So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ターンテーブルのヌメヌメ直してみた。 [うぴうぴDIY・メンテ]

今回は、DJコントローラーのターンテーブルです。ヌメヌメで大変、キュイキョイをしてると他のボタン類にまで、ベトベトが移ってしまって・・

迂闊に除菌アルコールとかで拭いてると、忘れた頃に、プリント文字とか消えてしまうし、プラの表面も融けてるみたいになってきて、あと紫外線焼けで変色し易くなったり、薄いところは割れ易くなったりで、寿命が極端に短くなってしまうんですよね~。

ターンテーブル(ピカール).JPG
対策として今回試してみたのは、ピカールです。

普段から、ガラス面やアクリルスクリーン面の曇りや細かい傷とかもとってくれてたので重宝してたのですが、ネチョネチョにも使えるのではないかと思って一か八かでやってみたところOKそうなのでご紹介に・・

タップリと何度も塗りつつ、短く切ったシーリング用のバックアップ材で30分くらいゴシゴシと磨いてみる。現状は、ねちょねちょの上に、傷もぐれでボロボロだったのですけど、三角コーナー水切りゴミ袋用の不織布で綺麗にぬぐってると、光沢が出てきた。これで、2~3時間乾させてみます。

ターンテーブル(シリコン).JPG
表面が乾燥したら、次ぎに、シリコンシーラント(CLEAR)を満遍なく塗り込みます。

余談ってか前にも書いてるけど・・
このシリコン、耐候性に富んでいて信頼もある。ただ容量が大きいのでムダにならないように、口には、サランラップ2重を被せて、キャップをするなどの乾燥対策をする必要もある。夏場は1ヶ月で15mmくらい固まります。冬季は1ヶ月で5mmくらい。なので定期的にキャップ付近の塊を取り除くようにしていないと、最後まで使い切れない。塗装が必要な場合は、変成タイプを選んでください。一般の物は、乾燥後、何もシリコンさえも付着しないから

ねちょねちょツマミの対処法
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2015-09-06
↑ 以前のブログです。

ターンテーブル(不織布磨き.jpg
次ぎに新しい不織布で、このシリコンを薄く薄く延ばして10分くらい磨き、力入れて綺麗に綺麗にぬぐいます。表面は、指では触らないようにします。指紋や油脂が付くと汚れが目立つので

ターンテーブル(修復完了).JPG
新品時より遥かに良い感じ。
冬季は時間かかるので、乾燥までに3日~1週間以上触れられませんが、完全乾燥してからのほうが剥がれ難いので何かと都合が良いんですが、心地良いグリップ感も復活してくる。ってか、乾燥したシリコンの肌触り、悪くないですね。

ピカール効果とシリコンコーティング効果で小傷も消えて光沢まで、・・どうでしょうか。?!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

続 Habitable Zone [ENJOY ECO LIFE]

前ログ
★ HABITABLE ZONE EXOPLANETS
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-02-23

本日は、温暖化による異常気象がもたらしている、何年かに一度確実に訪れている激甚災害による損失費のお話から始まりますけど・・

指標としては、まず気温。
100年くらい前からの統計データーを比較すると、年間の平均気温が0.5℃上昇していると言う事を聞かされますけど、0.5℃くらいがなんなんだよと、普通は思うよね~。

近年は、パリ協定、京都議定書など、国際的な会期が催されている最中ですけど、マスコミとか通じては、平均値しか知らされていないないのは、なぜかを考えると、人口増加とともに、失われてきたものを取り戻す良いチャンスって思っているのかなぁと、人口増加対策なのかなとか思えてまして・・


ここ20年くらい異常気象の猛威は、世界規模で拡大しつつあるという印象なのですが、この0.5℃じゃ、危機感がまるで無いでしょう。

平均値が公開できるのならば、標準偏差も分からなければ、顕著さも伝わってこないし、CO2の排出量に関して言えば、中国やアメリカが、ヤリ玉ですけど、離脱するほどね。まぁ離脱したからといって、対策を何もかも放棄するような国ではありませんが・・

人口密度まで考えてると日本はトップクラスではないかとも思えるけど、生活水準が高まれば、CO2の排出量は普通に上昇しますからね~。 

規模で言えば、やはり領土面積の広い国は不利なんですよ。 COP23 年々参加国も増えてきてますけどね。 ・・などによる環境規制は、経済大国といわれてきた国々にとっては、企業の業績や雇用に代わるほどなのだと思う。

このCO2排出量も、平均気温と同様に、この100年以上、比例的に上昇し続けている事が分かります。

なんと比例しているかって考えると、やはり人口や産業と結びつけるのが確かですよね~。



話は変わるけど、このような事を地球規模で考えていると、人類がまだ関与していなかった頃から幾度となくこの星は重大な危機には直面しているようなのですが、その都度、奇跡も繰り返されているようで・・、そもそも、この太陽系が出来たのも最初のひとつだし、・ ・ 地・火・木 ・ ・ ・ ・ と、惑星が太陽からの距離を保ち公転しているのも確か。地球環境で言うと、それは自然の治癒力なのか、まるで、何者かに監視されていて、途絶えないようにコントロールされてるようにも思えてたり、・・で、それらのポイントを、シーズン毎にシーンにおいて考えてみると・・

