So-net無料ブログ作成
瀬戸の生き物 ブログトップ

トビズムカデ だ~よ [瀬戸の生き物]

今日、こんなのがいました。 何年かに1度は家にも出たりするんだけど、オオムカデってずっと思ってんだけど、調べてると トビズムカデ という名前らしいことが分かった。

10.jpg
なんとなく目が合っちゃいました(汗)。

20.jpg
大きいです。15cmくらいあった。 噂では、前アゴでカムらしくて、毒もあって、やたら痛くて、パンパンに腫れてうずくらしいですよ。

気をつけましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おんびきしゃん [瀬戸の生き物]

ニホンヒキガエル.jpg
ニホンなのかアズマなのか分からなかったのですが、ツブリン池のヒキガエルたちです。 以下は、カイツブリの観察中に撮ってたものです。

ニホンヒキガエル1.jpg
区別は難しいらしいのですが、西日本にいるのが、ニホンヒキガエルで、関東以北にいるのがアズマヒキガエルという簡単な区別の方法で、一応、ここ四国なので ニホンヒキガエルということにしてます(爆汗)。


ニホンヒキガエル2.jpg
まだ、祖母が元気だった頃には、「おんびきしゃん」って呼んでたのを覚えてます。


ニホンヒキガエル3.jpg
その頃の記憶では、うちの周りにも沢山いたのですが・・、風呂場にも良く現れてた(汗)。

ニホンヒキガエル4.jpg
今は、山の用水池に行かないと見られない。 皮膚が乾燥するのを嫌うのかなぁ~、お昼過ぎると深く潜ってしまうようですよ。

ニホンヒキガエルの卵.jpg
ニホンヒキガエルの卵です。 ツブリン池の西側前面、3月6日には既にこの状態だった。

ものもらい症 [瀬戸の生き物]

・・でた(汗)。 顔も知らない何処かの奥さん。

 「 魚あげる。!! 」って・・・。

入れ物ないし、冷蔵庫に入らんしで、朝から大変ですけど、・・でも、昨日のお礼だと言うので、・・当の父もいないし、一応、受けとっておいた。 


これ タイ よね。? もう釣れとんのかい。?!


これ、サバ ? って聞くと、アジ だって。 43cm もあるけど、良いのかョ。

近くの無人島周辺で、さっき獲れたばかりだと云ってた。 まだ、両方、生きてるよ。

このパターン非常に多い日常ですから・・、ものもらい症は、気軽に断れないですから、治らん。 

困るよね~、実際。(ーー;)

お礼の言葉も思いつかんわ。 \(-o-;)/


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

石手のニホンザル [瀬戸の生き物]

奥道後の上の方に観光ホテルがあるのですが、そこから更に山の方へ登っていると、サルが見られることがあるって聞いたことあったんですけど、石手川ダムへ登る裏道なんですけど、狭い山道の方を走っていると、前方に突然、サル発見です。 

バイクで 5、6mまで近寄れました。


噂は、ほんとだったんですね~。 先日、TVで、「お猿山のサキちゃん」見ていたばかりで、「こいーっ、こいーっ」てやってしまいそうになったよ(笑)。


攻撃的ではなさそうでしたが、人を見ても慌て逃げたりもしないようですよね。

愛媛の山にも 天然サル がいるという新発見でした。

あっ、そうそう、オシドリですが、超敏感だったのは、銃声が頻繁にこだましていた為かも知れないです。ちょうどダムの直ぐ上の山で、狩猟している人がいたようなんですよ。工事の人や山畑の持ち主の人や、野鳥撮影組みや移動休憩に立ち寄る人たちも居るんだけどねー、あんなに バンバン いっちゃって良いのでしょうかね(汗)。


木登り猫です。 [瀬戸の生き物]

♀だと思っていた猫、♂だった。 m(_ _;;)m


こちらの ラニャ は、夜間は、二階のバルコニーにいるようです。このラニャに出会えるのは、通常、早朝の薄暗い間と夕方の薄暗くなってからの30分ぼとのみ。 ・・と言う意味で、この画はとても貴重だった (^^ゞ


まだ目撃したとこはないのですが、多分、この木を駆け登って、枝伝いに、テラスの屋根に上り、そこから家屋の切妻屋根に上がって、バルコニーへ到達という具合だと思う・・


これは、恐る恐る降りているところ。かなり時間かかってた。まだ、頭からかっこよくは、降りれないみたいな


PS : おまけです。


しかし、すっかり猫の 秋(の空)ですねー。 こちらは、夜間、他の猫と喧嘩していた翌日。 
いびきかいて爆睡してました。動物のものとはとても思えなかった(汗)。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ご機嫌斜めです(汗)。 [瀬戸の生き物]

RANA 1歳。ネコ科

飼い主のやつ、先日、うちに放置したままとっとと帰ってしまった。 まったく超無責任な連中です。 話によると、「街中で放したら車に敷かれるから・・」って言い残してたらしい。 最初から捨てるつもりで、連れて来たに違いない。 もっと早く気づくべきだったぜぃ(ーー;)。

・・で、当のご本人なんですが、なんか夏バテしてるんでしょうかね~。 日中は、側溝に入ったまま、ほぼ一日伏せっている。置いて帰ったキャットフードも牛乳もほとんど受け付けない。毒でも入ってんだろうか。

先日とは打って変わるように、近づくと敵意をむき出しにしている。


森の中で、トラに遭遇するってのは、こういった気分なんだろうなぁ・・


「・・いない、・・いない」って探していると、薄暗闇から突然現れる。


猫じゃらしのように手を動かしてやると、ファー、ファーって凄い形相で跳び掛かってくる。


元気があるのか、ないのか、何を考えているのか、さっぱりですぜぃ。

飼い主の方、環境が急変した為なのか、情緒が不安定そうです。まったく手に負えません。早く引き取りに来てあげてくださいねー。

動物愛護法に定められている動物を捨てると 「6ヶ月以下の懲役又は、50万円以下の罰金」 刑が科せられることになるよ。 でも、これって1匹に付きということなんだろうか。?  彼ら最近では、遺棄とかの罪もあるみたいですよ。



・・殺し又は傷つけた場合は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
・・給餌又は給水をぜず衰弱させる等の虐待を行った場合、遺棄した場合も、50万円以下の罰金

自分、口、結構、軽い方なので・・・、お待ち申し上げています(爆汗)。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネコ科 RANA ですぅ・・ [瀬戸の生き物]


はじめまして、○崎家の長女で RANA ネコ科と申しますけどぉ~。


末っ子で三男のモモ君と連れられて、母の実家で夏休みらぁ。


早朝から、いきなり、撮影会です ニャッ。(ー_ー)!!


眩しいのですから、ストロボ、バシバシ焚かないでニャ~よぉ。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

カラスヘビ [瀬戸の生き物]

バイクで走っていると路上に見慣れない黒蛇です。


カメラを用意していると後続車がやってきた。黒蛇は道を横切るのを止めて、雍壁ブロックを登り始めた。そんな関係で、手持ちでシャッター切りまくりだったのですが、何枚か撮れてました。^^;


これ、黒いという意味で、「 カラスヘビ 」って呼ばれているらしいです。顔の下は真っ白だったので、逆に白個体もいるかも知れないですよね。(※発見すれば天然記念物 ?)


でも、実はシマヘビの黒個体、・・と云うことは、シマヘビだと言う事が分かるまでは、幻のカラスヘビだったということですよね。? まっ、しかし、専門家ではないので、本当にシマヘビかどうかも、不明でございます。m(_ _;;)m

でも、かな~り綺麗な黒光りでしたよ。美しいヘビでした。その後、車にも踏まれず無事に山に帰っていきました。


PS : /// ベビのおまけ ////////

こちらは、マムシの模様に良く似ているなぁーと思っていたら、可愛いお眼目。


アオダイショウの幼蛇だそうです。良く似ているので遠目では間違えるね。 これも本日、路上に出てました。猛暑で餌も取れないので、危険を冒してまで、顔出しているのでしょうかね~。?

先週の ヤマカガシ や シマヘビ といい、かなり不思議な感じです。
→ http://blog.so-net.ne.jp/petamun/2007-08-17


桟橋のお魚たち [瀬戸の生き物]

見慣れない船、小型だけどイージス艦っぽいのが北へ向かっていたので、追っかけて港まで出てみると、真っ黒のサルベージ船だった(汗)。

早朝でも結構暑い。さっさと帰ろうとは思ったのですが、日中、ここに訪れるのは1年以上ぶりです。10年くらい前までは釣りとか良くしてたんですけどね。 ・・で、桟橋から海を覘き込んでみました。


イシダイの子供たち・・。流れてくる海草に集まってくる。


ここって、時々ですが、イシガキダイの子供たちもいたりする。


・・で、大きなクラゲが流れてくると必ず付き添っているのがウマズラハゲ。30cm級も結構いる。


こちらは春先に生まれたサバです。大きさ的にはルアーと変わらない。スズキやヤズの良い餌ですね(汗)。


ミズクラゲに寄ってるウマズラの子供たちとツバクロたちです。タナゴやメバルの子供もいっぱい。下の方にはコッパグレがいっぱいいた。 以前ここで 50cm級はあろうかという グレを見たことがある。 タチウオやアジも入れ食いです。 スズキやグレ、ヤズの曳きは半場じゃない。 昼間でも底の方には大物がいっぱい潜んでるに違いないです。




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドシャブリの後は・・・ [瀬戸の生き物]

早朝はまだ降ってたのですが、午後になって、カラッと晴れ上がった。 計90mm程降ったそうです。 石手川ダムも60%強まで増えてた。NEWSでは70%超えるまで給水制限が続く見通しだと言ってた。


急遽予定を変更して、ホイホイホイ に会いに行くと、7m程のヤブニッケイと周りの木が倒れてしまっていて、完全に通行止め。

 
・・・ひーっ、これナメクジかよっ(汗)。 クヌギの丸太橋を渡っている 巨大ナメクジ発見。20cm前後はゆうにある。 ・・実際、驚かされますよね。・・これが ヤマナメクジ っすよぉ。

「 オーバーフロー気味のサワ =>> 流れが急 =>> 音煩い 」
こういう日は、野鳥は殆どサエズらないようだね。お疲れなのか、掻き消されるので無駄はしないのか、いずれかだと思う。 巣ぅ壊れて、どっか行ってしまったのかなぁーとも思っていると、「 $○!×@□#?&▽※ ホイホイホイ 」 って、・・いるにはいるようだ。 

・・けど、どぉ、どんだけぇーっ。???

実は前日、目撃してたんです。真横方向 5m先の枝に止まった、ブルーのアイリング(太め)が光ってた野鳥。 尾羽は短かったけど、背中に赤褐色がなかったので ♂ と判断。 サンコウチョウだ。 これで ♂ & ♀ ともに目撃したことになる。1分ほど囀ってくれたのですが、自分、固まったままで、カメラ回せなかった(汗)。

ほんとは長い尾羽を期待してたので、やや残念なんですけど、キビタキ同様、人懐っこいようで、かなり近づいてくれると云う事も判明したし、夫婦共同で子育てするらしいので、チャンスは必ず訪れるハズw。 ・・と考えることにした。(+_+)。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

目口鼻に飛び込んでくるコバエ [瀬戸の生き物]

体長2~3mm、ナモグリバエか、ハモグリバエか まだ不明なんですが、シーズン的に春以降は凄く発生している。


↑こいつ。 手ぶれが治まらない。とピントも合わなかった(-_-;)。

歩いていると、必ず目の真ん前に数匹あらわれて煩わしいのだ。油断していると、目や口や鼻とかに飛び込んでくる。

以前、目が腫れあがったこともあったのでかなり神経質だ。

でも、少し性質が分かってきた。じっと動かずにいると、餌じゃない事に気づくのか、5分程で離れてゆく。動くとまた目の前に現れるんだけどね。

だから、多湿の薄暗い山道とか歩いていると最悪です。
※まっ、何かの餌にはなっているのでしょうけど、・・ヤブ蚊と併せて早く何とか対策せねば。

そういえばショウジョウバエも5月頃行くと、一ヶ所に1000匹以上は軽くいる所がある。理科の実験したことあるので、こちらは区別が付いたんだけど、そんな場所には座ってられないですよね。

帽子常用、・・とマスクは条件次第でしてますけど、効果が薄い。
更にメガネかければ良いのだろうけど、ロケーション的にファインダー除く格好になるので、ちゅっと妨げだったりも、・・何より、それじゃ、不審者か、変質者ですよね(笑)。

迷彩系と迄はいきませんが、暑い夏でも長袖のモスグリーンのジャケット羽織ってますし・・。山の中だ。誰かに見られるとやや恥ずかしい気持ちになってしまうのでした(汗)。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いろんなこと [瀬戸の生き物]

6月12日 もうヤブ蚊発生だ。 & 水槽のメダカ産卵

ヒトスジシマカ でしょうか。原発によるゴミの山を築くだけという高回転型経済社会の影響で、日本も年々暑くなってきてるから、ウエストナイル熱、チクングニア熱、デング熱、日本脳炎、マラリアなどに要注意かなぁ~


・・でも、24時間以上この状態です。水草枯らしてたのが原因だろうかぁ ?

初めて、サンコウチョウのサエズリが録音できたけど、空気が乾燥しているせいか今ひとつだった。
http://kitamunde.gozaru.jp/ ← Myほむぺです。 アップしてますので、聞いてやってくださいませ。

明日は、雨らしいので、明後日の早朝、霧の中で録音できるとうれしい。しょぼいセセラギですが、一応渓谷っぽい感じでして、早朝は特に天然のエコーが凄いみたいなんです。※はじめはRECが壊れたのかと思ってた(汗)。

それとイシガキ蝶が飛んでいたのと、孟宗竹林の近くで ベニカミキリが何匹も飛んでいたのみた。

・・蛍みたいな面白い飛び方してましたよ。

更に、小島にいるアマツバメの鳴き声を録音したくて、朝夕の30分ほど通ってるのだけど、300mも離れてると辛いです。時々、真ん中あたりまで寄ってくるので、その時がチャンスなんだけど、車やバイクが通過したり、大型船による波音で・・。ちょっとみ20羽ほどな様子なのですが、今、子育て真っ最中だと思うので、実際には倍ちかくはいると思う。巣立ち頃には100羽以上になるので、その頃には期待できそう・・。 (先送り)

もうひとつ、同じタカかどうか分からないんですけど、

先日は多分ハチクマって思っていたけど、今日のはサシバかも知れないと思っている。・・これくらいの写真だと無限に広がりますよね(ーー;)。

あいまいばかりなのですが、もっとハッキリとした確信がほしいので、やはり、まず記録ですね(汗)。← (完全負け惜しみ)


メダカも産卵してる [瀬戸の生き物]


メダカの水がにごってきたので、そろそろ掃除して入れ替えしようと覘いていると、ホテイアオイの茎に卵が付いてました。

ヤバイっす。 ホテイアオイは一度も成長したことがないのだ。日照不足だろうか。 今のも確実に余命宣告されてる状況。日陰でも夏の西日が差し込むようになるとかなり上がる。水温コントロールが非常に難しいのでした。

ここ3年ほど、数は減りながらも、卵は産んで多少は育っていたんですよねー。


今年は、1ヶ月以上早いと思う。

毎年1匹はいた ヒメダカが、ついにいなくなってしまってた。今年はどうだろう・・・

※孵化は水温にも関係しているらしいけど、10日~2週間程だそうです。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

マムシとニアミス [瀬戸の生き物]

薄暗い林道を歩いていると見慣れない小鳥がいたので撮ってみようと、スタンバイしていたのですが、どことなーく落ち着きがない、様子がおかしい。何んだろうと思っていると、直ぐ横でザワザワって音。 ヘビですねー(汗)。 しかも、この模様はまぎれもなく マムシ です。

・・息をのみますね。しばらくの間、身体が強ばっているのが分かりました。
                猛毒です。かまれると大変。手当てが遅いと助からないです。

秋のスズメバチも要注意だと聞いてますが、マムシは、春から冬の入り口までずっと注意が必要です。

山の中では、これらの対策も考えておかないといけないという思いはいつもあるものの、中々いい案ありませんよね。 ハチは、黒っぽい服はダメらしいです。襲われる確立が高いとか。 携帯用の血清とかないものね。 自分にもできることは、軽装で山歩きしないように心がけるくらいでした。

横にいたの 全く気づかなかった。^^; 撮れませんでしたが小鳥さんのおかげです。 感謝 !!


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

藪でニアミス [瀬戸の生き物]

最近、イノシシが出没していると地区放送があった。そういえば、4日ほど前、庭から見える小高い丘に以前あったことがあるイノシシハンターの方たちの車があるのを見ていた。

動物というと、この山には時々ネコもいるのですが、最近は、犬を連れて畑に向かう農家の人も増えている。クマやタヌキやイタチはいないと思うけど、何種類かのネズミやモグラは確実にいる。

これは、本日の午前中、竹やぶの入り口のところで見つけたもの。イノシシの糞(フン) かも知れません。シーと一緒にひってる。そうだとすると何か一歩近づけた気がする。イノシシ怒って突進されると怖いらしい。骨折させられたり腕を食いちぎらるなんてこともあるらしい。用心が必要だね。

ウンのトリミング写真

※これ、シーも乾いてないようなので 30分もは経過していないと思うけど、ネコや犬とは違うよね。!?


デダーーァ゙ !! アナコンダ かよぉ?! [瀬戸の生き物]

これマジ大きかったっすよっー。!! 2m近くあったんちゃう ?! ・・・ソンナァ !-O-! ・・ナイナイ ^ ^;

半分だけ写ってますが、アッタカモ・・(+_+) このクラスになると アナコンダ だよね。 ほんとに日本かよっ。! (原版を見せて挙げたいくらいなのですが、凄い迫力ですよ。)

えっーて思って、ちょっと ヒイて見ていると止まったんです。それで撮れたんですけど、覘き込むと プクッ、プクッって 膨らんでる。 大きなカエルを食べてるみたいです。 それも 2匹だぁー。

頭の大きなこと、大きくなことって、アオダイショウの大きいの見たことあるけど比じゃないですねー。長さも太さも凄かったよー。 そして最後に 1mくらい びょ~んって跳んだのには驚かされた。 蛇って飛べるんだぁね~~。^^;

PS : この蛇、口の奥に牙があってマムシにも負けないくらいの猛毒があるらしいってことは以前も言ったけど、頭部の後ろの首部 (頸腺という10~20cmくらいの部分) からも違う種類の毒を放射するらしいっす。それは猛毒ではないようですが、目とかに入ると失明の危険もあるとかないとか・・。 知らずに近づいてたけど、↓↓↓ 多分、こうなるとヤバイんだよねー。日中なのに目が鈍く光っていた。

「大蛇が毒吐いたのがかかって眠り続けた。」 なんて伝説聞いたことがあるけど、まさにそれですよぉ。 ワーっ (ToT)/~~~ 生きてて良かったぁーーー

レッドデータによりますと ヤマカガシ [ 愛媛県カテゴリー:低地減少種 ] だそうです。
こちらは、300m級の山ん中でしたが、国内の最大記録を更新したハズですぅ。


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山歩きの恐怖体験 [瀬戸の生き物]

おとといの春の山歩き中の恐怖体験がこんな看板を作ってしまいました(汗)。


※まだちょっとリアリティあり過ぎですねー(笑)。もうちょっとデザイン性高くしないとね。!


