So-net無料ブログ作成
検索選択

なんちゃって電撃ノイズプレッサ [うぴうぴ電子工作]

http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-07-05
過去ログを見て貰えば分かると思うけど、ここのところの苦戦続きだったのですが、ついに完成です。

シーソースイッチのNO/OFF時の電撃ノイズが完全に解消してくれました。


なんちゃって電撃ノイズプレッサ1.gif
回路図です。

10N03L DW311mosfet.JPG
MOSFETは、10N03L DW311 と刻印。・・詳細不明です。


電撃サージプレッサ.JPG
デジタル→アナログ変換ユニットが5Vの関係で、ヘッドホンアンプも5Vで駆動させいてるのですけど、前回までは、たった320mAの電流を流すのに、ハンダが外れるほど加熱していたのですが、現在、ほぼノン発熱です。今思うと、多分、ソースからトレイン側へ電流流していた可能性ある(汗;)。

ヘッドホンアンプのボリューム絞った状態でも、ゲートしきい電圧付近での電気ノイズと言いますか、ホワイトノイズみたいなのは微妙あるので、もう少しコンデンサーの容量を大きくすればいいのかも知れません。 ※前回、ポッコンと音が鳴っていた100μFでやってます。


元は、待機電力対策のスイッチだったのですが、スイッチ付きのVRを使ったほうが良さそうな現状なので改造予定です。FET付近の回路も、スイッチング用に、もう少し抵抗が必要かもしれません。

まったくの素人発想からはじまった事でしたけど、なんとか解決ですね~(笑;)。 もう少し考えれば、音響機器の主流スイッチになるのかも~

ではでは
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。