク止めて撮影はじめたのですが、カメラ構える前に遠くへ飛ばれた(汗)

その前に、道の中央へフラフラと寄ってたら、後ろから車が来てるの知らなくて、寸前で接触するところだった。

久々、冷えましたょー。

※塩屋海岸は、以前も砂で滑って川へ落ちそうになったことがある。下は、当時、コンクリートの岩場、落差7mほどあった。何か居ますよ~。 あそこらへんね。 いつも得体の知れない空気感じる。


ミサゴ1.JPG
チュウシャクサギは無理でしたが、ミサゴがボラ獲ってたのが撮れた。


ミサゴ2.JPG
川にタイブし、からだ半分以上沈んだ状態から、力強く羽ばたき始め、水面から離脱、・・何か、重そうに飛んでますね。

ミサゴ3.JPG
30cm近いボラを2匹、爪に引っ掛けて飛んでるような・・

ミサゴ4.JPG
・・と、思ってたら、一匹、落っことしました。 いつもは海岸で食べてたりするのに、欲張っているのは、多分、子育ての最中だからなんだと思う。


コサギ.JPG
ダイサギも普段より羽がサラサラで綺麗になってきている、繁殖期突入ですね。石手と重信は、スケールがデカイから、50倍くらいのカメラがないと、良い写真撮り辛いな~。



用事も終わって、帰りに時間あったので、一路、カワセミのいる川へ向かったのですが、途中、迷子になり、辿り着けなかった\(爆;)/。 帰ってから、地図見直すも、とうとう思い出せない始末(>_<)。
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

曼珠沙華=彼岸花!? [瀬戸の猛禽類]

お彼岸花2012-1.JPG
今日は、庭の片隅で、お彼岸花(白)が咲いてました。


ヤマガラ2012.JPG
あと、ヒマワリの種狙っているんだと思うけど、ヤマガラたちが集まり初めてる。



庭ゴーヤ、2週間ほどの前からやっと勢い付いてきた様子がある。初旬くらいから、花が異様なほど沢山咲いていたのですが、今、小さいのも併せると実、20個近く成長中。

ゴーヤの夏はいつまで続くのだろ?!


放射線の影響はないと思うけど、今年は、酷暑で、7月中旬~9月初旬と、花も咲かせられなかったという事で良さそうですね~。しかし南国の野菜が酷暑に弱いとは思ってもなかったですぜぃ(汗)


曼珠沙華2012-2.JPG
近くの池っ淵に赤いのがチラホラと見えてたので、コンデジ片手に散歩に行ってみると、お曼珠沙華(赤)が咲き初めてました。

ツクシみたいにいっせいにニュキニュキっと出てきますよね~。



ノスリ2012.JPG
さらに、空を見上げると、ノスリさんです。今年の初目撃です。

先週くらいから、やっと夜間涼しい風が吹き始めてますが、渡りのシーズン もとっくに始まっている様子ですね~。

この時期は、ぼーっと上空を見上げているだけで、結構、鷹や鷲なんかまで思わぬ収穫望めそうです。まっ、もっとも、小さくて分かり難いんですけどね~。 

ノスリの遥か上空にも、もう一羽飛んでたけどね~。

少数から、噂によると1000羽とかの群れの時まであるらしいですから、渡りの通り道を見つけとくと良いですね。






17号台風、少しだけ東側へそれたようですけど、ヒマワリの種 切り落としといた方が良さそうかな ?

・・明日の夕方の予定にしとこう。
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フロクウのご家族 [瀬戸の猛禽類]

先日のフクロウですけど、珍しいので、本日も夕方行ってみました。 山道が孟宗竹林を抜けているところがあるんですけど、足元の野草の写真を撮っていて、ふと見上げると、竹薮の中に大きなフクロウさんです。 なんか、ずっとこっちを見ていた様子。

7.jpg
「えっ」て思ったんだけど、あせらずゆっくりカメラを向けると、反対向いて飛んでしまった。

6.jpg
かろうじて、シャッターは切れたけど、「マクロモード、ISO80」 じゃ撮れるハズがないね(汗)。

またまた、華麗に飛び去る後ろ姿だけを、見送りながら(←先日と同じパターンっす。)、更に山道を登り・・・

下り、同じ場所で、キビタキのサエズリを録音していると、藪の奥から妙な音が聞こえてくる。 何かヒラリヒラリと動いてる感じ。 今度は、数羽のフクロウの子供のような・・。? 羽を伸ばしても親フクロウの半分にも及ばない感じだったけど、10分ほど、藪の中を行ったりきたりしながら、フクロウとは到底、思えない不慣れそうな音を出してた。

どうも家族のようですよ。 この山道、シマヘビが多くて・・、多分、それで餌の捕り方とか教えているんだと思う。 親離れ直前の最終仕上げ真っ最中ってところでしょうかぁ~。 



今度は良いとこ撮りたいぞぉー \(-o-;)/
・・でも、ここ、農家の方がイノシシ対策に連れてきてる大っきなシェパードと、同じく大っきなゴールデンレトリバーがいる。犬は嫌いじゃないんだけど、吠えながら近寄ってくるから、ちょっと恐怖です(汗)。





おまけ :
キビタキとフクロウ子供の鳴き合せは、結構、珍しいと思う。


※フクロウの音はかなり小さいけど編集して2分ほどにしてます。


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ママチャリ サンデーズ [瀬戸の猛禽類]

午前中、五月晴れだったけど、午後からは五月病みたいな、ボーっとしたお天気。

1.jpg
子育てしていたトビ雛も随分と手がかからなくなっている様子だ。(今日は、こっち向いてくれなかった。)

2.jpg
親トビは、近くの枝に止まって、こちらの様子を伺ってる感じ・・

スコープで鳥を追っていると、5、6人のママチャリです。 やや年配層の奥様連中だ。 海岸線、島をぐるっと回っていたみたいですけど。

何だろうな。? 日曜サークルのような・・、勝手に 「ママチャリ サンデーズ」 と命名してしまった。 きつい坂道が多いから大変だったと思うけど、タマ日ぐらい ノー天気に、行きたいよね~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ノスリでしょうか? [瀬戸の猛禽類]

今日は、コマドリ、キビタキは確認済みだけど、オオルリはどうか分からないけど、とにかく夏鳥のさえずりオンパレードでした。

まっ、でも、まだコンディションは今ひとつそうなんですけど、どういう分けだか今年はコマドリがとても多そうです。この調子だと GW が楽しみそうでしたよ。

オオタカ.jpg
マクロにしてコマドリ待っていると空に現れた、↑ これ。

ハイタカらしきが行ったりきたりしていたのは見ていたんだけど、これはノスリでしょうか。 例年なら今の時期に見られる猛禽は、トビくらいなんですけどね。マクロでも撮れてた。

しかし、ごみ処理施設が出来てからというもの カラスの数が半端じゃないです。 山はカラスだらけです。 

・・録音の大半にカラスの爆音が入ってるのよ(涙)。 ・・泣けてくるぜぃ。



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2008 トビ抱卵 [瀬戸の猛禽類]

トビ抱卵.jpg
昨年と同じ場所を覘いてみると、何か不自然な感じ。・・頭下げていると保護色で分からなかったけど、トビです。

トビ卵.jpg
巣も耐震補強程度には修復されている様子。

トビ抱卵2.jpg
昨年のご夫婦かどうかは分からないけど、昨年とは、打って変わって、とても立派そうな、風格さえが伺えてる。

近くの枝に、もう一羽トビがいた。 相変わらず、カラスがいてモビング仕掛けてますけど、・・苦労が絶えないですよね~。


今はクヌギの芽が出始めたばかりなので、こうして撮れるんですけど、1ヵ月半後には完全に葉っぱで視界が遮られてしまう。今年も、タヌキ顔のヒナに遇えるといいけど・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハイブリッド ? [瀬戸の猛禽類]

今日は、ツブリン池のカモたち、ついに残すところ数羽というところまで減少している様子でした。数えたわけじゃないので、漠然としてますけど、やはり繁殖地ではなく、重信川で越冬していた団体の一部だったのだと思う。気候的な問題か、鷹たちの北上とガチッてしまったっかのいずれかで、一時的な事だという結論です。 6日に鳴き声を確認していたので 約10日前後の滞在ということにしておきます。

ツブリン池のカイ君は今日もいましたよ。 池の周りに猛禽類が異様に増えてる様子で、敏感に隠れたり、出てきたり急がしそうでした。




カモは、さておきまして、以前もこのブログ言ってましたけど、トビはトビなんですけど、何か羽模様が変なの、見てたのですが、今日は見た目、明らかにノスリなんだけど、風きり部がトビっぽいのみました。以前のが、トビよりのハイブリッドだとすると、今日のは、ノスリよりのハイブリッドってことになるのでしょうか。


ハイブリッド1.jpg
残念なことに、レンズ2段重ねの時は、空向きにはほとんどフォーカス来ません(汗)。


ハイブリッド2.jpg
何とか、撮れたこの2枚は、トビよりのハイブリッドっぽいのでした。 尾羽がバチ型じゃない以外は未確認ですけど・・


ありえるのか、どうかも不明ですけど、また今度チャレンジしてみます。



PS : こちら、そのときの録音。風邪でもひいてるのか、とても辛そうな ピーヒョロロ っすけど。


見上げると チョウゲンボウ [瀬戸の猛禽類]

連休だし、久々に良いお天気ですねー。山登ると風もそこそこあるし、最高のロケーションです。

こちら ↓ いつもの山道の分岐の所に最近できたアンテナです。・・携帯でしょうかね。?


時々、猛禽が止まっているのを目撃してたんだけど、いつも逆光。


今日のモデルは先日から追っかけてるノスリのご夫婦だったのですが、反対側で座ってて、ふと見上げると、これ・・


いつの間に来てたのか、これって チョウゲンボウ(♀) ? だよね~。

1枚目は慌ててピンずれ。ややフォーカスが来難いかったのですけど、2枚目のシャッターを切ろうと思った瞬間、飛び立った。 ・・で、こんな凄いのが撮れてしまった(爆汗)。

今は、お昼休み。改めまして、午後から、第二ラウンド行ってきますぅ。


越冬 ノスリ [瀬戸の猛禽類]

こちらは、一昨年の11月、才之神 の ノスリ です。
http://blog.so-net.ne.jp/petamun/2006-11-15


毎年、秋の終わり頃になるとやってきて春までいます。


この山々が越冬地という分けですねー。

・・実は同じ場所の撮影っす。 昨年は、三脚無しでは絶対無理だったし、ISO感度を上げると、ひどいって感じの写りが多かったので(過去ログ見りゃ分る。) 設定してなかったんですけど、今は双方イケてるんですよねー。 なんかとても不思議ですよぉ~。腕が上がったなんて事は絶対無い筈なんですけどぉ。

経験上のお話ですけど、スペック不調とか訴えても、対応してくれるケースはかなり少なそうですからね~(汗)。

困ったものです。
http://blog.so-net.ne.jp/petamun/2006-05-30

・・でも、良かった。 200万画素のC700UZ時代よりも手ブレセンサーの感度が良くなっているのが実感できる。当たり前かぁ(汗)。 でも、「まぁ普通だよ」って云えるのに2年近くもかかってるよ。(ーー;)

もしかして、文句良い過ぎて、サービスとか、してくれたのでしょうかね(爆汗)。? まっ、フイルム時代から考えると、20倍ちかく売れてそうっすからねー。 ありえるかなぁ~。 ・・カメラ。 ・・デジカメ。

・・ってか、海外で 10MPIX SP 570UZ 光学20倍(520mm)ズーム機が発売されてるらしいよ。 560UZ探してたんだけど、もしかして、考えなおせ ?!

SPシリーズもついに打ち止めとかになるんじゃないっすよね。?  自分、上陸待ちしてますから、12MPIX機も発売してよね~。 ・・あっ!! メモリー変えんとあかんかぁ\(-o-;)/


⑤ ミサゴだよーっ!! [瀬戸の猛禽類]

ラッキーな日ぉ。 こんな事って、あるんだねーっ。自分、凄過ぎ。



ISOはAUTOの方が良いみたいっすよね。やや逆光気味だったので、露出調整がうまくいっていない感じもしてるんだけど、実際、現場じゃ三脚立てる余裕もなかったし、少しずつ、少しずつ、近寄るだけで必死だったのでした。 
・・ホフク前進状態れす(笑)。 

食後、お腹いっぱいだったのが幸いしたんでしょうね~。直ぐには飛び立たなかったんだけど、2、30分で、1GBのメモリー使い切ってたよ~ん(汗)。


④ ミサゴだよーっ!! [瀬戸の猛禽類]



この距離だと、さすがに手も振るえし、汗ばんでたんですけどねー。 もちろん、意思とは無関係ですよ。 こういう経験はするべきです。 700mm足らずですけど、凄い醍醐味でした。 !(^o^)!


③ ミサゴだよーっ!! [瀬戸の猛禽類]



以前の記事ですけど、
http://blog.so-net.ne.jp/petamun/2007-07-29-1
山の中で拾った羽は、多分、ミサゴのものだったんだと思う。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

② ミサゴだよーっ!! [瀬戸の猛禽類]



魚しか食べないし、もっとカッコ悪い猛禽だと思ってたけど、間違いだったようですよね~。
しかし、♂ なんだろうか、♀ なんでしょうか。 若い感じはしてるんだけど・・


① v( ̄Д ̄)v イエーイ [瀬戸の猛禽類]

キターーーッ !! ☆⌒☆⌒☆(( 。Д。)

ヌ~~ッ、モハヤ、デジスコノセカイダァー。ナーンモユーコトナシレスぅーー。

マタ、キタ━━━(゚∀゚)━━━

(´∀`)・ω・) ゚Д゚)゚∀゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)-_)゚∋゚)´Д`)゚ー゚)━━!!!!


ノスリさんのご挨拶 [瀬戸の猛禽類]

本日は、オシドリの撮影にダムに向かおうと予定していたのですが、4時半起きれなかった(汗)。2時に寝てたんじゃ到底無理っすよね~(汗)。


でも、アヤパンのめざましテレビで「早い春」募集というの見まして、地元、心当たりを散歩してきました。


もう咲いてますよ。菜の花とか、マツヨイグサとか、シコンボタンやサンゴシトウなんかは夏過ぎからずっと咲いてるし・・


電柱にトビかと思いきやノスリさんです。先日はチョウゲンボウも目撃してたんですが、これって 12、3mの距離です。ISO400にしてて良かった。


しばらく動かずチャンスを待ってると、カラスに追っかけまわされたりと大変そうでしたけど、・・奏功しているうちに多分ハヤブサ君だと思うけど登場。 突然の ピンコン現象で無理だったんだけどね(汗)。

本日は風もそこそこ超快晴だった。明日も晴れればいいけど、今度こそダム行ってきます。(●^o^●)


夏のミサゴ [瀬戸の猛禽類]

誰にも気づかれてないと思うけど、実は、トライアスロンの日も元気に飛んでた。1ヶ月ほどの間に何どか撮ってるんだけど遠いものばかり・・


ミサゴと確認できるの、やっと、撮れました。


2羽一緒にいた。 今年、生まれた兄弟だろうか。


もっと フォーカス と シャッターラグが早ければ、完璧に撮れてんだろうけどなぁ・・

10枚ぼと切っても1枚か2枚です。それだって必死で編集して、やっと ↑ これくらいになる(汗)。

一応、生息や繁殖などの記録写真なので、最初から撮れてくれないと意味合いも薄いのですよね~。

 ・・・近く空出張でも企てて、SP550UZへ買換えしようかと思ってる(爆汗)。^^;

PS : 実はトビも3羽いた。



人馴れしているせいか、いつもトビのがカッコ良く撮れる


ミサゴ目撃 [瀬戸の猛禽類]

ミサゴとはっきり分かる個体を見たのは、春以降だから約4ヶ月ぶりです。※写真は、手持ちだったので何か分からんね。


仲良く飛んでるところを見ると、今年、羽化した兄弟でしょうかね~。


この島では、以降、そうかなぁ程度しか見てなかったので、断言は出来ないけど、近くの島の何処かで繁殖していた可能性はあると思えている。

秋の渡り(越冬)には、随分と早過ぎますしね。?!

海岸線を見て回りたいんだけど、道がないところも結構ある。船でもないと不自由で行きませんよね。 ・・でも、おっきな船は買えないし、手軽なところで、シーカヤックとか、狙ってたんだけど、中古艇でも結構しますねー。\(◎o◎)/ 

今年も無理そうです。

あー、海、シュモクザメとかが回遊しているらしいですよ。 12年ほど前にも、港で4mも超えるようなのが何匹も泳いでたなんて話聞いてる。 特に暑い年は、黒潮・暖流にのってやって来るんだね~。 

カヤックよりデカイや(汗)・・


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もしかして※※タカ ? [瀬戸の猛禽類]



200mほど先、ハトだと思って撮ったものです。ノスリのようにも見えるけど ?

気にせず、用水池のほとりでギンヤンマとツバメ必死で撮っていると、次、これです。


やはり トビか ノスリ だと思った。


先に飛び立った1羽と少し遅れて2羽一緒に飛んでいた。


大半はフォーカスもこない。シャッターも切れんかった。
※ハチクマ(雄)成鳥でしょうか。?

野鳥が一斉に鳴きやんで10分ほど静かで、・・オ・ヒ・ラ・キ ?

「キビタキも鳴いてたので珍しく2時間もいたんですけどぉ。」 ・・で、帰り仕度していると、大きな影が足元を通り過ぎた。え ?! って思い、空を見上げると3枚目。飛んだ三枚目(笑)だ。
※当たり前のように露出あってないけど、これでもフォーカスきている方。


もしかして、オオタカさんでしょうか。


これまで全部ハズレてんですよね。


ハチクマだったり、ハイタカだったり・・


30分ほど、ほとんど動かんかったけど、光学40倍でビデオ撮れてます。


テレビ使用中は見れませんので、今夜、編集して後ほどUPしてみます。

PS : 先週、大串公園の裏山でハヤブサ目撃しています。レンズ付けてなかったので小さいけど、何とか撮れてた。
2月~4月にも見てたから、もしかすると近くで営巣子育てでもしてるのと違うかなぁと思っている。 ・・レンズ、もっと遠くが見たい(汗)。

あっ、話かわるけど、今朝、「月日星トイトイトイ」 だと思うけど、吉木の砂防ダム付近で何どか聞いた。サエズリが微妙で録れてないとは思うけど、こちらも後で調べてみようと思う。 セイギョ ? も含めて、何一つ確かなことがない、超漠然とした一日でした(汗)。



ヒナ初お披露目 [瀬戸の猛禽類]

本日は統一地方選挙「県議会議員選の投票日」。空を見上げると太陽には、ぐるりと虹がかかっている。


・・寝坊してしまっていつもより少し遅れて現場に到着すると、小さなものが動いている様子。 ズームで覗いてみると、なんと狸顔の超かわゆい ヒナちゃんではありませんかぁ~。\(^o^)/ \(^o^)/

卵もやーっと見ることができました。今回は2個だったようですね。

まっ、ご無事で何よりだったのですが、5日も遅れていたので、実のところ、無精卵とかだったのかと心配していたんですよ(汗)。

・・で、「オクちゃん」 と名付けることにしました。漢字では、遅よりは 「億」 がいいかなぁ(笑)


昨日、珍しく、すぐ近くの枝に止まってくれた。 多分、父トビだと思う。 おやっさん、これから忙しくなりますよーっ。!!



/// PS : 想像なのですが・・・・ //////////////
トビは、♀がメインで抱卵し、餌の時だけ♂と交代しているのではないかと思っている。そう考えると抱卵中、巣の中が汚れない理由も納得がゆくというものですよね。


抱卵30日目 [瀬戸の猛禽類]

1日からだとしても今日で30日目ですけど、今朝も、まだ孵化していない様子なんだけどぉ・・、何かやや浮いているような気もする。既に雛が孵っているんだろうか。

観察は週一程度、30分もは留まらないように注意しているのですが、その間、たまに目と頭を微妙に動かすくらいで殆ど全く動いてくれない。

♂が餌を運んでる形跡も無いし、もしかして、交替で抱卵している ?! それとも断食状態なんかなぁ。

http://blog.so-net.ne.jp/petamun/2007-03-04
3月4日の写真と見比べても違うような気も実のところしているのでした。\(--)/


そう言えば、ハイタカやハヤブサやミサゴなんかも姿が見えない。他の猛禽類たちもこの島の何処かで子育てしているんだろうか。

今日は、カラスがトベラ(常緑)林の中に小枝を運んでるのを見た。2羽で営巣しているようでしたが・・


////// PS : 思い違い ? ///////////////////
28日発見から計7回現場に行ってますが、写真を振り返ってみると思い違いをしてそうだったので、ここにメモしておく。

 28日 営巣現場発見
  3日 巣に布が敷かれていた。(夕方、トビいた。)
  4日 トビが抱卵の姿勢をとっていた。
 11日 頭の方角が変わっている以外変化なし
 20日 巣から少し離れた付近で飛んでるトビ撮影
 31日 孵化していると思って行くと、かわり無く抱卵

・・という分けで、4日が産卵日だった可能性は大きいということになりました。


海岸通り3丁目のトビとミサゴ [瀬戸の猛禽類]

カボソーイ声って言うのだろうか、ピィューッ、ピィューッってヒナのような鳴き声が何度もしていた。空を見上げるとぉ、・・またもや頭上かぁ~。(T_T)/~~~

三脚に固定しているので、ほんとに撮りにくいんですぅ。^^; 結局、満足の行くのはなかったけど、まぁまぁなのが3、4枚撮れました。

ミサゴ様、出来ることなら、止まっているの、超大っきな写真撮りたいよ。(^u^)

今日は風はあるけど好天、先日の卵温めているトビ観察に行きました。
到着して気づく。 ・・ビデオのバッテリーが空っぽだぁ。(ーー;)
いつも、キャプチャーして充電した後、スイッチ切ってからバックに収納してるんですが、バックに入れる際にスイッチが勝手に入る事が何度かあった。今回もそれだ。 ・・・最悪。

しかたもなく、速攻、写真だけ撮って帰ってきました。(ーー;)


※この位置からだと、近く卵も見れるかも知んない。後ご期待です。


営巣のシーズン [瀬戸の猛禽類]

1ヶ月ほど早めですが、何処もかしこも営巣のシーズンインです。

ミサゴとアオサギのコラボです。

実は奥にももう一羽アオサキがいた。多分、巣があるのだと思いますが、ちょっと遠過ぎで手持ちのテレコンではお話にならなかった。実際、この状態で約2時間近くも動かなかのは凄い。^^;


昨日の続き、午後遅くにやっと何とか撮れました。巣の中で全く動かないの見ているとチャボに見えてくるね。

しかし、クヌギの葉が生い茂ると完全に遮へいされる。予定日の4月初旬以降ですが、撮影は無理かもしんない。


トビの営巣みっけ [瀬戸の猛禽類]

2月28日、猛禽らしきの営巣を発見していた。夕方、そっと見に行ってみると卵を温めているトビがいた。


残念なことに、微妙に位置勘違いしてて、トビが自分を見つける方が早かったみたいで、撮る前に飛ばれてしもた。\(-o-)/ 

卵見えん。!!

今度の場所は、かなり見え難いそうだ。ヒナが孵るまで無理かもしんないけど、まっ、でも温めている親鳥撮りたいと思っている。 

多分、一昨日からなので、ヒナ見れるのは来月早々くらいかなぁ・・。 2005年の観察記録よりは1ヶ月も早いことになる。


重信川の冬 第三段 [瀬戸の猛禽類]

看板の通りミサゴもいるんですねー。

時々、水面に向かってバタバタしてるけど、この鷹のホバーリングは迫力ありますよね。

偏光で魚影が見えにくいからなのでしょうかね ?!  あおって微かに動くのを待っているのだと思う。

そして、次に急降下です。
※チャンスは3度ほどあったもののフォーカスがきませんで撮れなかった。m(__)m

夏場は魚の動きも敏感だし、水温も高くなっているので、ドボンって、沈み込んでるの見たことあったけど、冬場は超早い。 ほんの一瞬です。 寒中水泳になると心臓麻痺とか困るもんね。 ^^;


ノッスーまだいてる。 [瀬戸の猛禽類]

先日、春一番も吹き荒れて、猛禽類撮るには絶好のロケーションだった。以下3枚は、先日、加工した TC-DC58C テレコンを装着しての試し撮りです。 周辺減光が厳しいのと、風景でも遠く方が極端に見え難いけど、近くはこの通りでした。 ・・イケてるとは云いがたい。^^;


※ちゃんと見えてるのか心配ですけど、編集すれば、まっ、これくらいにはなる。


※苦しゅうない。 もうひとつ、近寄ってほしいのじゃ・・


※テレコンはやはり3倍以上は必要ですよねー。 フィールドスコープじゃ飛んでる野鳥は狙えないのだ。

ノッスー今日も番のようでした。 もしかすると、この島で営巣してくれるのかも知れない。秋の渡りで移動してくるようになって、ついに留鳥になったのかも・・


スズメバチの巣 [瀬戸の猛禽類]

先日、日曜日にハヤブサの観察に行ってたのですが、日差しが低い位置から背差し込んでる為か、かなりの撮り難差を感じていた。

・・で、どこか条件の良い場所はないかと探していた所、これ ! これ !! 見た感じバレーボールくらいのスズメバチの巣です。温かいとは言えまだ一応冬なので、冬眠しているようですが、この陽気が続けば、いつ何時目覚めないとは言い切れない。


※南側の斜面にぶら下がっていたスズメ蜂の巣。強い海風さえ避けられれば良いポジジョンです。

役所に通報しとこうかとは思ったけど、ハチクマさんとかも観たいし、通例では4月の終わり頃までは出てこないらしいのでもう少し放置しておくことにした。しばらく様子見です。

しかし今年は温かい。経験上もこの陽気は完全に春日です。12月の中ごろ、センダイムシクイを撮っているし、隼といい、キジバトやホオジロなんかもペアリングが既に始まっているみたいな・・

2月に入ってから急激な寒気とかに襲われると、子育て中の動物達ちには、ちょっと過酷だと思う。昨年の春から夏の雨続きとかで、実りの秋、山に餌がなかったりで、熊やイノシシが人間の生活圏まで荒らしてたなんてこともあったし、今年は、早々のこの異常気象、さらに追い討ちにならなければいいのですが、自然の猛威・不意打ち・餌不足がための激減なんかもやはり懸念される。

  

// おまけ : ウミネコのようですがハヤブサの鳴き声 ///////




※ 食事中、小鳥の骨をくわえている様子(爪楊枝みたいな・・) ^^;


※ かなり近くに止まってはくれたのだけど、このレンズでは厳しいーっ (-_-;)

※ もひとつ。飛んでるのは、このデジカメでは絶対に撮れないことも分かった(汗)。


ハヤブサさん、もうですか? [瀬戸の猛禽類]

わーいっ!! 紛れもなくハヤブサさんですよ。 思い起こせば 05年11月以来の目撃です。

昨日(土曜日)なんですが、なんと2羽いました。番のような気がする。(晴れると確実に小春日和ですからね。)

鳴き声も2種類ほど聞けたし、電池切れまで30分ほど撮影もできた。

・・流石は動物界最速の飛行速度を持つものですよねー。カラスの猛ダッシュにピッタシくっ付いたまま、縦横無尽な追っかけ。あのカラス達ちが死に物狂いで逃げてるの初めて観ました。

2倍以上もあるミサゴさんにも仕掛けてた。あのスピードから繰り出される攻撃力は猛禽類の中でも並外れた凄さがある。御眼目だって異常に大きいですよね。 

       その良く見えそうな御眼目で、手当たりしだい、見境無しな様子でしたが (^^;笑) ・・・ 


↑ 彼らの突然の登場に、落ち着かない様子のミサゴさんでした。

                      良い天気だ。  ・・では、今日も観察に行って参ります。


没写真のオンパレ [瀬戸の猛禽類]

ノイズが目立ていやなので今日は ISO100 で撮ってみました。SSが上がらないってのは辛いものですよね。こんな良いお天気なのに・・



まっ、でもぜんぜんまったくダメという分けではありませんで、30枚ほどシャッター切ったうちの 2、3枚は綺麗に写っているものがあった。そうそう、ゆ~っくりと低空飛行してくれると助かりますね。



ノスリさんも早々といなくってしまったので、僕も引き上げ。中々、色付きはじめない山々を眺めながら農道を下っていると、んっこ踏んでしまった。^^;



鼻が詰まっていて良かった。何も臭わない。 ・・多分、イノシシ対策の番犬さんですね。最近、ワンちゃんずれで農作業している人たち多くなってるみたいなぁ(汗)。

そういえば野鳥の姿が半分完全に消えて背景が見えてるのとかも撮れてます。近く、面白い没写真集めてギャラリーとか開いてみたい。

こんなのが、わたくしめの極々日常的なお写真生活の一幕だったのでした。(ToT)/~~~


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チョウゲンボウ と 60分マッチ [瀬戸の猛禽類]

土・日と雨だったので死んだように爆睡してたのですが、しかし雨振ると冷え込みますねー。布団から出られませんでした。

今日は、快晴。風もそこそこ。海は白波が立ってました。お昼過ぎてから、チョウゲンボウ(♀) だと思うのですが1時間ほど観察できた。 ※例によって間違っていたら御一報くださいまし^^;


ノスリなんかと比べるとチョウさんは結構低空飛行しますよね。


農道の隅っこで、みかんの木陰に隠れて、ひたすらじっとしていると、10mくらい近く上空まで寄ってきます。


見渡しの良い枝に止まってキョロキョロ。 ヒラッと飛び立つと空中でホバリング。餌を見つけると急降下して元の枝に戻り 5、6分程で食べ尽くす。この繰り返しですけど、見てる間に 7、8匹は食べたと思う。


下から3枚は、SS15-45×で撮影したのですが、写真は殆どがピン甘だったのだけど、ビデオモードは思ったより綺麗に撮れてしまった(EBCにでも送ってみおうかなぁ^^;)。 ・・37mmリングがピッタしだった効果はアリだね。接眼レンズとズーム先端間を調整しなおしてみお。\(-o-)/

おかげでメモリーがあっという間になくなってしまった。 「ピェ~ッ!!」 。 ぴぇ~はこっちですよね。?! ・・って、ぇっ ? 何だぁ。オオタカさんだろうかぁ。チョウさんがいなくなった後に、30mほど上の方で 「ピェ~ッ!!」 って2回ほど鳴いたのが聞こえた。

先週、録音した鷹の声にも似ていたようなぁ、そうでないようなぁ ???


・・でもぉ、最近思うのですが、うちの画って ガザ付いてて、ちょっとひどいですよね~。なんでだろぉっ?



猛禽さーん、あーたは誰っすかぁ? [瀬戸の猛禽類]


本日の出迎えはこれ。登っている最中に飛び出してきて、何周か頭上をグルグルと・・


何日か前の話、裏庭、みかん畑との間、3mほど見上げた位置に柵があるのですが金網に羽がビッシリとこびり付いてた。鳩かヒヨドリか分からなかったけど食べられたに違いない。


ノッスゥーは他の鳥を食べてるのはまだ見たことないので、この鷹の昼飯になったのかも知れないと思っている。 この三枚は同個体です。

 
 
 
 

いつもの ノッスゥー です。(後姿、トビと言っても分からないですね。^^;)
何か警戒してるのか、昨日も見てなかったので、いなくなったのかと思っていたら、本日、昼前にちょこっと顔見せ。 いつもの場所よりずっと近くに止まってくれた。 SS15-45× でも ロケーションさえ良ければここまでイケる。\(-o-)/


秋になるとここにノスリが出没しているのを目撃してから、およそ2年です。

 
ついに、ここまで寄れたよー (ToT)/~~~
余談ですが、ムービーに収めようと思ってモード変更したとたんに電池が切れてしまったので、ピン来てたのこの2枚だけ \(-o-)/

 

 
 
 

PS : 今日のおまけ //// 鷹の鳴き声でしょうか ? ///////////////////
先日、3分ほど聞きなれない鳴き声を聞いていた。風音強かったのですがデジカメ録音っす。猛禽ファンは是非聞いてやっておくんなまし。!

※なんとなーくウミネコっぽいけど、ミサゴかツミか若様、ノスゥの可能性も大 \(-o-)/ ・・・
※うちのほむぺエリアからリンクしてます。(WMA : 約17秒 ; 148kb)


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - 瀬戸の猛禽類 ブログトップ