/////////////// ・・って、そんな悠長な場合ではない。 ///////////////////////////
 こちら瀬戸内海は興居島沖にある中島というところ。三津/高浜側の一番近いところからみても10kmちょっとはある沖合いで、半径100km圏内では一番流れが速そうです。

周囲 35km位の小さな島ですけど、何でイノシシが ?  ・・・この話を始めて聞いたのは 2、3年前です。当初は、絶対ウソだって思ってた。 役所が警告の立て札を設置するようになってから、おかしな話だなーって思い始めていたのでしたが、警戒する事もなく・・・

イノシシが海を泳いで渡るだなんて聞いてないよーっ。!!!

もしありえるとすると、松山市や伊予市のお役所関係で捕獲したウリボーとかを処分できないで、「島内にコッソリ持ち込んで、山へ放したんだろうー」 ってこと。

気になって調べていると、「イノシシは泳ぐ」関連の記事ありました。海上保安庁の方が巡回中に写真に収め追跡もしたとか・・・。

詳細はこちら → ttp://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/ihen/n021115.html

いやー、恐ろしい真実ですよね。母によりますと、昨年、近くの海岸に、ウリボー2匹が漂着しているのが発見されてるらしい。それから、役所が雇っていたハンターに仕留められたのも既にいるらしいのだ。(知らなかった。)

何か対策しておかないと、山の一人歩きもできませんし、農作物への被害も拡大しそうです。! まっ、でも、まずは、証拠写真だ。がんばってみますぅ。\(-o-)/



メダカ の赤ちゃん [瀬戸の生き物]

メダカ の赤ちゃんが、おとといかな ? 生まれました。今日は、2匹になっていました。

ちゃんとした水槽はありませんけど、20×30cm程のボンレスハムの発砲スチロールの中に、確か、今年の春からいます。母がスーパーのお楽しみイベントで買ってきたものです。始めは10匹くらいいたんですけどね・・・

・・「1週間に1匹くらいの確立で生き絶えていって。」 全滅も予測されてたのですが、ヒメダカ普通メダカ の2匹だけが残ってくれてました。水藻 も ホテイアオイ かな ? も 1、2度枯れてますが、そのつど買ってきているようです(笑)。

今は、スノコの蓋をあけて光を多少取り込むようにしてますが、水温が上がり過ぎるとつらい。しかし、赤ちゃんが生まれるとは思ってもなかった。誕生祝いに、ブクブクエアーも必要かなって思ってるのですが・・・。 また、時間が短くなりそぅ。 ^_^;


nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

毒蛇に遭遇 [瀬戸の生き物]

15日の朝、キノコを探していると、トグロを巻いた蛇に出会った。距離は、1.5m~2.0mくらい。

一瞬、立ち止まり、しばらく、目と目があったまま動けなかった。視線をゆっくりと動かしながらその様子を伺っていると、胴体の一部が不自然に膨らんでいるのがわかった。ねずみか何か食べているようですね。後から、動きで分かったことですが、かなり時間が経過しているようで消化も進んでいたみたいね。

かさかさ乾燥肌に何気にインドを思わせるようなヘビ柄。こっ、これは マムシ だ ! と思った瞬間、・・スタンバイしていたのだから、そのまま、シャッター押せばよかったのですが、なぜか、三脚の脚を伸ばそうとして慌ててしまった。ヘビの方が、その様子と音に驚いたようで、スルスルと草むらの中へと逃げ始めた。

////////// 毒蛇に ご注意 ! ////////////////
長さ6、70cm 程度かな。やや小さく思えてたので、今年、早くに、生まれたものだと直感的に思ったのですが定かではありません。最近、よく山に入っているせいか、こんな場面に出くわす機会が増えている。ヤマカガシにも2回遭遇してますが、どちらもカメラには収められなかった。

毒蛇とわかると無意識に動揺しはじめて、体内のアドレナリンが急増する気分なんです。蛇が大きいとカメラ持っていることすら忘れてそう。

野山を散歩する人は、マムシ・ハブ・ヤマカガシ の事は、熟知しておかなければ、「もしもの場合に、命の危険にさらされることになる。」とは、以前から考えだけは持っているのですが、携帯もないし、病院も小さいし、離島ですし・・

マムシは、30年近く振りです。朝から冷え冷えしています。生きてて良かった。(*.*)v

PS : フィールド関係のサークルの方たちのページ、簡素に詳しいもの見つけたので、ここで紹介します。 ヘビに咬まれた、どうすりゃいいの?

7/20PS : 午後 今年3度目の ヤマカガシ に遭遇。今回は、決してビビった分けではないのですが、ブレ入ってます(汗)。望遠10倍あっても、森林の中など、薄暗いと、やっぱり仕方がないね。^_^;

注) これまで見ていた、よく知っているヤマカガシは、もっとカサカサ系だったのですが、なぜか、本日のは、ヌルヌル系で首の上の黄色い模様が目立たないタイプ。このヘビは、頭の下から胴体に向かって薄黄いのが特徴ということです。黒いのもいるんです。・・ということは、別の色もいるかも知れない。このお目目とお顔立ちはよく覚えておく必要がありそう・・


nice!(7)  コメント(18)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

へび ニョロニョロ [瀬戸の生き物]

一瞬、ツチノコ かと思ったよぉ。ネズミか、カエルか、何か食べてるんですね。消化するまで、動かれんようです。

健康にも、ちょうどいいのは、腹八部目って言いますが、食い過ぎには要注意ですよ (((笑)))。

蛇見たの何年ぶりだろう。って言うか、春のポカポカ陽気の日に山に入ったのは20年以上だね。こんな日は確実です。・・これ、アオダイショウ だろうか。!?

 マムシヤマカガシは毒があるって聞いているけど、マムシは天然物見たことある。

この鋭い目、もしかすると巷でひそかな噂の、黒ヤマカガシ かも・・・

ヤマカガシは、まだ、10~15cmくらいの何匹かまとめて見たことある。赤い模様はちゃんとあった。黒いのもいるらしく毒蛇に見えないって聞いてる。ヘピは普通ヌルヌル質ですが、毒がある奴は、カサカサ質なので、何となく区別がつくけど、手当てが遅れると死ぬこともあるので、やはり用心が必要で、決して侮ってはいけない。

これからの季節薄着で山に入る時は特に注意が必要ですよね。しかし、頻度の多い、ミカン農家の人達は大丈夫なのだろうか。?

この離島にも、元町立の大きな病院があるのですが、まむし抗毒素血清ヤマカガシ抗毒素血清の用意はあるのだろうか。? ちょっと考えてみても恐いなぁ。


メダカいたよ。 [瀬戸の生き物]

子供の時分、よく遊んでいた八畳間くらいの農業用の貯水池のある場所に行いってきた。あのころとは、様子も変わり、随分と殺伐とし、空前の灯火といった様子でした。

微かですが、メダカ が生息している。ちょっと見、1/100 くらいに激減している。(絶滅まで後何年かなぁ。)

よくお店で売られているメダカは、品種改良されてるのが、ほとんどなようですが、こちらは、生態系を変えずに生息している。最近ブームのビオトープとは、また違って、天然って感じてす。

PS : 4/28  めだか、いっぱいいましたねぇ。エビやオタマジャクシとかもワッァてくらいいましたよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

海もの [瀬戸の生き物]

防波堤の上から、ふぐ・河豚・フグです。クサフグかなぁ。そろそろ、産卵期かも知れないねぇ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
瀬戸の生き物 ブログトップ