So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

冷却水系統の点検 2 [うぴうぴDIY・メンテ]

前の記事リンク
ttp://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-04-02
ttp://petamun.blog.so-net.ne.jp/2017-03-02-1

ホビールターのビットの先が届かなくなり、止む無く中断していた冷却水経路の削り出し作業ですがぁ・・、なんとか前に進める事ができたので、本日はその続きになります。

ドライブシャフトがあると削り出しの邪魔になるので、抜き取らないといけないのですが、その為にはまず、ギヤボックスを開けないといけません。

ドライブシャフトのEリング.JPG
ボルト外しても、固着で開きませんから、ここでもクレスパーで30分ほど苦労しました。 開いたら、シャフトエンドに Eリング が見えます。 これをマイナスドライバー2本を使って、開きつつ後ろにゆっくり押し込んで外すと抜き取れます。 

※跳んで無くなると新調しないといけなくなるので要注意ですね。

小型船外機 給水口2.JPG
シャフトが無くなったので、電気ドリルで、ぐりぐりやっていたら、長さギリギリのところで、スコッて抜けた感じありまして、何とか貫通してくれたようです。思っているよりかなり深いです。

プレート外した際、赤い線で囲ったところが、まっ平らになっていたのですよね~。最初、何の違和感も無くソウいうものだと思ってたので、削り出しにはかなり苦労しましたけど、未だに、これで正常かどうなのかは、不明のままですが(汗;)、とりあえず冷却水は、これで吸い上げられます。

小型船外機 給水口1.JPG
↑ こちらの穴と繋がっていました。 

船外機を使った後は、必ずチルトアップして、この穴から、水道水を流して、冷却水路をクリーンアップしておかないと、3ヵ月くらい? で、たぶんエンジンが掛からなくなる等のトラにブルに見舞われることになるとの予測できました。 使い方次第ではもっと早いのかも知れません。


サーモスタットも復活してくれたようなので、次回は、エンジン内の水路をクリーンアップしようと思います。
お楽しみに
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とうとう LED電球へ [ダメだしDiary]

先週、おばばのラジオが壊れたとかで、買って来いとの指令を受けてたのですが・・
ちょっと見てみたけれど、うんともすんとも言わない。基盤チェックもしてみたけど、不具合は見つけられず、半導体とかならば、手に負えそうも無いので、ギブアップ、早々にあきらめて、買ってくることに・・

実は2度目です。
前回はというと、新品だけどオークション物のバルク品っての、買ってきてたのですが、「よう使わん」とのご指摘。気に入らなかったようで、今も、放置状態のまま・・

・・で、今回は、メーカー品でそこそこの品買ってみた分けですが、何か気に入ってくれている様子ですかね~。?

見た目とメーカー名だけで判断しているところなんて、両足棺おけに突っ込んでいるような、おはばでも、日本人の典型的特徴、伺えてるわよねぇ (汗;)



で、本題、いつからか、チャンスがあればと思ってたんですけど、やっとですね~。 LED電球も一緒に買ってきてしまった。

初めてのLED電球でして、明るさの感覚がまったく無くて、6.5wとか9.8wくらいで本当に使えるのかと、疑問の続く中、「※※相当」というの信じるしかないまま、40w相当(電球色)2個と、40w相当(昼光色)1個と、60w相当(昼光色)1個の計4個に決めました。

40w相当LED(電球色).JPG
まずは、これ、 電球色の 485ルーメンです。半坪のトイレと、一坪の浴室用です。トイレには明る過ぎてたけど、浴室はちょうど良いですね。電球色といってもそれほど橙色ではなくて、といも良い感じです。

40w相当LED(昼光色).JPG
これは、キッチンフードの電球用に・・。横向きでガスコンロを照らす作りなのですが、反射板とかまで、元々の作りが悪いので、何かもったいない感じでしたけど、以前よりは確実に明るくなってます。今度、反射板改造するか、横半分のLED電球にして、もっと明るくしてみたい。

60w相当LED(昼光色).JPG
これが1坪の脱衣・洗面・洗濯室用。 40wだと暗いかも知れないと思い、60wにしてみたのですが、やばいくらい明るいやー。 鏡も超見え易くなったょ。


あと今回買えなかったけど、キッチン用 40wの蛍光灯。 
長いから送料がいつも気になるのです。離島で山間部なのでね。家庭用なのに何で20Wを2本で作らないのか、その理由が未だに分からないんだけど~。 

1日の大半点けてるので、年間8000円近くは使ってる筈なのですけど、これが半分以下になると思えば、次回は必ずGETしたいです。



おまけ :
別の話ですけど、今MTRで使ってる FS-5U という音響用のフットスイッチがあるのですがぁ・・

へダル代わり.JPG
これ ↑ 。 おもちゃクラスのミシンで使ってたフットスイッチでも代用できるのではないかと、昨日ふと思いつきまして、早速、ステレオ変換プラグを先に付けて試してみたら、まったく同じように使えたわ~(笑;)。

これは電極板2つだけの、ただの ON/OFF スイッチですょぉ~。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

電流が流れ過ぎる件 [♪うぴうぴ演奏会]

何個か壊しているので、過去ログ呼んでいる人は知っていると思いますけど、エフェクターやMTRが不調に陥ったり、電源が入らなくなったりする原因について、ここ数年、ずっと考えてました。

1つは、中マイナス9v という同じ電圧( ← 音響機材はこの規格が最近の主流です。)、同じプラグのACアダプターが殆どな為、機材が増え過ぎたりすると、たまに間違えて使かたっりする事があるというような事、後、注意しているのは、2~3Aくらいの大容量電源から分配して使ったりする事があったりと、まぁ、そんな事がトラブルの原因かなぁと思っているのですが・・

しかし電気的には・・
電圧が同じ機器の場合には、いろいろとある負荷側の要求電力に関わらず、接続機材の使用電流分だけを供給するのが普通です。

※ LEDで例えると、0.5wでも、1wでも、3wでも、Vf が3.5v付近のものならば、仮に5Aの容量の電源を取り付けたとしても、ショートでもしていない限りは、規格以上の電流が流れることは、まずないはずで。

なのに、なぜか、音響機材が故障するのかという疑問です。

ACアダプター側の制限で、電流を抑制しているだけだとすると、本体自体は、その使用状況によっては、規定電流以上の要求をすることもあるのだと・・

例えば、300mAの機材でも、電流さえあれば、倍以上の電流を時々流している瞬間もあると考えれば、それはそれで合点もあるのかなぁと思えてまして~、300mAしか流れないという設定の作りだと、電源も本体も、経年劣化や老朽化は予定より結構早いのではないかと思いつきまして・・。

家電でも、普通に使っていても、賞味期限が出来上がるわけ。

で、ずいぶん前の事ですが、ACアダプターの電圧を1個ずつ調べてたら、12Vになったり、9Vに戻ったりして、不安定なものが、何個かあった (爆;)。

交流のものは、供給時にドロップするので、その分は高い電圧がきているのが普通でしたけど、デジタル時代の直流のACアダプターは、安定化電源とかトランジスター制御とかされてるので、使用中も一定(9V)の電圧を示していることが普通なんですよね~。

それは、500mA必要な機材で、300mA出力のACアダプターを使うような使い方をしていたからではないかと、いう人もいらっしゃいましたけど、・・要するには、偶発的な事であれ、自発的なことであれ、過負荷で使用したためにACアダプターに機能障害をきたし、それが原因で、安定した電圧を供給できなくなったというこ事に落ち着きまして~


ここ何年かはそういうトラブルも少なくなってはいるものの、ACアダプターの先っぽに、過電流対策BOXを取り付けて、まぁ、中身は定格の大きな抵抗だけなのですけど、そういうのがないと、いつ壊れるのかといつもビクビクしていないといけなくなる分けで・・


もう1年半ですが、以前作った「禁断の毒クラゲ」 は、今も時々重宝してくれてますけど、いまのところ故障する機器もなく使えてる様子です。 

これは起動する下限値ギリギリに電流を抑制できるので、例えACアダプターが故障しても、ミニ電圧計1個付けとけば、急なトラブルは回避できます。まぁ、あくまで定格内のでの使用の事で、トランジスターが壊れていない前提ではあるのですけどね。


禁断の毒クラゲ3号 ほぼ完成
ttp://petamun.blog.so-net.ne.jp/2015-10-10

トラ1 @ 音響用ディストリービュ
ttp://petamun.blog.so-net.ne.jp/2015-08-28


でも、まだ大事な機材には使えてません。
素人の思いつき自作だし、コンデンサーも搭載してないし、電流値が微妙な機材には適していないと思われるから(汗;)。 トランジスタによる電流制御に関して検索してたら、「エミッタフォロワでやると良いよ」 なんて情報もあるにはありましたけどね~。

オシロ・・とかがあると、検討も付け易いのだろうけど、・・もっか足踏み中でした。
以上
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -