So-net無料ブログ作成
検索選択
うぴうぴガーデニング ブログトップ
前の30件 | -

カゲツ(花月) 葉から発芽 [うぴうぴガーデニング]

カゲツ(花月)というのは園芸品としての名称らしいですね。
父母に言わすと、カネノナルキなんだとか・・

正式名称 クラッスラ・ポルツラケア
ベンケイソウ科クラッスラ属
カテゴリ 多肉植物。


カゲツ(葉).JPG
写真の日付を見る限りでは、5月19日に、むしり取った葉を、玄関の下駄箱の植えに、ただ置いてました。土も無し、水も何もまったく与えてないです。

カゲツ(新芽).JPG
まだ2枚しか発芽確認できてないですけど、凡そ2ヶ月ですね~。

カゲツ(新芽up).JPG
根が出始めて、しばらくして新芽が出始める感じです。

信じてない訳ではなかったのですが、葉から増えると言うのは、どうやら、ほんとのお話だったようです~。
ちなみに屋外に置きっぱなしのものは、乾燥し過ぎて、ほぼ枯れてる様子です。 
発芽はみられません。湿度のある日陰だったら、あったのかもしれないです。

ここから、どうしょう。?
土に植える?!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みらくるりーふ 咲いた [うぴうぴガーデニング]

空梅雨というよりは、完全に夏なのですけど、最後のインドニームも、越冬できなかったようで、ついに枯れ決定です。 苗がうちに届いてちょうど4年目でしたけど、全滅だね。 やはり雨が少ない事や、冬の寒気は、特にきついみたいでした。 葉だけでも良いから買えるようにしてくると、鉢植えは、カナブンとかこなくなるから、助かるんだけどね~。

今、現地、大騒動してる様子だけど、南港と神戸かなぁ?、ヒアリ(中国のコンテナ船)みたいなの上陸している様子でして、コンテナに隠れて国境越えですかね。 噂によるとアナフィラキシーショックとかで死亡する事があるという凶暴な殺人アリみたいだわ。繁殖力もかなり強烈そう。


・・と言うわけで、ミラクルニームは枯れちゃいましたけど、ミラクルリーフは鈴生りで花が咲いてる。

枯葉や虫食い葉が目立って、汚らしい庭になってたので、手入れしようと見ていると、下のほうの見通しの悪そうな所、鈴生りみたいな・・

ここのところ、なぜか12月には蕾もちらほらと出来始めるのですが、2月中には殆どの個体が、根元から枯れてしまうなんて具合を繰り返してましたけど・・

マザーリーフ花1.JPG
でも、これまでも1輪とか2輪とか、少しは咲いてるのもあるにはあったのですが、サーチで見るような鈴なりの咲き方はしてなかったので、別種なのかと思ってたけど、・・良かったです。

マザーリーフ花2.JPG
振り返ると葉を2枚貰って5年過ぎた。

朝夕、海風が強いせいか、今じゃ庭中、あちこちにマザーリーフだらけ(汗;)

単独でおっ立っているものは、花、無理そうですけど、周りも囲まれてうっそうとしている個体は、越冬もしてくれてまして、風除け効果でしょうね~、暖かく成長できるのだと思う。



注意
育てるには十分な日差しと水分が必要です。
ハダニが付きます。
元気に育てないとデンデンムシやナメちゃんの餌になります。
四国あたりの緯度では、越冬シーズンに無残な枯れ方します(汗;)。
冬以外は、落ち葉から無数に発芽して増え続けます。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アロエベラの種できたみたい?! [うぴうぴガーデニング]

http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2015-07-04
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2015-06-12
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2013-07-13
果実、これで3回目になる。
温暖化、暖冬さまさまですね~。

アロエベラ 果実 2017-2.JPG
キダチアロエの花が終わって、年も越えたあたりから、花穂が伸び始めてるから、花が咲き始めるのが、毎年早くなっている感じはあるものの、暖冬と言ってみても、鬼のように冷え込むウイークもあるからでしょうけど、気候の変動に正直なんでしょうかね。 花期も毎年、微妙長くなっているということですよね~。 

まぁでも、それもやっと終わったようで、実は付かなかったなーって思ってたのですが、今朝発見です。 

アロエベラ 果実 2017-1.JPG
2本のアロエベラに果実みたいです。 しかし葉色相変わらず悪いな~。鹿沼+腐葉土+砂+醗酵鶏ふんより、赤土のほうが良いみたいですかね。?

検索はしてますが、メキシコのお宅で種が出来たみたいなブログは読んでるけど、国内ではまだ他に事例を読んでませんで~、 種が終わったら、土、入れ替えてみたいと思ってますけど・・

この地域、元々、雨はほとんど降らないんだけど、最近、冬季はそこそこ降ってまして、なので、来年も果実してたら、瀬戸内の冬のおだかな海風のもたらす恩恵って事になるのでしょうかね~。?


アロエを種から育てるツールも今ブームみたいでしょ。
うちは過去の物は、初夏の強風で全部落っこちてたので、今年は用心したいです。



あと、同じアロエの仲間ですが、シャボンアロエのほうは、ちょうど今、花がきれいに咲いてます。
不夜城は、そろそろ花穂が伸び始めている様子。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マルベリー : 根の病気 [うぴうぴガーデニング]

本日も異様に暑っかったですね~。

実は、発育が良くない桑が2本ほどありまして、先日から、引き抜く作業をしているのですが・・

1本目
桑の根 ブヅブツ.JPG
これは黒実のマルべリーの(雄雌同株種)ですけど、畑の、山斜面部に植樹していたのですが、引き抜いてみたら、変色したブヅブツが沢山ありました。

何かの病気なのだと思うのですが、対策が知りたくて、もっか検索中です。

2本目
桑の根 ネコブ.JPG
こちらは、10号プラ鉢で4年目になる、多分ですが、ヤマグワ(雄株)です。

ココのところ、葉も小さいし、成長が無いみたいなので、引き抜いてみたら、ネコブが沢山出来ている様子。 水はけ対策に、下の層に敷いた土が原因みたいです。

数年前にゴウヤ育てていたときのモノで、ネコブセンチュウが沸いている様子で、それも実が付かなかったものです。 その土をセメントの上に平たく伸ばして、熱湯殺菌していたものを数日間、天日干しして、木酢スプレーして、テスト程度に使い回してみてたのですが、このような状態(汗;)。 

仕方がないので、根は、トーチバーナーで焼き払いましたが、土をどうするか? 捨てる所もないし、もったいないし、・・問題です。



おまけ :
昼に植樹に畑に行ってみたら、やけに黒っぽいけどヤマカガシがいた。
ヤマカガシ.JPG
さっき(夕方)、もう一度行ってみたらまたったく動いてなかった。翌日のお昼にも、水やりに行くと、全く動いていない様子で、そこに、まだいた(汗:)。 3日目にもピクリとも動かず同じ状態でいたわ~。

貯水タンクと日陰があるからに違いありません。作業場に、視界の悪いゴチャゴチャした部分を作るもんじゃなという教訓ですね~。これくらいならば良いけど、2mもある個体もいますし、マムシもいます。 双方、猛毒持ってます。大きくなると、ヤマカガシのほうがヤバイです。かまれなくても頭部から毒を噴出すらしいので足元要注意でした。 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

庭ハーブ : ワームウッド(シルバーリーフ) [うぴうぴガーデニング]

・・この気候、5月のものではない。 何か、とてつもなく暑いですね~。


♪ 下手くそですが、最近調子に乗ってると言われてるおまけ動画(汗;)。


そろそろ蚊の心配もしとかないといけないので、本日は、慎みをこめまして、ワームウッドの増やし方を伝授いたしませう!!

ワームウッド シルバーリーフ.JPG
まず庭のワームウッドですが、現在3株で、3年目になりました。 2m超えてます。

http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2014-07-09
↑ 発芽時のブログ



うちは、裏庭に貯水タンクや水路の水溜がありまして、ボウフラがわき易くて、毎年ハンパない蚊の大群に襲われてたのですが、昨年は、蚊に刺された記憶が無い。 キッチンでは何度か見てるけど、部屋では一度もみてない。

夏は水をやらないときつそうですが、冬も元気そうで育て易いです。
何年草かはまだ不明ですが、樹木の仲間らしいっすね。

毎年、小さな花が沢山、咲いてくれてますが、なぜか種からはまだ1本も発芽してくれない様子あるのですが。

そこで・・
ワームウッド シルバーリーフ 発根.JPG
5月の初旬に、12本ほどを、ワンカップの瓶に挿してました。 一昨日、発根確認。来週、植え替え予定。


3月~4月急に成長が良くなる時期があるようなので、その頃に、古い年の枝が付いている新芽が5cm超えたら、下の節から1.5cmくらいの所で枝を切って、水栽培の準備します。


ワームウッド シルバーリーフ 発根1.JPG
明るくて風通しの良い日陰に、置いておくと、10日くらいで発根してくれます。 

昨梅雨と昨夏にもチャレンジしてたのですけど、それは全滅してる。 気温が高過ぎて雑菌が増える為なのか分かりませんが、夏が近いと無理みたいだったので(秋も)、 ・・・春の早いうちがお勧めみたい。

カップに挿すときは、最上部の新芽と葉1~2枚だけ残して、後はカットします。写真は、ほぼ丸裸の状態空から、2週間ほどで成長した葉です。

根が出るまで、水は、2~3日に一度新しくします。

根が1~2cmくらいになったら、土へ植え替えます。

1~2週間くらいは、こまめに水を与えます。後は、夏、枯れそうになってる時だけでOK。

大きくなると、風通しが良くなるよう、うっそうとした枝を落として、形を整えると良く育ってくれるみたいです。



PS : まだ試してないですけど・・
切り落とした葉は、乾燥させたものを、まとめて煮汁にし、ペットボトルに貯めておいて、害虫避けや、蚊避けスプレーとかにすると良いと思う。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マザーリーフ 蕾がいっぱい [うぴうぴガーデニング]

皆々様、あけおめ!(^^)! 2016年も、ことよろ~!!

年末から、16年前の世田谷一家殺人の犯人を推理してたのですが、まだまとまらないままなので、とりあえず新年は、庭から始めてみます。

マザーリーフの蕾が、年末頃から、次々に膨らみはじめてます。
マザーリーフ 蕾.JPG
国内では5月頃って事でしたけど、長雨と陽気のせいですかね~。

マザーリーフ 蕾01.JPG



タンジーの発芽も10月頃から続いています。
タンジー発芽.JPG
枯れた花の房をそのまま、指先先で崩しながら蒔いてたのですが、殆ど発芽しませんで、率はかなり良くないものの、現在20本くらいが成長中。 条件厳しいようですね。

芽は春菊に酷似してました。1mmくらいになるのに、早くても10日以上かかってる感じで、10月に発芽したものは今5cm超えて、植え替え直後から害虫に葉を荒らされている最中(汗;)。 ・・・マダヨトウムシイルノカヨー

シルバーリーフ01.JPG
冬でも元気ですね。これは蚊を遠ざける効果抜群なのですけど、ワームウッドのシルバーリーフです。

幼虫(カイコかも).JPG
9月頃からちょいちょい様子みていないと大きなヨモギエダシャク? の集団に凄い勢いで葉を食い荒らされます。 
nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お庭版ニュース 梅雨だー!! [うぴうぴガーデニング]

長過ぎだったので、前記事から改行分離してきました。
またまた新発見もあったので、では・・

☆ うぴうぴガーデン お庭版 ニュース 6月梅雨だーわ!!

5月末発見 ミラクルリーフに1個だけ蕾が 
ミラクルリーフの蕾.JPG
越冬すれば花は咲きそうな予感はあったものの、 条件がかなり良い場所でも、ほぼ枯れている状態だったから無理だろうなぁとは思ってたのですが・・、4年目の快挙です。


あと桑の実の収穫はそろそろ大詰めです。 
桑の実酒 4L.JPG
※毎日100~200gくらいずつが2週間くらい続きます。こちらの地域では、黒ずんだその日に害虫より先に収穫しなければなりません。リカーに漬け込むまでですが、昨年は、ウイスキーのアルコール瓶と一緒に冷蔵庫に入れてたのですが、カビにやられてしまったので、今年からは冷凍保存備蓄してます。 本日は、用意した2個の大鍋で、湯を沸騰させ、そこへ少しずつ、10~15秒くらいさらし、煮沸殺菌をすませ、まとめて冷蔵庫で半日ほど乾燥させてから漬けてみました。 

いつもの通販薬局で瓶が安いかったので、今年は 余裕の4リットル。もう1~2本あってもいいくらい。約半年くらいで桑の実酒になる。


バジルは・・
スイートバジル.JPG
今年で2年目です。 イタリアンのスイートバジルは、葉ダニの影響かで、葉色がいまいちですが、そろそろ収穫できそう。 タイバジルのほうは、気温が足りないのか、まだ3~5cmくらいですが、雑草と区別がつかないですね~。 食害に強い野菜たち、健康にも良さそうです。 写真は、ミニミニビニールハウスの中においてある分、葉がやや食べられてますが、何者かが発見できないまま。 犯行は深夜0時~明け方4時までの間と特定、引き続き捜査を続ける。



アロエは自然ではどんな環境で育っているのでしょうか?  
花も、ほぼ終盤なのですけど、食害と病気対策で水を与えない事にしているのが原因なのか、葉色が冬のままなので、アロエ酒のほうは、今年も見送りになりそう。 ・・大きなビニールハウスでもないと難しいのかも知れませんね。 ちょっと調べてたら、結実は、「乾燥地のみらしく国内ではほとんど無理」とありましたが・・

アロエベラ 結実.JPG
なんと、アロエベラ2本、計3個 結実してた。 一昨日からの強風で2個は既に落ちていますが・・。 検索してみたけど、これって、放置ものとしては国内初快挙かもょーv(^0_0^)v。

一昨年はシャボンアロエが1個だけ結実してくれてたのですが、種を採取した後、容器に入れて花壇に持っていこうとして、躓いてコケまして、何処に落ちたのか発見できず、パーになった事あったけど・・(爆;)

シャボンアロエの結実.JPG
更に12日、シャボン(サポナリア)も2個結実です。

双方とも、プレハブ小屋のひさし下に放置したまま、除草となめP退治くらいはしてますが、水も与えず、ほぼ措きっ放しでした。鹿沼(赤と腐葉土+発酵鶏糞(微妙)が良いらしいので、土質改善も予定してたところだった。


3本だけ発芽成長していたワームウッドのシルバーリーフですが・・
ワームウッド(シルバーリーフ).JPG
昨年は、ちっとも大きくならなかったのに、この春から急成長を遂げまして、10号鉢にあわなくなったので、地下植えしてみたら、今、1.5m超えてる。 今年は、害虫や蚊が少ないような気がしてる最中です。 例の秋発芽のタンジーも鉢から地下植えして50cm超えるくらいになりました。



あと、庭中に増やしていたペニーロイヤルですが大変な事になっている。 除草剤で全撤去を計画中。ナメPとダンゴPが巨大化している原因の可能性あるし、バッタや蛾の幼虫、よとうむしが結構集まる。

ヘンルーダーは花も終わり種が出来ていますが、これも香りがきついせいか、花の終わる時期から結実したくらいの間、ナメPの餌になっています。 最初の年は、アゲハ食害がすごくて、昨年は、アオバコロモ大量発生で、今年は、更に小さい白い蛾のような虫がすごい数、集ってて、揺らすとわーって埃みたいに飛びたちます。 10本以上に増えてますが、ネコは普段と代わらなく寄ってくるし、手に負えないので、年内に、全撤去計画中でした。
↑センダンの木に夏集まるコナジラミに似ていますが、真っ白で、写真に撮れない位、もっと小さいくて、フワフワした、「♪フぅケバ~飛ぶようなぁ~」 みたいな感じのやつらです。 

多分、仲間ですかね~、バーナーや木酢スプレーで追っ払うと、一時的みたいですけど、ペニーロイヤルにも同様に集まってますから、集団で移動している様子でヤバイ。 バジルの葉の栄養抜けや、煤病みたいなのや、アレルギーなんかの原因かも(爆;)


近くに植えてるゴボウとかの大きな葉は、1日で30%くらい無くなってたりしてる現状。 原因不明、木酢効果無し。1m超えてアザミみたいなつぼみが出来ていたので花が見たかったのですが、早々に伐採すませました。


察しますに、ペニーロイヤルやヘンルーダに蛾や蝶の幼虫がいないと、春から夏にかけて、このコナジラミの仲間が双方に寄生するようですかね~。 除草などの作業で、卵か幼虫か、呼気に取り込んだのではないかと思われる自分の症状ですが、妙な咳と、身体がかったるくなって軽い偏頭痛して、起きてられなくなり、不自然に何時間でも眠れてる。



おまけ : 6月20日完成 ホースホルダーです。
ホース掛け.JPG
耐圧ホースは、2年ほど前に、水やり用として買ってきてたのですが、節水とはまた別に(ナメP対策とかで)水は使わない事になりまして、最近、園芸バーナーを使用する事が多くなっているので、防火・非常時用に・・って感じです。 

足元の枯れ葉とか掃除し易くなったので、やや便利になりました。

UV対策塗装済み。
nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨本番 ナメP シーズン到来 [うぴうぴガーデニング]

・・冬の間も雨が多くて、寒気の影響で3月が一番寒かったようですけど、其の後は梅雨入りまでの間、ずっと夏日ですから、 例年並に多くて、ナメP撲滅運動も続けてはいますが・・

ナメP と ダンゴッP は、庭の桑やアロエやハーブを食い荒らしてくれる。 

特に、マルベリーの実は、どれか気に入った数個の果肉葉や果実に集中するようで、被害にあった実は白く腐ってます。 熟していない実は腐らせないと食べられないので、いっせいに取り掛かってるのだと思いますけど、なので、彼らにとっては、「腐らせてでも食べる」は、数日続く共同作業のようですね~。 毎日、木登りして同じ実に集まるみたい。 帰省(寄生)本能なのか一度覚えた餌の場所は、忘れないのかも知れません。 

ナメP には、このような不思議な性質がいくつもあるので、まずはそれを把握しない事には、この長く続く戦いには、到底、勝てっこない。

バジル系は苦いためか、葉に穴開けたりする被害は少ないほうなのですが、ハーブとかと一緒で、発芽と同時に殆どが食べられてしまうような事は良くありそうでした。 水やりを控える必要と水やり日を選ぶがあるんですよね~。 それから新芽のうちは、茎の下のほうも枯らされて倒されてたりします。 数日で黒く変色して栄養が遮断されて細くなっているから分かる。

ナメPにはいつも驚かされますが、こういう食害は、樹木も同様でした。
インドニーム越冬.JPG
インドニームもミニミニビニールハウスで越冬してくれていたのですが、春に水を与え過ぎたせいか、枝や幹先端の新芽やられて2本とも枯らされてた。 その後、2ヶ月ほど変化無しが続くいてて、ほぼ諦めていた矢先、5月の中頃から1本だけ幹の下のほうから芽が出始めて、今このような現状。 ・・ラスト1本です。


ナメPは鼻がシェパードより利くのではないかとの予想もあったのですが、鉢植えに堆肥を入れて、水だけたっぷりやっておいても集まるから、それは、湿度の高い温かい居場所に集まる習性なのだと思っています。体全体が触覚のようになっているとみている。

今、全長1cm満たない小さいものも多そうだから、産卵は4~5月頃かな。 国内は全域分布なんだろうか。?

去年までは木酢に頼ってましたが、原液以外は、効かないし効きが遅い。 ・・原液ぶっかけていると植物も枯れちゃいます。

・・で、今年から、造園用にガスのトーチバーナーを使う事になった。 除草剤より良いし、害虫全般に使える。 ナメPやダンゴPも秒殺できる。

ガスバーナー修理.JPG
しかし、この3ヶ月で、既に、ガスカートリッジを3本使いはたしてますけど、先日とうとう、カッ!! ボーッ!! ってなる筈の点火部が、負荷が無くなると言う、不調に陥ってしまってる。 雨が降ると、ハードになりますから・・(汗;)。 ガスも半月で無くなる。

チャッカマン点火装置.JPG
カバーは、横のネジ1本で外れた。 チャッカマンの点火装置と同類だったので100均のですけど交換してみたら復活してくれました。 ただワイヤがハンダ付けできないので、カバーに穴あけて外に持ち出して細いスリーブで圧着しなければなりません。普通のリード線みたいに2本あわてクルクルと捻ると切れますから、短くなると点火出来なくなるので要注意。 元の点火装置、サイズが微妙大きい過ぎるのかも知れませんね。 あと熱耐性とかもいまのひとつのような感じかなぁ。 

トリガータイプの方が良いかも知れませんね~。


で、ナメPですが、雨が降ると予想を上回り活発的になり、凶暴化します。 部屋に入り込んで、家具のプリントを食い荒らしたり、お菓子の箱のプリントを食べたりもします。 糊が好きなのかも知れません。 彼らは普段は弱っている仲間がいると共食いするので、炙ったらそのままにしておくと、植物への被害が少なくなりますが、雨の日はわき目も降らず目的地へ一直線のようでして、駆除剤なんかも効きませんし。

シーズン中は、量や大きさから言って、かなり遠征してきている気配もある。 撲滅めざすならば、回避剤の方が良いと思うけど、どおしても被害が続く場所は 「 ♪ ビアーガーデン始めました~」とかもいいのカモ~(笑;)。 

何より、繁殖を抑える工夫が必要そうですよね。


夕方と寝る前と夜明け前後にも、フル装備で庭に出向き、炙りまくります。 これをずっと続けていると収穫できる。 あと雨が降らなくても湿度が高いだけでも増えますから、油断大敵でした。 今年はまだ数百ですけど、昨年は数千は退治していると思う。

雑草や枯れ草をバーナーで炙る際は(←軽い野焼きで、苦土石灰の代わりにもなる)、やけどや火の不始末に注意が必要です。 最近、ホームセンターにも、カンカンの消火器とか売ってますから必需品。


余談ですが・・
苦土石灰は気にしないみたいでしたが、塩は嫌いなようで、ひじきなどの海草を天日干しして幹の根元においておくと被害が少なくなるみたい。 ガラス面でも登るし、浅くて短い水溜まりトラップくらいならばもぐって通過します。 銅箔テープが良いらしいけど、こちらのダイソーには置いてなくてまだ入手出来ていないので効果は不明。 木酢をギリギリ濃ゆくして注いでおくとトラップは有効そうでしたが、長く続けていると根が傷みます。

ナメPの天敵を紹介
・ 動きが遅くて天敵というほどではないけど、最初にであったのがコウガイビル。
・ 検索でヒットしたのがハトです。また捕食しているところは見たこと無し。
・ 雨の前後に、ヒキカエルが良く庭にあらわれる理由は、ナメPの捕食のようでしたが・・


nice!(17)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

樹木のDNA伝承システム [うぴうぴガーデニング]

寒いですね~、雨続きで、せっかく発芽していたレッドオーク(レタス)全部枯れてしまってた(汗;)。バジルも成長ストップしたまま2週間ほど経過です。

東京では、雪降ってるしで、いろいろ大変ですね~。


先々月ですけど、温かくなってからというもの(2月~3月温かかったのに)、・・髪うっとうしくなりまして、冬は時々しか風呂入らんから、身体も、お犬様の臭いしてるし、でぇ、初めてですけど、マリンカットにしてみしようと思いつき、親のバリカン借りて、これまた始めての、自分刈りしてみたのですけど・・

ハゲテキタ.JPG
前、残すのがすごく難しくて(←長い髪用カートリッジもあるにはあったんですけど、これが初心者には使いこなすの無理そうでぇ)、結果、12mmの丸坊主になりやした(v恥;)。

先ほど写真撮ってみたら、かなり伸びとる。 しかも真ん中、ハゲて来よる。 全く気かなかったけど、やばい感じですね(爆;)。



☆ そして庭で珍事です。
種から育った桑の木ですけど、4本中1本だけが、見慣れない花を咲かしていたのですが、ここのところの降ったり止んだりの雨の合間にナメクジ大発生していたらしく、花の咲いてた桑だけが、ほとんどの葉が食べられて丸裸状態、たった2~3日の間にですわー\(-o-;)/。

そして、もうひとつ驚きなのは、元は4年ほど前にオークションで買った苗だったのですが、一昨年の種から育ったものが、別種な事が判明してる。 

桑の葉DNA.JPG
挿し木で増えたものはすべて、雄花雌花同じ株、同種の桑なのですけど、種モノは、葉の形は恐竜の足跡みたい(カクレミノに似た形)で、葉にそこそこ艶もあるんですよ。写真はいまいちですけどね。

桑の木DNA2.JPG
花は小さいけど鈴なりみたいなので、雄花の可能性あるんですけど、挿し木の花とは、ぜんぜんタイプが異なるものだった。

もしかして山桑ですかね。?
桜といい、イチョウといい、なぜ、こんな事が起こるんだろうか。?
・・仁ですよね。 樹木のDNAの伝承は、とても不思議な世界なのでした。





PS : 長く不動だったドリルドライバーが、LED用のコンバーター(※先週 " Y・オよろずの神" で買ったもの)経由で動き始めましたので、次回、特集予定です。
参: http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2014-03-02
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

2日目 バジルの種に生物膜 [うぴうぴガーデニング]

スイートバジルの水栽培の実験中ですけど。

スイートバジル発根1.JPG
↑ 生物膜? これって、なんだろう。?

種、水ぶくれで、日増しに大きくなってる感じの最中、3日~4日目にして発根確認です。

室内環境(東側・朝から日中、日の差し込むダイニング)
最高室温19℃くらい(午後から夕方くらいまで)
最低室温13℃くらい(午前から日の出後くらいまで)


近くの公園では、まだ "染井よし子" 婦人会さんらも哀れ枯山水って感じで、まだ変化無しという近況ですけど、山手の人の手の届かない場所を見上げると、山桜はちょうど満開ですね~。


自室では暖房使わなくなって数年ですけど、やっと免疫が出来てきたのか、最近、それほどは寒くない。 何度か、「うっ、超寒~っ」って思って、室温確認した中で一番下が、5℃もあった。 でも来年こそは、耐寒丸洗いシェラフ買うぞー。 


・・雨多かったけど、例年より 2~3℃は温かいみたいです。


日本の平均気温は、今世紀末までには、3.0℃以上上昇する見込みらしいから、異常気象は、今世紀絶え間なく悪化し続ける様子も伺えてた。長野か秋田あたりでは、年間の日照時間が超少なくて、2日に1度は雨日で、記録は更新中らしいです。 野菜だけでなく、山々の樹木や植物へも、生態系へも悪影響ですかね~。


いっぽう屋外(うちの庭)では、3月の初旬までぎりぎり持ちこたえていたミラクルリーフが、この2週間ほどでほぼ全滅です。 多分、寒気による朝霜の影響だと思うけど、先週17日は、早朝、市全体が雲海に覆われて、松山城が天空の城(竹田城跡や備中松山城)みたいになっていたらしいっす。


15越冬・桑の実.JPG
そして、秋に花が咲いて、熟れてはいませんけど、未だに実を付けたままの桑の木が2本ありました。 葉が開ききるとまた花が咲きます。6月頃には黒い実が沢山できます。 この話だけだと年2回開花ってと思うけど、昨年中は3回咲きました(笑;)。 極寒の上空寒気ですね~。




☆彡 ここからおまけ的、余談なのですけど・・

「地震雲」について、最近、やっとおぼろげながら、その実態が掴めつつあるのでメモしときますけど・・ってか、検索してみると、最近、かなり情報多くなってるわ~ねぇ。


躯体など構造用のコンクリート(生コン)は、建設現場で、テストピースなどにして、設計強度に達した頃に、圧縮強度(せん断破壊)テストにまわしたりする事が時々あると聞きます。

その際に、数百トンという力をゆっくりと加えてゆく過程で、青白い静電気を発生させながら(微電流と高い電圧が発生している筈なのですが)、破壊点寸前で、タイヤがバーストなどで突然破裂する時のような、破裂音をたてながら、エアー抜けのような現象を見せる事があるんだとか・・

大陸プレートの重なりあうトラフ付近の地殻変動により、陸地の地盤面が広範囲で加圧される事があるとすると、コンクリートの破壊テストと同じような事が地盤面付近でも発生するのだと考えてみると、それが地面から立ち上がるような 雲 として現れる現象は、いわゆるこれが「地震雲」の実態なのではないかと・・

だとすると、低気圧が発生している時や上空に寒気が入り込んできている時は、地中から噴出した湿度の高いエアーは、南方から運ばれてくる湿度の高い空気が、急激に冷やされて積乱雲を発生させるのと同じ体質のもので、同じ原理で、雲を生じさせているのではないかと言う事なのですけどぉ。


ただ地震の予知としては正確さには欠けてるという実感もありまして、地面は、試験場のコンクリートのような単体ではありませんから、地圧が増し地盤強度(地耐力)が破壊されたとしても、直ちに地震に繋がるかどうかは疑問がある。可能性無しと言っているのではないですけど、それは、翌日か、或いは半年後か、或いは何百キロ以上も離れた別の地で地震として表面化するかも知れないですしね。 

コンピューター化が果たされた現在でも、今の地質学や建築や地震研究の分野では、そのあたりの計測と予知と結び付けられてはいないと思う。データー揃えるのが容易でないから、スパコン「京」でも難しいのかも

nice!(24)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

CDパッケで発芽実験 [うぴうぴガーデニング]

うーっ、雨が降ると超寒いっす~。
日中、温かくなってきてるけど、そろそろ発芽シーズン到来ですかね~?!

ウェザーでは、週末14日頃から、「春の到来です」って言ってたけど、植物固有の「発芽適温」というのが、最低気温なのか、最高気温なのか、或いは平均気温なのか、どうも今ひとつよく分からなくて研究中なのですが・・


今年は、タンジーとホーリーバジルとオマケで貰ったレッドオーク(レタス)、スイートバジル、ケツメイシを栽培予定です。

・・が、まずは約半坪の自作花壇に住み着いてるモグラを退治しなければならないのだ。 放置しておくと、根がやられてしまって植物が育たないからね~。


CD発芽キット01.JPG
先日、CDケースを利用した発芽キットに種まき(3/5~3/6)を済ませました。


唐突ですが人類が、今世紀に抱えている最大の課題は、増え過ぎた人口対策と、健康に生きる為の食料事情と、工場や家庭から排出される環境汚染の原因や大量ゴミの処理法と、環境に優しいエネルギー政策、あとM&Aなどによる格差・貧困層拡大対策なんですょ~。  ・・ですから、まず、人々の日常に、リサイクル・再利用の精神やゴミ自体を無くすという考えはとても大切なんですわ。


・・と、まぁ聞き飽きた戯言は置いときまして(笑;)、先行して、昨年の成長株(1本だけ)から種が摂れ過ぎてるホーリーバジル(←500個以上摂れますょ(19日発芽))とレッドオーク(←9日発芽済み)とタンジー(←14日発芽)蒔いてみたょ。

CD発芽キット02.JPG
キッチンタオルというフカフカのロール紙をカットして敷き込み、種蒔いて、ティッシュ1枚を剥ぎ取って覆うという保湿法なのですが、旨く発芽してくれるのかとの疑問もあるのですが、あとカビくるかも知れないしで、実験以外の何者でもない段階ですけど~


○ 注意点
① 水は常に新鮮なものをスプレーで必要最小限毎日与えてみる。
② ダイニングは温度が安定しているので、そこにセット。
③ テラスでもミニミニビニールハウスの中でチャレンジ。
以上

※その「発芽適温」はクリアしていても、霜が降りてたり、霜柱が出ると、新芽は、全滅する事良くあるらしいのですょ~。かと言って遅過ぎてると害虫やナメクジの標的になり、これも全滅の危機ですし、植物を育てる事も、まさに自然の猛威との闘いですね~。




☆ 昨年の失敗談話ですけど
・・ほぼ全種が発芽してたのに、害虫か微生物かにやられたらしく、早々に全滅してしまったというタンジーなのですが、思いつくのが遅くて、種植えが初夏頃だったのが原因かも知れませんけど・・ 

しかし、先月、準備で庭の様子を見ていたら、片隅に置いていたプラ鉢に異変を発見してまして・・

秋吹きタンジー.JPG
この辺りでは見られない・・ギザギサ葉、これはまさにタンジーだと思う。 

察しますに、発芽NGの後、発芽セット(ペットボトル)の残土を、ヘンルーダーの鉢に使いまわししてたので・・奇跡的に秋吹きしていた様子だ~。

・・1本だけですけど、秋吹きタンジーだねぇ。

北海道でもすくすく育つなんて事は聞いてたけど、雪の下でも越冬出来るんでしょうかね。?!

ほぼ終日日陰な場所だったのですが、寒さや干ばつなんかの悪条件にもそうとう強そうだし、このタンジーやエビスグサは、農薬なんかよりも、センチュウや害虫対策、草木染にまで、いろいろと役立ちそうで、コンパニオンプランツの担い手的な必須アイテムちゅう分けっす。
nice!(12)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ミスリード [うぴうぴガーデニング]

広島市(安佐南区)の土石流、被害で亡くなられた方々100人規模になりそうですね~。豪雨は、夜半過ぎ、たった3時間ほどのようですけど、台風の影響もあったし、山の斜面、結構、水含んでたんでしょうね。

ほどんど面識無しですが、父のお兄さん家族が近くに住んでるらしいのですょ。

前夜に、避難勧告出せなくても、近くの学校開放さえしてくれてれば、誰も亡くなられずに済んでたはずなのに・ね。 場所は、県営住宅とか並んでいて、良好な居住区エリアのようで、そんな関係で、併せて住宅建設ラッシュエリアだったようで、やはり、んな関係でか? 人的被害は税金負担しなくてもいいけど、家屋倒壊が広範囲ででると税金負担になるんで予算に響く、負担が変わらないのならばここは手堅くダマハチという事で、「勧告無し」だったのかもしれないですね~(爆;)。

当日の早朝から、近県の消防、自衛隊、警察(大阪府警からもかなり・・) 1000人規模体制で捜索、復興に従事している様子。地元&近県ボランティアだけでも3000人規模らしいです。


うちからは、瀬戸内海を挟んだ反対側なのですけど、直線距離は40kmくらいかな~、まだ天候も山斜面の状況も不安定そうなので、いろいろと難航しているみたいです。


そして、うちわと言いますと、母の弟夫婦が仕事のついで、と言うことで、ここ1週間ほど滞在してくれてました。親戚とは言え、他人が何日も家にいるのは、さすがに疲れますね~(汗;)。 子供ならまだしもね~

やっと先日引き上げてくれてますけど、とんだ夏休みやで!!

まぁそれは置いといて、久々の更新ですけど、ここのところ YouTube動画の作成に忙しくて、ずっと疎かにしてましたm(_ _;)m。




■ 前記事に引き続き、庭の状態です。
台風以降、雨日と曇りと銀々晴れ日が交互に続いてまして、枯れそうになってたり、急にワサワサしてきたりで、トータル的に成長良いとは言い難い現状ですけど、まずは・・


タイバジル.JPG
これ、1本だけ成長してくれたというバジルは、花・葉の様子から、タイバジルではないかと行き当たってます。30個も種貰って1本しか育たないと食べる気しないですね~。


センナ.JPG
そして、モクセンナか、コバノセンナか、ハナセンナかまだ分かっていませんがその辺りだと思います。先日、雨間中、花が咲きました。こんな木、近辺には何処にもありませんから、野鳥が運んできたのだろうという推測の元育てています。 ※訂正です。 こちら、6枚葉で構成される羽状複葉ということで、エビスグサ、この果実が、決明子(ケツメイシ)と言うのだそうです。秋にはハブ茶が作れそうです。島根で生産されてるようなので、そちらから鳥が運んできたんだと思う。


ルッコラ.JPGルッコラですけど、接近中に害虫の食外にあい、台風通過中に潮風にあおられて、塩害、今、こんな状況。 害虫の為に育てているようなものですね~(爆;)。


スイートバジル.JPG
スイートバジルも、塩害でかなり痛んでましたが、悪天候の中でも成長良いです。食べられると良いけど・・




今年は、庭にカブトムシです。昨年は初めてメスが来てましたが、今年はオスが2匹。
かぶとむし.JPG
10号サイズの何鉢にも、腐葉土いっぱい詰め込んでると、寄ってくるんですよ~。カナブンとかがセンチュウいっぱい抱えて飛んでくるの分かりますね。木酢、2~3日も空けると、ほとんど何も効いてないみたいな状態ですぅ。?!



♪ おまけ : ♪ ファイト! (中島みゆき) 弾き語り

・・唾の音まで録音されてしまってる。お粗末っしたm( _ _;)m
あまり知らない歌ですけど、吉田拓郎さん風に真似てみたつもりっす(汗;)。なんか違う曲みたいになったべ。 ちなみにキーは、F ・4カポでやってます。
nice!(13)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

'14 暑中のお見舞い申し上げま~す [うぴうぴガーデニング]

世間は、もう夏休みなんですね~。

うぴうぴガーデンにも随分と遅れた春がやってきてる。おまけにホワイトゴーヤにゴマダラカミキリまでがやってきてた。

ゴマダラカキミリ.JPG
アップで見ると、とても、ひょうきんなお顔だちー。

・・暑中見舞いの挨拶なのかぁ?!
 
多分、ハーブ・オブ・グレイス の称号的異名をもつ、ヘンルーダに誘われたのだと思う。害虫対策に横に植えているんですけど、柑橘系ではあるんだろうけど、強烈な甘く危険な香りです。


本日の一句

 おお虚け 時充ちて 天下武布(ブク)
             from うっぴぃ~


☆ という分けで、先月末に到着してた「種」の発芽現状(初旬の写真)です。
ルッコラ発芽.JPG
発芽シーズンは既に終わってるんっすけどね、とりあえず最初は、おまけで貰ってたルッコラでした。 翌日発芽、その後も順調に生育中。台風の影響で気温が下がって湿度が保持できたのが良かったのだと思いますけど、日照不足気味でヒョロヒョロだ~


ゴボウ発芽.JPG
その次の日には、モグラ対策のゴボウも、次々に発芽。 既に所狭しといった現状です。

バジル発芽.JPG
そして、その次の日にも、スイートバジルも発芽。 春にも沢山買ってたのですが、1本しか育ってなくて(多分ナメ・ダンゴ食害)、それも今現在まだ15cmほど、かなりヒヨワイ感じなのですが、今回のは沢山芽吹いてくれている。 乾燥用のネットに感謝だ。


タンジー発芽.JPG
上の3つは、種があまりに安くて、あまりに申し訳なかったので、余分にチョイスしてたものでしたけど、本命の害虫対策として買ったタンジー、発芽しないのかと思ってたら、4日目にやっと発芽です。

これ、ワームウッドと同じで、種も、鼻息で飛んで行くくらいハンパなく小さいのですけど、新芽も超ちいせーっ !! んですね~。14日現在、アミ目から進入してきたと思われる害虫に、フタバを食べられてた。1昼夜のうちにほぼ全滅させられた。犯人の特定は出来ていませんけど、1mm目にしないとイケなさそうな予感。

ちなみにワームウッドは、3月末から4月初めに発芽し、3本だけが成長中。 発芽成長確立1/10以下でした。現在その3本、30cmくらいに育ってますけど、不思議な事にいまだに茎がないのです(汗;)が、こんな育ち方で良いものかと、検索しまっくってみても、ぜんぜーん、情報が見つからない。

ワームウッド(シルバーリーフ苗).JPG
はい!! これがそのシルバーリーフ。それほどシールバーリーフって感じは無いですけどね~。 なぜか、フェニックスの葉の部分だけのような状態でして、葉形状は、確かにワームウッドに酷似してるようですよねー。


発芽用保護ネット.JPG
今回は、保護ネットの必要性も、十分に実感できた発芽/発育体験でしたけど、いずれは、SPF材で1m規模のフレーム枠作ってアミ戸用のネット張ってみようかと検討中でした。このまま外に植え変えると、また食害されてしまいますからね~。 なんせうちの庭、害虫被害とても酷いんです~。

2L・ミネラルウォーターの四角いペットボトルや台所用の水切り不織布も、造園用途で、結構、重宝してくれていますょー。


PS : 5年目にしてやっと ゴーヤの育ちが悪い原因がわかりましたぜー。
ネコブなどのセンチュウ増加による土壌の連鎖障害らしい。 マリーゴールド(エバーグリーン)か、キトサン溶液が良いらしいですけどね。今は増え過ぎたペーニーロイヤルにガードされてる現状です。これ、微妙ですけど、センチュウ対策になるという記述もあるにはあった。 

今後、えひめAI-1  AI-2 の自作にチャレンジする予定なのですが、併用できるでしょうかね~。?!




♪おまけ : 涙のキッス(SAS) アコギ弾き語り

・・時間かかりそうなので、とりあえずUP m(爆;)m いずれまた後ほど~
ちなみにキーはAでカポ1、オリジナルは C なので3つ落としてます。

nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

野生化してるヤノネボンテンカ [うぴうぴガーデニング]

かれこれ1年振りくらいで、あっちゃまビぃち に行ってまいりやしたら・・

おやおや、綺麗な花が咲いちょるょー

ヤノネボンテンカ.JPG
ハマヒルガの変種かと思いきや、どうもアオイ科みたいな・・、帰って検索していると、野生化したヤノネボンテンカである事が判明。 一昨年くらいから時々見てたのですが、今年は、浜辺のあちこちにポツリポツリと繁殖している様子あるね。

あとヨモギだと思うけど、大きく育ちますね~。これも波打ち際から10mも離れて無い砂浜ですけど、いまや、1.5mくらいになって、ワサワサ、うっそうとしている。



いっぽう、うちの庭では、休戦無しでナメ・ダンゴ戦の真っ最中っすけど・・

ハーブの種植え '14.JPG
先日、種色々と買ってきてたのですが、おまけで貰ってたルッコラの種、植えた翌日、次々発芽してくれてました。 ゴボウも翌々日には発芽の兆しみえてます。いずれも、まだちいさ過ぎで披露できませんけど寒気と梅雨様々ですね~。


買ったのはタンジーとかですけど、発芽次第UPしますけど、今年こそ食われてしまわないように、徹底対策して、徹夜の番だ。

ナメキラー.JPG
↑ こちら、アロエのナメクジ食害対策の新兵器、花壇のつおい味方、ナメ・キラー 14' っす。
大小の鉢皿を使い、外側に木酢を5mmほど入れて、内側はひっくり返してプラ鉢を乗っけてる。

花壇のダンゴキラー.JPG
↑ そしてこちらが、ダンゴムシ対策の落とし穴、ダンゴ・トラップ 14' っす。

モノは小さい黒ビニポットか、ペットボトルを切ったキャップ側もの(土台側はポットにもなる)。 高さは10cmくらい。降雨や散水の都合上、底は穴が開いてるほうが良いです。 ヘンルーダーの枯れた葉を底にいれて、霧吹きで水をスプレーしておくと落ち込みます。 

彼らはモグラと同じで、ツルツルした垂直面を登れないのでした(笑;)。

・・ナメクジが登れない素材を作りだせれば、ノーベル賞ものなんでしょうけどね~。まぁ、今年は、除菌(50%)アルコールスプレーで秒殺出来ることを確認できやしたので、大きな進歩。

あとモグラ対策は、地下60~100cmくらいで、薄いブロック板を敷きこみ、回りに1cm角目の園芸ネットを立て込み、土を元通りに戻す。 ブロックは買うと高いので自作します。 出来ない人は、アミ敷き込むしかないですよね。地上部は、ネコ対策も考慮して50~60cmくらいあれば良いと思います。





♪おまけ : パークハウス701 in'85 (長渕剛) アコギ弾き語り

第3弾
プレイキーは F・カポ無しへ変更。
・・旨く弾けないので、なんちゃってカッティングに変更してみた!! 
侘び寂びの美味しいところは、今回、スルー。 



台風8号で、かいらしいから気をつけてー
じゃまたー




nice!(14)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

JAM 2014 いやーんず [うぴうぴガーデニング]

5月に収穫してた 桑の実(ブラックマルベリー)ですけど、果実酒用のホワイトリカーも買ったし、大きなビンも集めて、粘り気を出す為のレモン(ペクチンが入手出来なくて・・)も用意できて、さあジャムでも作りましょうかと、6月初め頃、冷蔵庫から取り出してみると、1kgほどの実、全部に、カビはいってましたー(爆;)。

・・で、今年は、桑の実酒と、茶の葉だけの自然の恩恵だー。

・・で、外ですが、続いてた暑さで枯れかかってる植物も既にあるんっすけど~、短い夏が終わったと思ったら、急に雨が多くなってきたしでぇー、台風きてるし


桑の花2度咲き.JPG
↑ ここのところの寒気の影響なのか、また花が咲き初めている様子、2度咲きっす(笑;)。 異常気象さま様、今度こそ、収穫出来るかも。


しかし、ついに今年も、ナメちゃんのシーズン本番のようでー、 

・・ここのところ、毎日、早朝討伐。

・・かなり生まれてる感じあるし。

・・沈黙の無敵艦隊ですね~(汗;)。

花壇も畑も、もはや荒れ海やでぇー(爆汁:)



実は、近頃、ウェーブツイスター と ワンダーコア がとてつもなく欲しいと言う 貧血・メタボ野郎 なのですが・・、それほど食ってる感じはないんですけど~、このお腹、どうにもこうにも、ひっこまないんですよ~ (>_<)

バルのweb取引口座は今月も残高〇、・・無理かぁ (ーー;)


本日は、2句続けざまに行ってみます。

 金を追い 金に追われて 持ち崩す
 徹夜明け 洗面鏡に 死相見る(笑;)
                 from うっぴぃ~



♪ おまけ : 素顔 (長渕剛) アコギ弾き語り

ついぞや紹介していた激安カポですけど、つい先日、フレットに取り付けている最中に、突然はじけ飛んで、拾ってみると、どうも割れちゃてて、もう使えないみたいな・・(笑;)。 

カポ破損.JPG
・・半年くらいかなぁ~、-@;%
 
・・GE-21 ひっばり出してきて、リベンジで歌ってみました。 伴奏は、ピッチシフターで+1上げてます。なのでキーは多分、4カポでAm付近だと思う。 今あるカポの調子が悪くって「手抜き」したのでした(汗;)。 コンディションはカラオケ調、・・前回よりは、やや向上っす~。

じゃまた(@^^)/~~~
nice!(10)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

商売最優先にっぴょーん [うぴうぴガーデニング]

最近、俳句で始まり俳句で終わるパターン多いけど、今日も、一句。


 じくじくと ちぽん痛むる 夏の虫
                from うっぴぃ~
※余談ですが、この気候、インキ※タ虫 には気をつけぉーねー(汗;)



地元愛媛では、キューイかいよう病の国内新種が猛威を振るってるらしく、かなりの農園が、根株付近から伐採という危機的状況だとニュース聞いた。

父の畑のジャガイモも似たような症状なのですが、葉に発疹のような枯れた部分が大発生して、5月の中旬に全滅してるし、疫病か、酸性雨かなぁ? なんて思ってましたけど、ウイルス性か感染症か分かりませんけど、酷くなると、確かに、植物の病気なんだとは、知識がなくても見ただけで理解できてる(汗;)。 


あと自分で育てていたアロエもそうなのですが、病害虫の被害はほとんどないと言われているものも多いけど、特にベラは壊滅的な危機状態っす。

紫外線が強過ぎるのとか、モグラや根切り虫などによる地下茎の被害、地面が極度に乾燥すると大量に散水してたのですが、夜間の間にナメクジなどが大発生している様子で、感染源になっているのかも知れません。

モグラいると、ネコも寄り付くし、寄り付くとウンとかシーとかして行くし、庭や畑も清潔に保たなければ・・

おナメと、おネコは、悪い菌など持っていて、とても恐ろしい病気を運んでくるらしいので油断大敵なんだとか。


そして問題なのは、農業主体の小地域内で、あえて無農薬でやるという行為。

これは、害虫が集中する危険があり、病原菌などの感染媒体にもなり得るって事なんですよね~。

ナメの餌になる雑草は生やさないようにするとか、水は極力与えない、化学肥料は控えめなど、やってみたけど、今は、メグサハッカやニガヨモギやインドセンダン、芸香(うんこう)など防虫効果のある植物を徐々に増やしている最中なんっすけど、気候や、肥料や土が合わなかったりしてまして、中々厳しい現実もあるようで・・

期待ウスって感じでした。

もしかすると、以外と身近に良い対策あったりしてるんじゃないかとか~、害虫や植物の病気、見ているだけでも、いろいろと考えさせられてる。 

そういえば椿油粕とか良いよって小耳に挟んでますけどね~。昨年買ってたナメ撃退と同じものかも?!


☆ 最近の御庭番ニュース 
ハーブオブグレイス開花.JPG
1. 越冬もののヘンルーダ、花が咲いています。
ペニーロイヤルの花.JPG
2. 2年目にして、ペニーロイヤルの花が咲きはじめました。
  ※根元付近がナメクジの巣になってる様子あるね。
桑の実.JPG
3. 桑の実の収穫が始まってます。
  ※今年はホワイトリカーに漬け込んだけど、既に食害出てます。
バジル発芽.JPG
4. おまけで頂いてたバジルの種、日陰に移動させてみたら、やっと、2本かなぁ? 発芽しました。・・熱過ぎたようですね。
ニーム越冬.JPG
5. インドニーム 5本中、2本だけが超ゆっくり成長中。やっぱ気候あってないのかもね。
  ※(3本は越冬出来ず枯れ)


という訳で、花壇の最強最悪、ナメクジ・ネコ・ダンゴ虫、コガネムシの幼虫ら、ワタムシには相変わらず悩まされていますが・・
ナメクジやダンゴムシって、雨降ったりすると木登りまでして、生っている実まで食い荒らしますよね~。 やつらシェパードより鼻利くのかも

 ダンゴって ナメクジ乾死 ネコ額 
                 from うっぴぃ~

※これ、熟れおちた実に、こぞってナメちゃんたちがダンゴってるのですが、陽が昇ると大半乾燥して乾燥死するんですよね~。 やつらとても手ごわい連中だと思ってたけど、食意地はってるだけの~、・・要するには、どんだけネコの額なんだー!! って思った瞬間を描写した苦っす・句っす・クッス。v(爆;)




♪おまけ : 真夏の果実(サザンオールスターズ) 弾き語り

※キーは、C でカポ無しでやってみた。まだ微妙、声出にゅくぅーいです <~ ^_^;

じゃまた~っ!!

nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

14' 発芽の季節なのに [うぴうぴガーデニング]

ようやく冬が終わったと思うと、暖梅雨ですかねぇ~。?

ここのところは晴れると日中は25℃くらいかなぁ?、夜間も室温20℃近い、既に寝苦しい夜続いてる。

ではでは庭の植物、越冬状況の近況報告っす。


ペニーロイヤル越冬.JPG
まずは、昨年春に発芽してたペニーロイヤルですが、庭の東西南北、某所で越冬してます。1年中花咲かせていたアプテニアには到底敵わないけど、繁殖力も、耐寒性もとても強いですょ。草ひきがとても楽しくなるハーブっすね~。


ヘンルーダ 越冬.JPG
昨年夏に、無理やり発芽させたヘンルーダ(ネコ避け)も何とか。 ・・3月初旬までは元気なかったけど、屋外越冬してくれてます。


ミラクルリーフ、今年の暖冬、イケるかなぁーって思ってたけど、やっぱダメな様子ですね~。今、ボロボロ(汗;)。
1月下旬までは、ガンバってくれてたようですが、この1~2ヶ月で見る見る枯れてしまった。
ビニールハウス越冬のミラクルリーフ.JPG
ミニミニビニールハウスで覆ってたもの以外は、ほとんど越冬できませんでした。 でも昨年、かなり生い茂ってくれてたためか、生きてるっぽい葉も微妙に残ってる部分はあるにはある。3月下旬から枯れた茎から新芽が出始めてる様子。



室内越冬のインドニーム.JPG
いっぽう、倉庫代わりにしているプレハブの中で、越冬させていた5本のインドニームは、小さな株、2本だけかろうじて生き残ってくれました。 3月中旬から屋外の日当たりの良い場所においてますが、うち1個は葉もほとんど落ちてしまってて、危ない状態、続いてる。


ホワイトゴーヤ発芽.JPG
そして、これまでは、梅雨の後に発芽していた庭ゴーヤですが、早く実を付けさせたくて、室内で水やってたのが、見事に発芽ですょ。  昨年の・・、1個も果実しなかったという蔓は、この冬、そのままにしてたのですが、もしかすると、まだ生きてるかもしれません。 蔓の根元が、微妙、緑色なんですょね。 調べてたら、ほんとは、多年草らしい事が分かった。 ・・株に、接ぎ木してみようと思う。


ワームウッド発芽.JPG
害虫避けにと、昨年頂いてたワームウッドの種も、やっと発芽です。 このタネ、鼻息で飛ばされて何処行ったか分からないほど超小っさいのですけど、行方不明、落ち込み防止には、水切りシートか、ティシュを開いて1枚だけ剥ぎ取り、5mmほど下に敷き込むとOKそう。 屋内と屋外とも、現在、1.0mmくらいのが続々発芽中。


桑の木(花).JPG
更に、クワノキの花、昨年は、4月11日開花でしたけど、今年は、ソメイヨシノよりも早く、もう果実してるし・・。なんか、2度咲きしそうなだよねー。


この冬は寒気と暖冬の影響だと思うけど、異常に雨が多かった。 最近も週1くらいで続いてるし・・、良く降りますね~。 南海、巨大地震が来そうな予感あるので、地盤が緩いと被害が拡大しそうですわ。




おまけ :
♪雪の華(中島美嘉) アコギ弾き語り レッスン中


↑ プレイキーは 4カポ-Em。イントロの高音とコードまだ微妙、違う感じあるっすけど~、まぁ、 レッスン中という事で、「のびた鼻毛~」  ・・どんまい・・どんまいでした(v笑;)。


nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

うぴうぴガーデン冬対策 [うぴうぴガーデニング]

フゥィリッピンの台風被害に、日本も先遣救助隊に続き、自衛隊派遣も叶ったらしい。そういうの、これから多くなりそうですから、近くにいた海兵隊やなんかも既に救援に現地入り済みらしいですけど、自衛隊に限らず、装備持ってるチームは出来る限り救援活動に参加できるようにするべきなのですょね~。

・・寄付もできるようにしないとね。

しかし脅威ですね~。900hPaを下回る規模の台風は国内でも在り得るのだろうかと、考えてたことありますけど、今回は、895hPaでした。 最大瞬間風速は90m/s(街路樹は倒され、窓は割れ、屋根が吹き飛ばされる規模です)で、津波の高さは5mだとか、沿岸から100m以内の低地にある家屋はすべて倒壊し流されてる様子。

 スマトラを彷彿する光景が広がってた。

風速を、地震に換算すると震度4程度ですけど、高波の被害状況から考えると、震度6以上ですょね。10~20年以内に日本でも起こりうると考えるとぞっとしてますけど・・

現時点で死者・行方不明者は1万人超えてるらしく、同時に衣食住を求める人たちで治安も著しく低下しているらしい。国連からも300億円以上の支援を行う事が決まったとか・・




さて、
週末から、こちらでも、とても寒い日が続いてまして、またまた鼻水が・・
人並み外れて、とても緩いのです(汗;)。

木枯らしが吹き荒れると、うぴうぴガーデンも冬の準備です。

今年は、お猫とナメクジ対策にあーでもない、こーでもないと、まぁ~大変でしたけどょー。

まだ少し早いかもしれませんけど、結論として行き当たってる事は、お猫は目的があるから、「庭(花壇)にやってくる。」でした。 

まずは花壇にいるモグラを狙ってます。ネコにとって捕食の誘惑は生きると言う事、・・糧そのものですから、人の施した、少々の困難ならば突破しようとします。 カマキリやキリギリス、バッタなどの大きな昆虫なんかも捕食してるし、稀に葉や花なんかも・・。そして餌場として認識すると、マーキングして縄張り化するのだ。

それらを念頭に置き試みた対策は・・

① 足の踏み場もないように虫のつかない植物でグランドカバー
※日照エリアには、ヒメマツバボタンやアプテニア、半日日陰にはペニーロイヤル、お勧めで、害虫が寄らないようにミラクルリーフやワームウッド、ペニーロイヤルミントなんか植えとくのも良い。
② ネット(網)を使ったバリアを施す。
※ブロック塀は、布団バサミとか使ってワイヤーを張り巡らせるとかもOK!
③ オロナミンなどの小瓶に木酢少し入れマーキング箇所に置く
※(雨対策必要ですが適度に薄く広くの方が害虫にも効果的。ご近所臭わない程度で) 
④ 今、ヘンルーダ(発芽3ヶ月です。)も育ててますが、ナメ? 食害あり。

ヘンルーダ 3ヶ月.JPG
 http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2013-08-13


表庭からは、ほぼ遠ざけられたという達成感はありますけど、裏庭では、まだ時々臭いがしてますから、来年は裏も対策しようと思ってますけど、コリウス・カニナってのが、スゴイらしいですね~。

飼い猫とかやって来る庭ではヤバイのかもしれませんけど、ポトスやユリとか同様、葉や茎、根も食べると、死んじゃう事があるらしいっすょ。 

猫の肝機能を完全に破壊するんですって・・

自分の体調不良も、もしかすると、そういうの、おかずに盛られてたのかも知れませんわ~(爆;)。
nice!(8)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

種の遺伝子疾患?! [うぴうぴガーデニング]

唯一、実がなってくれていた庭のゴーヤ君ですけど、


・・近くに挿し木の苗を植えたので、それに与えてた5℃冷水の影響だろうけど、唐突に、花がまったく咲かなくなりました(汗;)。


桑の木(挿し木)9月.JPG
ちなみに、その「桑の木」の挿し木の成功率が少し改善されました。
今、4/12です。確かにコツと環境条件ありますね~。



あっ、で、そのゴーヤは、多分、秋入りと勘違いしたご様子でして、そのあたりリアルに敏感なのね~。

5日ほど前ですが、試しに、沸かしたお湯、2リットルほどを、ジョウゴに移し変えて、水少し加えて70~80℃くらいにして、蔓元の広い範囲に掛けてみてたのですが、お湯が直接かかった草花は完全に枯れてたけど
2度咲きゴーヤ.JPG
↑ 本日、ゴーヤ花がまた咲き始めてくれしました。 ほぼ1ヶ月ぶりくらいです。 意外な事あるけど、予想通りで逆に驚いてるー!!


あと、根切り虫だと思うけど、水タップリ与えてないと、クタクタになって枯れはじめるんですょね、最近のゴーヤたち。

今年は、ゴーヤの不思議、何個か発見してます。 
実らないゴーヤ.JPG
↑ 生い茂ってる蔓は、今も花が咲き乱れてますが、いまだに1個の実も付けてないです。 実が生らない種とかあるのか、或いは、ゴーヤ蔓の周りに生い茂るミラクリーフの毒質の影響、疑ってる。




そして春に発芽していたペニーロイヤルミントは、順調に勢力拡大中です。


水栽培ペニーロイヤル.JPG
これ、先を10cmほどを切り取って、4~5日も水に付けとけば、3cm位に伸びた根ができてます。


9月のペニーロイヤル.JPG
蕾が付く頃までは、ホフクするらしいのですが、葉の付け根から次々に根をはってる様子がある。 
繁殖力、凄いです。 

あとは食害無く、越冬してさえくれれば、使えるグランドカバーなんだろうけど。

水やってても、ミントの爽やかな香りが庭に広がるし、今のところ、良い感じでした。 

蚤は、もともといないけど、確かに、アリはいても巣は作らなくなってる様子ある。


でも虫は微妙きます。

バッタや蛾の幼虫の食害や、絵描き虫までが・・

今年は病気付かなかったけど、まぁ、1年過ぎないとはっきり分かりませんが、香りだけでも、雑草ぼうぼうよりは、ぜんぜんマシですね~。





/// おまけ : 芸能ニュース

次期、都知事候補ではないかと噂されてたみのさんの次男が逮捕されたそうな

招致絡みで、やっと手なずけ、貸しもでき、これからって時に知事が、また差し替えられると、いろいろと支障が及ぶと考えた方たちがいるのかも知れませんけど、そんな方達ちからすると、ニュースが、ニュースソースになる気分はどうですかって感じなのかも・・

何年か前、ご夫人も他界されてるし、つい前日も、本番CM中にセクハラがあったとかで、騒がれてた矢先。 流石の彼も、多分、そうとう凹んでますよね。

しかし、ミノリカワって、都知事に良い名前だったのに・・

番組も全部降板ですかね~

そう言えば、高校の時に担当だった・・力学の教師もミノだったょ。

落ち着いたら、オチツカネェッカー(汗;)、釣りバカシリーズのスーさん役に良いかも(爆;)
ムセキニンハツゲンデスマンm(_ _;)m
nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

温帯低気圧に変わったみたいな・・ [うぴうぴガーデニング]

早朝、空、雲に覆われてたけど、30年に一度くらいの見事なまでの朝焼けで、・・なんか、またでかい震災とか来るんじゃないかと、心配過ぎってますけど・・


そして、せっかく台風が近づいてたのに、温帯低気圧に~

台風来ると涼しいから、被災地の方々には悪いですけど、日照、酷暑続きより、ぜんぜんマシだったのに(汗)

2~3日ハンパに雨降ってたけど、今日は、またムシムシですぅ~。

酷暑と秋雨前線の影響で、日本の、この夏も、どこか変ょね。

NASAが非常事態宣言とかしてたけど、数年前の気象庁の長期予報はやはり外れてましたね~。2~30年後には+5℃ってやつ。 この調子だと、人が住めなくなる温度に達する地域が出るのに、それほどの年月はかからないという予感もますます強くなってきてる。

北米では最高気温が50℃超えた地域があるらしいし、国内では、四万十が40℃オーバーです。ドバイ周辺も熱いらしいけど、日中夜の温度が激しいのでまだ何とか凌げてるのかも


変といえば、サボテン、花盛丸 今年、4回目の開花です。 
4度目開花 花盛丸.JPG
↑ タマ雨の冷え込みで、スイッチONになって、何度も開花してるんですね、多分。

2度目のナツズイセン.JPG
ナツズイセンも、今年2回目、2度咲きですね。ご近所でも、また咲きはじめてる。

・・片頭痛と咳きも続いてます。





♪ おまけ : 弾き語り 巡恋歌 長渕剛コピー

先日、シールドぶった切ったままなので、今日は素弾きです。 マイクもMTRの下に付いてるもの。安ホールでやってるみたいな効果は、コンプレッサーと歪。
nice!(10)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天然の腐葉土 発見!! [うぴうぴガーデニング]

http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2013-08-04-1
08月04日に発芽してた ヘンルーダ(猫いらずの木)も、やっと、それらしき葉が出来てきたょー。

ヘンルーダ(夏).JPG
↑その後の経過ですが、12個中 8本が発芽してくれまして、そのうち1本は、発芽直後に、網の目を潜って進入してきたゾウムシに、双葉ともかじられたようで、・・まぁ、だまだ生きている様子あるので水は続けてますけど・・

この暑さじゃ普通にしてると発芽無理なので、今回の 冷水作戦は 大成功 ということになりますかねー。!(^^)!



今日は、身近なニースがありました。
天然の腐葉土製作現場に遭遇です。

山側にある駐車場へ向かって歩いてると、農道用の側溝があるのですが、幅も深さも35cmくらい。

天然腐葉土1.JPG
春、強風と豪雨の際に、人間の太ももくらいあるクヌギの枝が折れて、2mオーバーのものですけど、側溝に詰まっていたことは知ってたけど、そのまま放置してたら、その後の雨や風なんかで、枯れ葉や細い枝、あと海岸にある海砂のような砂が流れてきてたようで、1m以上の長さで、完全に水が通らないように詰まって・・

・・で、庭の土も足りてなかったので、試しに使えるか、スコップで掘ってみたところ、砂の下に何層かになって、良さそうな腐葉土を発見。

天然腐葉土2.JPG
下流側へ掘り進むにつれ、良い感じの腐葉土と、その腐葉土を作っていると思われる山ミミズたちが50匹ほど出てきました。

上面のほうは、まだ枝・葉の形の残るものも多く、甘い感じですが、半年ほどですからね~、1年もほっとけば完全な腐葉土が出来上がることを実感できてる。


天然腐葉土3.JPG
お店に売ってるものと変わりないです。

ほぼ終日日陰で、木漏れ日程度、十分な風通し、時々たっぷりな水分、広葉樹の枯れ葉と、干渉用の砂、あとミミズとバクテリアですかね。

まだ鶏糞は混ぜてませんが、腐葉土と鹿沼土とくど石灰を混ぜたものは、植物の発育が良好なのと、根を傷めずに植え替えできるし、発芽用に再利用できますし、花壇では、庭土よりはるかに良い感じでなのでした。

この土、自宅でも作れそうな予感ですょー!(^^)!




♪おまけ : 【弾き語り】 夏祭り(長渕剛) コピー

先日、コピーとカバーの違いがやっと分かったー。
弾き語り録音するにはMTRとか必要なんですけど、完成した各トラックの音をパソコンに、バウンスすること、すなわち、これがコピーなんですよねぇ?

そして、今はPCのデジタル編集のが遥かにハイテクなので、そこで、さらに完璧に仕上げたものを COVER ということで、良いんじゃないかと、そう思うことにしました。


40℃超えでぇー、・・継ぎ接ぎしちゃいましたが、夏バテ気味の「夏祭り」。
どうぞお聴きくださいませ~。

nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

炎天下で御座いますねー。 [うぴうぴガーデニング]

40℃近い炎天下ーーっ ノーモアーっ(爆)!! 

またまた、アベノスカピのモラルの欠けてる所見せられた気がする、Let's 長崎。被爆訴訟にしても控訴しないとしたのは8人ほどょ~。 寿命尽きてる人も少なくないのに、早く全員補償を実現させろってのょね。


地元の道路整備事業で、この春、則面勾配に植えられてたグランドカバーの芝生ですが、初夏、きれいだったのに、今、全滅状態だー。 雨さえくればも、まだ根は生きてんでしょうけど、あと1月もこの状態続けば・・ね。

そして、焼けたアスファルトの上、走っていても、タイヤが破裂しそうなほど、路面からの熱。

顔から足から腕から噴出す汗がハンパない。


・・実は、アロエの植え替えの続きなのですが、土がなくなりまして、途中でやめてたんですが、父の畑の堆肥を1袋もらえることになりまして、昨日、開いてみたとろ、何か、ウニョウニョと蠢く物体がいっぱい。

もしかして、うっ、ウジ虫。!!

・・生ゴミ堆肥は、ダメっすねぇー

昨日、タップリと30倍木酢を与えてたのですが、本日、ぜんぜん元気そうだし、キッチンの50%アルコールスプレー試しにやってみたけど、こいつら、ぜんぜん効かないです(汗)。 そして本日は、11時から、炎天下のコンクリートの上に薄く広げ、3時間ほど置いてみましたが、・・無理ですね~。 

調べてたら焼くのが良いってあったけど、カートリッジコンロのボンベ切らしていて無理そうなので、沸騰させた熱湯ぶっ掛けてみた。ウニョウニョいなくなりました。 

なんかOKそうですね。 乾けば使えそうだ。

しかし匂いが凄い、ハエやハエみたいなハチみたいな変なのが次から次へとやってくる。 これは明らかに近所迷惑。 正直、もう2度と使いたくねぇなぁ・・、と思いつつ話してると、袋のまま、天日で1年以上置いたものでないと、という事だった(汗)。




PS : とうとうメインPCが ヒートダウン です。
 
室内33℃超えると、頻繁にフリーズしはじめて動かなくなる。

w95の頃から思ってたけど、ディスクトップはコンセプト悪いねぇ。
開発人には夏の概念はないのかねぇー

9月の終わり頃まで音楽活動もお休みになりそうやでぇ・・

誰か知識のあるやつ、バイクに積んでるようなチップセット用のオイルクーラーとか作れよーぉ


nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワダツミの木ってどんな木? [うぴうぴガーデニング]

今週、35℃超えてる日続いてる。
・・夜、温度計見ると、1~2℃しか下がってない、24時間ほぼ横ばいです。 

なんか、国内各所で、大雨と干ばつが交互に続いてますよね~。 東北でまた強い揺れがあったようですけど、原発のせいで、水もない、災害復旧費用もないのと違うかぃ・・(爆)

花盛丸の夏.JPG
↑ 普通に庭に置いてるだけなんですけどー、花盛丸、今年3度目の開花。 このサボテンの花のシーズンって決まってないのかねぇ。?


ハイビスカス.JPG

♪おまけ :ワダツミの木(弾き語り)

↑ 自分で弾いてて歌い出だしが分からない未熟者ぉー(汗)。おまけに演歌調だー(汗;)。・・で、声変えました(爆;)

実は、練習中に、瀬戸内・薪能バージョンが完成してますだょー。
そのうち、歌ってみたいけど・・、ソウイウノムリスヨネー(笑;)。

ところでワダツミの木って、どんな木か知ってますかー。?

神社や御宮用の、三間以上ある赤松かケアキの丸太梁か、ヒノキや秋田杉の大梁らしいですけどぉ~。要するには、浮かべちゃった小さな船と言う訳けで・・  v(*~~~*;)v  ・・それ、ほんとかょー!!

現実、リアル過ぎるチョルお話デスノデ、マァ、それはそれで置いときまして・・、しかし、3番まで聞いてると泣けてくるのも確かでして~
あと元ちとせさんの歌唱力、Goodw ですね~。
ハイビスカス2.JPG
ハイビスカス、何処までも蒼い空と、白い入道雲とマッチしてる。


桑の木(実生1).JPG
こちらは、http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2013-07-05
で紹介していた7月4日に発芽してたものですけど、桑の木の実生。
その後、腐葉土に植え替えてやりまして、半日日陰で、すくすくと成長中です。今、ちいばん大きいものでh3cmくらいです。3~4日降り続いた雨と寒気による冷え込みで発芽したものと予測している。


ナツズイセン.JPG
先日、3日、ナツズイセンも咲きました。

サルスベリの花.JPG
サルスベリの花も先月から咲いてますょ。



長くなるのでページ超えますけど、この夏、奇跡的に、ヘンルーダも発芽してますョー。
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2013-08-04-1
詳しくはこちら ↑ 
nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏* ヘンルーダー 発芽っす。 [うぴうぴガーデニング]

庭のおネコ対策にと、先月、40個買ってきまして、・・シーズン外すと種も安いんですネ。 

とてもリーズナブルに・・

ヘンルーダーの種.JPG
種全般ですけど、翌年ものは普通でも、後、1年毎に発芽率が低下するのが普通らしいですよ~。(←何言ってんだーーっ(爆))


メッシュケース.JPG
この暑さ、どうするべきかと色々と考えつつ、28日、通気性の良いメッシュのケースに、キッチンシンクの三角水切り用の袋を加工した布を下に敷き、そこへ腐葉土を2cmほど敷き詰め、テッシュを敷いたその上に2粒ずつ6箇所に蒔き、同じ腐葉土で5mmほど上盛りしてみました。


問題は温度調節です。
ハッポースチロールの箱を冷蔵庫にいれて、中の温度を計ってみた所、効果5℃、結果10℃でした。 

・・ちょっと寒過ぎる。

ハッポースチロールの箱をエアーキャップで梱包して、蓋が開けられるように加工もしてみましたが・・、1~2℃しか上げられない予感です。 高さのあるタッパーを用意したので、それをプチの袋に入れて改めて試してみる予定ですけど、温度計が入らないのだ(汗;)。


ルー発芽2(夏).JPG
発芽適温は、18℃~20℃という事で、最高気温ですかね。? 平均ですかね。? メッシュケースの下にはP4-3Ghz用のアルミのヒートシンクを逆さまにして置いてる気の使いよう(笑;)。

ルー発芽1(夏).JPG
ダメもとのチャレンジ精神で買ってきたものでしたけど、8月4日、ちょうど1週間、まさかこの季節に発芽してくれるって思わなかったです。

偶然なのでしょうけど、コツは、熱を嫌い、温度のもっとも低い、風通しの良い場所におく事と、食害に注意する事と、5℃くらいの冷水を、朝、昼、晩と霧吹きでたっぷり与える事。

・・とに角、今週、風強かったです。上空の寒気様々です。

ルー発芽(夏).JPG
でも、早朝30℃~日中35℃超える乾燥と猛暑続いてるから、今後2ヶ月は、油断は禁物です。 直射日光、強い紫外線は避けなければなりませんぜぃ。 

・・とは思ったものの、冷水をスプレーするかどうかと(枯れるのではないかと)、迷った挙句、残りの9個の種を優先して、ぶっ掛けてしまった。 考えた挙句、間違った選択したのかも(爆)


まぁ、準備が出来次第、冷蔵庫発芽にも挑戦してみようと思うてます。
nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニームの威力?! [うぴうぴガーデニング]

東側の一番奥の花壇に、ニームの苗4本置いてるのですが、7月29日の朝、バッタがいて葉がかじられてるのを見てたのです。

まだ小さいから、やっぱ虫来るなーとかっ思いつつ・・

昼前に、水遣りで覘くと、朝とまったく同じところに、そのバッタがいる。

ニームの威力.JPG
とりあえず、ブログ用にと、デジカメで記念撮影してみた。

・・バッタもの、この後も、夕方の4時前まで、ずっとこのままでしたー(汗)。

葉をかじったは良いけど、毒が回って、動けなくなったか、今日もいる様子からは、余程、気に入ってるかですかね~。

もうひとつの異変は、他の3ヶ所はゴーヤに実がなってるのですが、一番おい茂って、花も一番多く咲いているこの庭のゴーヤだけ、実がひとつも生りませーん \(笑;)/


恐るべしミラクルニームかぁー?!


あと、まだニームの影響かどうかは、未確認なのですが、近寄ると決まって、顔が痛くなって、目が腫れぼったくなる感じあるんですよ~。 漆に被れた感じなのですけど、そんなん聞いてないよね~。


ハイビスカスや柑橘の苗があるので、アゲハとかの蝶は、近くまで結構飛んでくるのですが、・・で例年、実も多かったのに(去年は不作)、今年は、ゴーヤの花、避けて飛んでゆくみたいな・・(爆)。


昨年と今年は、庭に桑の木とミラクルリーフが新規導入でしたが・・
しらぜらる、桑の木の影響なのでしょうかね~。或いは、増え過ぎたミラクルリーフの影響なのかなぁ・・




おまけ : 前回紹介していた 
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2013-07-21
誘引殺ナメの農薬、かなりヤバイ事が判明です。


おとといの大雨で、再び庭は、お梅雨御殿を巣窟させるべく、ナメクジ庭園化していたのですが、小さな昆虫や、ゲジ、クモやゴキブリ、それを狙った大きなムカデが集まってくる事が判明してる。桑の実が香りを放っていた頃と同じです。

木造は機密性が低いので、ムカデとか、ヤモリまで、閉じてるサッシからでも意外と簡単に家の中に入り込みます。

この誘引殺の前に、ナメクジを寄せ付けないという薬も使ってみてたのですが、あれは、ほぼ効果無しですね。


やはり
カフェイン2%溶液が一番良いらしいのですが、国内では売ってない。
↑ 薬局と同じですね。・・簡単に治る薬は置いてないのだ。

木酢液にもカフェイン入ってそうに思うのですが、濃い目にしたものでしつこくスプレーしてやると、4~5回は脱皮して逃げようとするんですけど、そのうち力尽きるようで2~3分で動かなくなりますけど。 濃い霧が付着すると枯れたり縮れたりてしまう葉もあるようで要注意でした。 

来年は、噴霧器借りてきて、徹底的にやってやろうと思ってるぜょ。
nice!(9)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アロエいじくりセット [うぴうぴガーデニング]

選挙は今回も意味ないので、パスしましたけど、自民党、ねじれ解消してるようですね~。 これでTPPや消費増税、原発再稼動も確実ですね。

信用のない人たちが、反論を繰り返すというのは、政権にとって、逆の効果があるように思う事がますます強くなってきてる。 利権のある人たちは良いけど、また始まるな~、・・出口無しの じり貧、迷宮路線だね~。



・・で、か、どうか分かりませんが、炎天下続きで、うちの庭も燃えてる。

アロエイジクリセット1.JPG
急遽、紫外線70%カットの遮光ネットを買ってきて張ってみた。冬にはビニール張る予定です。

涼しそうになった植物をみながら、屋根の上にも張りたい気分になってますけど、今日は、例のお猫とナメクジの食害が酷かった庭アロエ、10本ほどの植え替えっす。


アロエイジクリセット0.JPG
プラ鉢への仮植えと、痛んだ多肉葉の手入れをすべく、完全武装化を図ってみた。

溶接や鉄筋工が使う牛の生革グローブと、デニムの腕カバーです。これでバリバリ葉を採っても大丈夫だー。
アロエイジクリ0.JPG





★おまけ : ナメ対策です。
まずは、なめくじ誘引殺の農薬。300gで700円ほど、そして2リットルのミネラルウォーターのペットボトルを1つ用意します。

寝かした状態で使うのですが、まずペットボトルの上部へ穴を開けます。

ハンダゴテを使って、寝かした時、上面になるところと、左右両サイドに6つずつ、計18個ほど・・。 ※下部に空けると水入れた時、大変ですから、後で流さないとイケないので・・

ナメ殺ボトル.JPG
で、穴は直径5~10mmほど。彼らは虫かごの目からも進入してくるんですよ。2.5mm隙間があれば何処にでも入り込める。

これに、なめ殺薬をパラパラ程度に満遍なく広げておいて、花壇にセットして置きます。

で、一夜明けて今朝、・・あれれれれ?  ・・もう、いないかー(爆;)

いいわ!!
・・次の雨日まで楽しみに待っておくことにする(汗)。
nice!(9)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アロエ : 種植えしてみた。 [うぴうぴガーデニング]

http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2013-06-15
↑ この時の実ですけど、8日の深夜、庭で、お猫が妙に騒がしいくて~、・・翌朝の庭、やはり異変を発見。抜けた毛があちこちに散乱してる。


最近ニョキニョキと伸びてきた花の枝と、↑ の種の付いてた枝が根元から噛み千切られてた。葉先の2cmほどもかじられてるし、やはり真新しいヒッカキ傷で、パックリと葉割れしてるものがあった。


ナメちゃんと、お猫の被害は、かなり似通ってるのですょ。


健康ドリンク用に育ててるのですが、今年は一杯も飲めてない。 こう被害あると、温室とかでないと無理そうですかね~、酷な現実だー\(T_T)/ 
・・スムージーで健康悪化するよりは、感染症対策として、お茶にするしかないか~


昨年はアロエべラ、今年はシャボン。 いったい何がしたいのでしょうね~、ナメ&猫軍団? 猫の生存競争に人巻き込むなよと言いたい(爆;)。

庭での行動を辿ってみると、何かの遺志で嫌がらせしてる感、とても強いのです(汗)けど・・

パスツレラ菌やバルトネラ・ヘンセラ菌(猫ひっかき病)は、思ってるより怖いですょ~。

しつけぇーのー、ぼれぇ、ぼぉーれー(汗)、なんて独り言いいながら。

・・今後の疑問として置いときますけと゜ !




■ 今日は、取れた種。

シャボンアロエの種子1.JPG
いっぱいあるのかと思いきや、実からは、7粒しか取れず、途中、落として1個無くなってしまって、種植えの際、また1個無くなった(笑;)。


シャボンアロエの種子2.JPG
・・でぇ、5個を植えつけました。


異常な暑さですから、「もしかして・・」 なんて思ってるけど、本日13日から、様子みです。





★ おまけps : 余談ですけど・・

昨日と今日と、庭で、キーキーって言う奇妙な金属音、空を見上げると、2羽のハヤブサさんです。 このあたりは、テリトリー違うから、多分、巣立った若だと思う。

そりゃそうと、庭の木酢やバーク堆肥の臭いって、若干キツイですよね~

かなり薄めたり、土の中で使わないと、結構、近所、迷惑になりそぉっす。 

虫は、少なくなってるけど、普段あまり見ないハァエーとか寄ってくるのですょ~(爆)
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「知らぬが仏」とはよく言ったものだな [うぴうぴガーデニング]

ナメちゃんトラップ完成です。
ナメクジ・トラップ.JPG
プラ鉢のお皿に、飛ばないような大きな石を置いて、木酢を入れてます。 

その上にナメちゃんたちの大好きな食べ物を置いておく。
↑ その時現在、もっとも被害が出でいる植物で良いと思う。

集まったナメちゃんたちは、木酢にハマって溺れ死ぬという段取りだ。 

ちなみに、色が濃いのは、以前紹介してた「ナメ逃げ~る」 http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2013-06-22 入れてたからで、木酢が格別濃い分けでは御座いません。 でも濃い方が、ネコや鳥が間違って飲んだりしないので良いとは思うけど、濃い過ぎるとプールに入らない可能性あるから、1割~2割以下くらいで・・


瀬戸・梅雨の陣のナメちゃん大合戦で分かったことは、ナメクジたちは、夜から朝までの間、何日も掛けて、何十匹もで取り掛かり、アロエの葉1枚を弱らせて腐らせて、食べていると言うことでした。



他にも、マツバギクの多肉葉は食べている様子。午後以降、散水するとヤバイです。


ヒメマツバボタンの多肉葉は、夏場は食べないようですが、冬場、弱ってくると、凄い勢いで食べ始めますから、花が咲かなくなったら、早めに抜いて処分した方が良い。
ヒメマツバボタン.JPG
こまめに除草しておくと、翌年、勝手に庭中を覆ってくれます。ナメ避けと乾燥対策の良いグランドカバーになりそ。

余談ですけど、マツバボタンとヒメマツバボタンは、同種だと思えてた。 マツバボタンの3号ポリポット買ってきた、2、3年後から庭で増えてるから。※当時は雑草だらけだったので、・・ならば、「大きな花咲かせる術」の秘訣は液肥かなぁ?


アプテニアの多肉葉は・・
アプテニアの花.JPG
1年通して食べない様子ですが、挿し木中のものは、微妙に食害痕跡がある。 

アプテニアって、40℃以上から氷点下10℃以下でも成長、越冬できる強靭な植物でした。10cmくらい切り取って適当に挿しとくだけで、根をつけ広がってくれます。 挿し木中にも、次々に花を咲かせてるみたいだから凄い生命力。これも良いグランドカバーになりそ。


ナメちゃんは元気の良いやつが、とても嫌いなようですね~。

あと同じ場所のキダチアロエには被害が出ないから、苦い葉も嫌いなようです。


ニームも4本追加したし、最近の花壇、ほぼ南アフリカって感じだ(汗)。




おまけ : ミラクルリーフの生命力について
ミラクルリーフの生命力.JPG
風で飛んだ葉は、翌日拾って、発芽し易いようにと、別のケースに入れて上に土をパラパラと撒いて、半日日陰に置いてるのですが・・、これ、本日発見の拾い忘れですねー。 

多分、1週間ほどのものですけど、半分以上枯れてるし、飛んだときのままで、地面に落ちてる状態で芽出てるし。

ちなみにミラクルリーフの葉は、落ちて腐ってるものは食害してる感じありました。 成長中の葉かじるのは、バッタだけ、・・少しだけかじりますけど、多分、死んでる(汗)。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マルベリーの発芽(実生) [うぴうぴガーデニング]

やっと雨があがりました。部屋は、ジメジメ・ムンムンしてます。

心配してたメジロのヒナは、孵化3日目、まだ目が開いていないようですけど、この嵐、何とか持ち応えてくれてるよう。

あがったとは言っても、霧雨みたいな感じが時折しています。風は、まだ思いついたように暴風。



今日は、花壇の飛んだものを片付けていて、新しく発芽を確認した。

マルベリー(桑の木)発芽1.JPG
もしやと思いまして、過去記事を開くと・・


桑の木(マルベリー)
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2012-05-29
↑12年5月に発芽したもの、大きくならずに、多分、虫に食べられてしまったのだと思う。・・当時は確認できなかったけど、今は桑が庭にあるので、3枚目の葉、小さいけど確かに桑の葉だと分かる。

そして本日の発芽ですけど、双葉の細長いところが、酷似してるので、ほぼ間違いないと思う。

※昨夜もょ・・、ナメちゃんの猛威でした。 相変わらず続いてますが、いったい何匹いるんっすかねぇー(爆)、この界隈。ブツブツ(-口-;) 


やつらの運び込む病原体、ぜったいアトピーとかアルツハイマーとかの原因だと思うわ~ 



http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2013-05-21
そのナメちゃん被害で食べられなかったという第3回め収穫と、第4回め収穫分の実を、そのまま埋めてた場所からの発芽でした。 


両端は、毛深いし雑草みたいなので違うと思うけど、真ん中のツルツルのものです。

マルベリー(桑の木)発芽2.JPG
他の場所からも同じ芽出てるから・・低い確率で断定っす(汗)。

発芽率悪いけど、多分、悪天続きで冷えたので勘違いして出て来た可能性ありやね~。夏の紫外線、やわらかくしてやってれば、冬も越えられると思うから、ナメに食われないようにシオ(爆)




☆おまけ: 長渕剛 長いのぼり坂(弾き語り)

今回は、WMPのWOWエフェクト後がけしてる。選挙中という事で? (←関係ねぇダロ)、ボーカルが音割れてますm(爆;)m。
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンパニオンプランツとは [うぴうぴガーデニング]

・・犬猿の仲良しとかってのもあるけど、ひとつの庭で猫と鶏の放し飼いとかねぇ~、人間関係で語れない様子~

植物が、気温(凍結や霜)や雨量(&pH)、日射量(全日日陰とか強い紫外線)、土質(栄養や保水力)など、環境の影響を受け易い事は、誰でも知ってると思いますけどー

近くに植えとくだけで、成長の妨げになったり、逆に成長を良くしあったりする相性問題が、植物間にもあるらしいのです。

その分野の研究も結構、進んでるのだとか~

「病害虫が発生すると植物の生育は極端に悪くなる」ってあたりから、自然界を参考に、少しずつ解明されてるんだと思いますけど、今日の表題 ですけど、「共栄作物」とかって呼ばれてて、注目されてるらしいです。

病害虫の件は、農作物や園芸界では常識ですけどね。 そんなのを調整し合うことが出来るという事なんだと思ってみたり・・


☆例えばー
彼岸花を植えとくと、ミミズ居なくなるから、モグラも来なくなるとか・・?
・・違うかぁっ!
ヘンルーダ(ハーブ)は、猫ポンやシーの臭いを消す効果あるから、猫がやってこなくなるとか・・
・・これも違うかぁっ!!
ナメクジ寄せたくなければ、散水は午前中のみにしとけとか・・
・・あっ、これも、違うかぁっ!!!




http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2013-06-29
↑ 先日ブロ話の続きですけど、うちの近くにあるセンダンの葉、採取しに行ってきました。
↑ 揺ぎ無い病害虫の猛威へ対する、微かなる抵抗手段っすね(汗)。


「高枝切りバサミ(コノバ付き)」 ホムセンで安売りしてたんで買っといたやつ。
高枝切りバサミ.JPG
※3.5mくらいまで伸びw、今だけかもしれんけど思ってるより切れ味良い。 
↑ 買ったは良いけどバイクじゃ持ち帰れそうに無くて(汗)、港近いし、バイク押して歩く予定だったんですが、しばらく考えた挙句、結局、紐結んで、肩に掛けて帰ってきたんですけど、走行中、ずり落ちるから、おまわりさんに止められないかと、かなり大変だったという逸話付きのブツ(汗)。

センダンにワタムシ1.JPG
早速、その新兵器を取り出し、手前の枝から切り落としてみたところ、ボロボロとなんか虫?、頭上へと降ってきまして、みると、2.5mmくらいの白い毛のワタムシが、葉裏にいっぱい付着してるし・・?

センダンにワタムシ.JPG
見上げてると、所々、葉が包まって、枯れてる枝があるんですよねー。

雨で低気温が続いてたから、ちょっと毒性衰えてるのかも知れませんよね。 ・・で、元気の良さそうなのとってきました。 今、天日干し網カゴに入れてベランダに吊るしてる。 

乾燥したらアロエ畑と部屋にも使ってみるつもり。

新情報ですけど、「ウイルス性の新型インフルエンザ予防などにも効果あり」らしいですょ。


ちなみに、そのセンダンの近くに植えてあるのは、クチナシでした。
クチナシ.JPG
今咲いてるけど、2~3m近づくだけでも芳香剤10個分くらいの匂いする。

こういうのが、逆コンパニオンプランツって事なんでしょね~




★ おまけ : 庭・抱卵メジロ 変化あり
抱卵メジロ(羽化).JPG
7/2 まだ未確認なのですが、母が申すには「雛が誕生してる」という事でした。
そういえば、ずっと、もっこりと盛り下がった部分で抱卵していたメジロさんの位置が、上側の浅い位置に移動してるようですね~。

夕方も一度見てみると、19時過ぎても、交代で餌運んでますね~。 入れ替わるの、俊敏過ぎるし、暗くてフォーカスが来なくなり撮影中止した。 人の気配を嫌ったのか、15分以上、2羽ともいない時間あった。
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - うぴうぴガーデニング ブログトップ