太陽系が出来た頃、巨大隕石の衝突で月が出来た頃、地球が原始太陽系ガスで覆われていた頃、海が強酸性を帯びていた頃、生命誕生の頃、生物の進化、繰り返される氷河期、恐竜期の終わり、文明が出来る頃、食物連鎖と繰り返される争い、人類による生産活動、そして今、温暖化に直面してみて、海と陸の比率と気象変動の関わりなどが、どう影響してるのか、それが問題なんですよね。

これらを考えていると、現在の人類の能力では、大小関わらず地球に近づく隕石を避けたり破壊したりする事ができない現実を知る事ができる。 また火星や木星で、生命を育む事は可能なのではないかと思うことや、月に、高レベル廃棄物を保管する事は可能なのではないかとも思うことがある。

このまま何の対策もはかれず、温暖化が刻々と進んでゆけば、数百年待たずして、過去、恐竜が絶滅したような事が起こりうるのではないかとも思えてまして、ただ今のところ、原発や原子力エンジンを推進すればCO2対策にはなるとも思えてもないのですが、海水面温度の上昇現状から予測しているのですけど、まして原発増やせば温暖化が抑制できるなんて不思議過ぎるのではないかと・・ 

排ガス出している車が増え過ぎているのは、交通事情を見ていても分かるけど、空気(酸素)も限りある資源ですから、綺麗に循環させないといけない筈なんですよね~。 

物流は仕方ないとしても、通勤通学レジャーなどの移動なんとかならないかと考えてみても、なんか人口増加や、都市化が進むと、やってる事が無意味で虚しいだけなんですよね~(笑;)。

でも個人でできる事、せめて質素な生活は、すすめたいかな

これから世界経済も変動期を迎えていると思うんですけど、日本って、これまで以上に、そうとうヤバイ立ち位置って思いませんか ? ? ?

今現在、日本は、近い将来に影響を移すであろう経済事情の重大な局面と案件を抱えていて、前述のさまざまな件に関しても、舵きりの厳しい現実に直面している状況なのだろうとの予測できていました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MRS-1266 USR領域のフォーマット [♪うぴうぴ演奏会]

ZOOM-MRS HDD交換 補足
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-10-16
訂正 : ZOOM-MRS の容量拡張
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-10-10
故障 MRS-1266 の続き
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-10-02
MRS-1608 軽量化
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-09-15
HDD故障 MRS-1266を修理してみた
http://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-09-09

↑ ZOOM MRSシリーズのMTRに関する過去関連記事 ↑

前作業MEMO があまりにも分かり難かったみたいなので、再び、書き直してみたm(汗;)m


まず CLEAR のボタンを押したまま、MRS1266 の電源を入れて、BOUNSE ボタンを押すと、FORMAT しますか? というメッセが出ます。

ZOOM MRS-1266 format.JPG
OKの場合は、ENTER を押して作業を進めると MRS-USR領域が削除されて、プロジェクトの内容がすべて削除できます。

オプションの UIB-02 装着してUSB経由で、HDDの現状を開いてみると、こんな現状です。
ZOOM MRS-1266 format.png
もちろん、MRS-1266は、プロジェクトデーターが無いので、起動しなくなりますけど、ここから、またプロジェクトを開始できるようにするには、前記事の内容の通りですが、メーカーホムペにあるアップデートファイルを解凍してCD-Rに焼いた物を読み込ませて、まず RECOVERY をやってみます。

ZOOM MRS-1266 RECOVERY.png
もう一度、再起動して、UIB-02経由で、PC側で開いてみると、↑ このように、新しくMRS-USR パーテーションが構築されていました。RECOVERYは、空いているスペースを全て、MRS-USR 領域にセットしてくれる仕様のようですよね~。


で、更にもう一度、同じDLコピーの アップデート CD-R を読み込み、VER-UP を進めると・・
MRS-1266 VER-UP.png
MRS-USR 領域に、プロジェクトとシステムやリズムデーターがコピーされて、元通りに使えるようになりました。

MRS-FAC領域にはデーターがありませんけど、これはHDDを取り外して、PCに直接接続した為にプロジェクトデーターを全て失ってしまって、その際に、容量も小さいし、もう必要無しということで、安易に HDDのゼロフィルしてしまいまして、わたくし個人の過失で失くしてしまったもの(汗;)。

どうなったかと言いますと・・
MRS-FAC領域のシステムファイルは、数十kb 1枚なのですが、機能としては、CLEAR+MARKボタンで起動した際に、HDDのメンテナンス関連のメニューが表示されるのが普通なのですが、それらが使えない機能になってしまっています。 

ただ幸か、不幸か、メンテができないおかげで不良クラスターなども出来難いとは思えているのですが、積み上げたプロジェクトデーターが読み込めなくなるとか、完全にパーテーション毎、飛ばしてしまいますと、結構、痛い現実なのですが・・

前(MEMO)述までのテイタラク的迷走解説ですが、セクタ単位の相違問題、データ復旧のスキルが無い場合は、PCとの直接接続は避けといたほうが良いのかも~、という印象でした。 くれぐれ、ご留意くださいませ。


PS :
DVDドライブがまだ入手できなくて、動作チェックは先になりそう・・
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -